「アクセルワールド」15巻読了

札幌での発売日(10/11)に購入しておいた「アクセルワールド」の最新刊にはなかなか手を付けられずにいたが、体育の日で休みだった10/14にようやく読み終わった。
読み終わってみればサブタイトル通りの内容だったなぁ、というのが正直な感想。

半分予想外のキャラクターが登場(復活?)したことや、メタトロンのサポートとかは面白いし、話も進んではいるんだけど最後に出てきたのがあれとは・・・
加速研究会との争いは一体どんな結末を迎えるのか楽しみだったんだけどなぁ、、、次巻(2014年春刊行予定とのこと)に期待か。

同じ作者の「ソードアートオンライン」もそうだけど、1エピソードが段々長くなってきているのは少々気になるところ。
まぁ新規のエピソードを立ち上げるよりは既存のエピソードを長くするほうが売れるのかも知れないけど、そろそろ両作品とも区切りを付けてもらいたいとも思うなぁ。

アクセル・ワールド (15) ―終わりと始まり― (電撃文庫)
川原礫 HIMA
4048660055

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す