坪単価100円未満の土地

北海道は広い土地があり、中には郊外の広い土地が売りに出ているケースもたくさんある。
その中に一坪当たりの価格が100円弱という格安の土地もあった。
その土地は日本の名水百選にも選出されたふきだし公園のある虻田郡京極町の外れにあり、売り出し価格は2,800万円となっている。
坪単価が100円弱なのに2,800万円?と思った人もいるかもしれないけどそこは北海道、広さが半端じゃない(笑)。
この土地の広さは登記上954,224.00平米(288651.46坪)もあり、2階建て4LDK程度の家なら6,000戸ほどは建てられる広さ。
場所は
この地図の真ん中付近だけど、なにも表記が無くただの山林。
近くには道道95号線が通っていてその道沿いにはコンクリート工場や人家もあるが、この土地は道道には面しておらず(敷地内を林道が通ってはいるが)、もし家を建てたとしても冬は人里との行き来には苦労しそう・・・
売り出している業者も用途としては”事業用地”としているくらいなので、居住用に買う人はいないだろうなぁ、、、

広さで言うならここよりもさらに広い土地も売りに出ていて、その面積は1,642,000.00平米(496702.76坪)と50万坪近くにもなり、これは東京ドームおよそ35個分の広さ。
ただしこの土地の価格は1億円なので、坪単価は上がって200円強となる計算。
場所は札幌の北隣の石狩市で、交通機関としてはバスが使え最寄のバス停からは徒歩28分となっている。
地目は山林で都市計画区域外、用途としては植林やソーラー発電となっているので、やはり居住には向かないかも(汗)。
もちろん電気・ガス・上下水道は無く、電話の設備も無いので光ファイバーなんかは引けないだろうなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す