富士フィルムが「XT-100」を開発中?

富士フィルムが新機種「XT-100」を開発中との噂が海外サイトに掲載された。
モデル名から考えると同社の一眼レフデザインのミラーレス機の最下位モデルと思われるが詳細は一切不明。
現在のラインアップは「X-T2」「X-T20」と桁数の少ないモデルが上位機種なので、「X-T100」は「X-T20」の下位に当たるモデルと思われ、そうすると価格は「X-T20」のよりも低く抑えなければならない。
となるとボディのみの価格は「X-T20」の市場価格である8万円台半ばよりも低い6-7万円台もしくはそれ以下と予想される。
うーん、ターゲットはどの辺りを考えているのかなぁ???
単純に「X-T20」のスペックダウン版で海外専売モデルなんてことはなかろうな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

雲が多いようだ・・・

今の時期は日没後の南西の空に土星が見えるはずで、少し前には私も見ることが出来た。
今日も昼間は晴れていたので見るチャンスと思っていたが、日が沈む少し前から西の空に雲が出てきてしまった。
暗くなってからはさらに雲が増えてきたようで、残念ながら西に見える山の上には星が全く見えない。
明日の夜はどうなのかな?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ、3連勝ならず!

北海道日本ハムファイターズは千葉ロッテとの今季最終戦に臨んだが、延長戦の末3-4で敗れ3連勝はならなかった。

この試合、ファイターズは1点を先行されるも七回に2点を取って逆転、八回にも1点を追加し3-1としたが、九回裏にこの試合が引退試合となる井口にまさかの同点本塁打が飛び出し試合は振出しに。
十回と十一回は両チームとも無得点で迎えた延長十二回、ファイターズは四球で走者を出すものの後が続かず無得点。
対するロッテは先頭打者が二塁打で出るとすかさず犠打で送り、次打者が四球で一死一三塁となると一塁走者が盗塁を成功させ一死二三塁と内野ゴロでの併殺打の可能性を消してサヨナラの好機。
そこで続く打者が適時打を放ちロッテが対ファイターズ最終戦を勝利で飾った。

ベテランの井口が引退試合の土壇場で同点本塁打を放ったのだからサポーターの盛り上がりは凄かっただろうなぁ。
対するファイターズは九回以降は無安打で得点機を作れなかったのが敗因だろうなぁ。
先発の高梨が七回まで1失点の好投を見せていたので残念だよ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

墓参は諦めた・・・

昨日と今日は秋分の日と日曜で仕事は休み。
この土日はお彼岸だし旭川にお墓詣りに行こうかと思っていたが、とても混み合うことが予想された。
なにせ昔からある墓地なので駐車スペースが少なく、お彼岸なんかに行ったら車を停めるだけで時間を浪費してしまいそうなので今週はお墓に行くのを断念。
今度の土日のどちらかで行ってくることにするかな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

PC処分

自宅の押し入れで眠っていたPCを処分することにした。
私が初めて自作したPCなので使わなくなってからも保管しておいたが、押し入れが一杯になったのと保管しておいても今後使う予定が全くないので処分を決意。
だいたい、CPUがソケット7の時代に組んだもので、中身はその後入れ替えているとはいえCPUはソケット370のCeleron633だし、メモリはSD-RAMだし、HDDはIDE、光学ドライブはIDEとSCSIだしでパーツとしても使えないものばかり(笑)。
HDDだけは取り出して他はそのままの状態でリサイクル業者に無料で処分して貰うことに。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」第八話

久々に続きを見た・・・

うーん、今回の変身シーンはクリスちゃんかぁ。
で、なんだかんだで一人(カリオストロ)を撃破と。
ん?撃破したってことは、この作品の敵役は次回作(五期目)では味方にはならないってことか?

今までの敵役は悉く寝返ってきているんだけどなぁ?
あれ?エルフナインは”敵側”にいたけど”敵役”では無かったか。
ちなみに
無印:雪音クリス
G:マリア、切歌、調の三人
GX:キャロル、エルフナイン
この内、GX最終話で倒されたキャロル以外は寝返ってきているんだよなぁ。
第五期はS.O.N.G側の新キャラは無しか。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ、逆転で連勝!

北海道日本ハムファイターズは昨夜、リーグ5位を争っている千葉ロッテと相手の本拠地で対戦。
序盤、ロッテに3点を先行されるも、六回に松本・中田の適時打と相手の失策で同点に追いつくと、八回にはこの試合ここまで無安打の大谷が勝ち越しの8号本塁打を放ち逆転。
その後は今の”勝利の方程式”と言っても良いマーティン-増井のコンビが相手打線を完璧に封じ試合終了。

先発の有原が二回には犠飛で、三回には本塁打で合計3点を失ったが、どちらの回も先頭打者に安打を打たれ無死の走者を許したのが原因かと。
三回は2点を失った後も四死球二つで無死一二塁としたが、後続を併殺打と三振に切って取り追加点を許さなかった。
四回と五回は三者凡退、六回には二死から七回は一死から安打で走者を出すが後続を打ち取り無失点。
この投球が八回の大谷の逆転本塁打を生んだと言っても良いかと。

それにしてもこの試合、4試合ぶりに大谷が打者として先発出場したからというわけでもなかろうが、四番の中田が6/13の横浜戦以来となる久々の3安打と大当たり。
五番のレアードは安打は無かったが六回の好機に打った遊撃への当たりが相手の失策を呼び同点となるなど主軸がそれぞれ得点機を演出した。
流れが良いとこういう良い結果が出るということなのか。

この勢いで今日の対ロッテ最終戦も勝利で飾って欲しいね!

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

晴れてきた

昨夜は雷雨だった札幌だけど、予報では雨は未明までで今日の朝からは晴れとなっていた。
5時頃に外を見ると予報通り晴れてきていたが自室の窓から見える西側の空は雲が多かったので、外に出て東の空を見ると晴れているようだった。
そこでカメラと三脚を持って出ようとして水星が見えるはずの方角を見ると、ちょうど見える高さのあたりには雲がかかっていて全く見えそうに無い。
雲の動きも殆ど無く見えるようになるとは思えなかったので早々に諦めて自宅に戻った。
で、その後1時間ほどで全天的に雲が晴れて青空が広がってきた。
日の出前からこうだったら今日は水星を肉眼で見ることが出来ていたかもなぁ、残念。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。