一棟3億5千万か

「ヴェネーノ ロードスター」が1台4億6千万円という記事を昨日書いたけど、札幌市内で売りに出ていて情報が公開されているマンションで価格の高いものを探したら、中心部から近い幹線道路沿いに建っている賃貸マンション一棟丸々で3億5千万円と言うのがあった。
このマンションの年間家賃合計は4千万円を超えるので、諸費用(管理費や補修費用、税金等)を除いても結構良い暮らしが出来そう。
ただし、これは満室状態でのことなので、仮に入居率が半分になれば手取りは半分以下になる(固定資産税等の固定経費は変わらないため)。
今の低金利ではお金を銀行に預けておいても増えないので、こういった不動産投資も悪くは無いんだけど、投資先を誤ると
・「買ったけど入居率が下がってしまい思ったような収入が得られない」
・「設備の補修等の費用が嵩んでしまって実収入が予想より少ない」
とかで、当て込んでいた収入を得られなかったりすることもある。
さらにローンを組んで買ったりすると手取りがローンの支払額にも足りなくなってしまって持ち出しになることもある。
こうなると何のために買ったのか判らなくなっちゃうね(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す