マジコン裁判で原告圧勝

任天堂及びゲームソフトメーカー49社がマジコンを輸入販売していた会社を相手取って起こした損害賠償請求裁判で、東京地裁は原告側の主張を全面的に認める判決を出した。
任天堂の発表によると
「マジコンの輸入販売行為の差止めと、当社の被った損害として総額9562万5千円の損害賠償金の支払いを命じる判決が下されました。」
とのこと。
違法な機器の販売禁止のみではなく、その機器による損害を賠償する責任を認めた点が凄いな。
今後はさらに進んで同機器のような不正な機器を販売した業者(小売を含む)に対する損害賠償請求訴訟が起こされる可能性が高くなったな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す