よっしゃー!三連勝で首位キープだ!

今日は札幌ドームでプロ野球の交流戦「北海道日本ハムファイターズ対横浜DeNAベイスターズ」三回戦が行われた。
今年の交流戦が札幌ドームで行われるのが最後と言うこともあってか、試合開始の結構前から札幌ドーム付近には観戦に赴く人が多かった。
今日の先発は大谷で甲子園での阪神線で今シーズン初の黒星が付いてしまったが、地元札幌ドームで負けを取り返してシーズン8勝目をあげて欲しいところ。

試合はベイスターズの先発が北海道出身で育成選手枠で入団した砂田。
その砂田が序盤から好投して良い滑り出しを見せた。
反対に大谷は三回に自らの暴投で先制点を与えてしまう。
それでもその後は六回まで安打一本に抑える好投で味方打線の援護を待つと、六回裏一死から中田・岡の連打で砂田をマウンドから降ろすと、替わった平田から移籍三試合目の矢野が値千金の今シーズン第一号となる三点本塁打を放ち逆転。
逆転してもらった大谷は七回表も無失点に抑え、八回表に先頭打者に四球を与えたところで下半身に違和感を覚えて緊急降板。
この緊急事態でも大谷の後を受けたファイターズ自慢の中継ぎ陣(谷元、宮西)が8回を無失点で抑え、最終回は守護神増井が三人で切ってとり試合終了。
先発の大谷は両リーグ通じて単独トップの8勝目、最後を締めた増井は18セーブ目を手にした。

これで対横浜DeNA戦は三連勝となり、パ・リーグ及び交流戦首位の座をがっちりキープした。
交流戦も残すところ雨で中止となった甲子園での阪神戦を一試合残すのみとなったが、唯一負け越している阪神相手に一矢報いて交流戦の優勝をして欲しいものだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す