L3SWの処理落ち?

このところ職場のネットワーク環境がどうも不安定だ。
本来は閉じてあるはずのポートが時折開いたりして、思わぬトラフィックが発生したりしている。
ネットワーク機器の選定や設定をお願いした業者さんにいろいろ調べて貰っても、その度に
「設定では○○番ポートは閉じる設定になっています。」
という回答がくるばかり。
今日も昼間に調べた時には閉じていたポートが夕方になって開いているらしいとの連絡が来たので、調べてみるとやはり開いているとしか思えない状態になっていた。
すぐに業者さんに連絡して調べて貰ったところ、どうもネットワークセグメントを分割するのに使っているHUBの調子が悪いらしいことが判ってきた。
HUBと言ってもそこらのショップで売られている数千円の安物ではなく、ン十万円もするCISCOのL3スイッチだ。
そのL3スイッチに設定してあるアクセスコントロールリストが大きすぎてオーバーフローしてしまって動作が不安定になっていたらしい。
大きくなった原因は当初の設計時にはなかったポリシーを沢山追加したことらしいのだが、ポリシーを減らすことも出来ないので現在どうするかを検討中。
まずはメモリーの割り当てを増やして安定するかどうかを検証したいのだけど、そのためには再起動が必要で、再起動には10分程度の時間がかかるということで、どのタイミングで行うかを決めなくてはならない。
それにしてもHUBの再起動に10分とはねぇ・・・・・・(汗)

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す