人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」は予想以上の出来らしい

NIKONから本日(2015/09/17)発売になった望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」は事前の予想以上に出来が良いらしい。
http://foto-info.si/test-nikon-af-s-200-500mm-f5-6e-ed-vr/に作例が載っていて、それを見るとかなりの解像感と収差の少なさが判る。
逆光に対する耐性はいまひとつらしいが、これはナノクリでは無いことも要因の一つと評されている。
AFは速度は動体には少々不足気味らしいが精度は高くて素晴らしいと評価されていて、手ブレ補正についてはテレ端(750mm相当)で1/50のシャッターが切れたほど優れているらしい。
解像感に関してはMTF曲線を見た時からかなりの水準だと思っていたが、実際にもかなり素晴らしいと思われる。

同じレンジにはSIGMAもTAMRONも製品を出しているが、この一本はそれらより実売価格は少々高いが充分検討に値するレンズだと言うことだ。
実際ネットショップを見ても予約状況は良いらしく、中には三カ月待ちなんていうショップも見受けられる。
私の周りでも少なくとも二人は購入する予定ということなので、今度見せて貰おう(笑)。
Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
B013DGJ0L2

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

あー、勘違いしていたみたい(汗)

先日検証用にと購入したマイクロソフトの「ワイヤレスディスプレイアダプター」を自宅のTVに接続して使うつもりでいる。
自宅のTV(旧い東芝のREGZA)にはHDMI端子が二つあり、一つはBDプレイヤーを接続してあるがもう一つは未使用。
その未使用のHDMI端子に接続するつもりでいたが、以前TVの裏側を見た時にその端子用のアナログ音声入力端子が別に装備されていたので、音声入力が出来なく(要は画像専用に)なっていると思っていた。
これではスマートフォンやタブレットを接続しても音声が出ないので、「動画等の鑑賞には向かないなー」と思っていたが、あらためてマニュアルを読み直したところ、このアナログ音声用の入力端子は、HDMI端子には画像だけを出力し音声は別途アナログ出力する機器(PC等)を接続した場合に使用するために存在していて、HDMI端子側は音声信号も入力可能だった。
しばらく勘違いしたまま悩んでいたが、これで安心して使えるようになるな(汗)。
いやぁ、最悪TV自体を最近のモデルに買い替えようかとも思っていたから助かったよ・・・
シャープ 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ AQUOS LC-32H20
B00SXP9GMM

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

キーボード付きカバーが来た

先週土曜日に注文したタブレット用のキーボード付きカバーが昨日届いた。
早速タブレットを収めてみるとぴったり収まり、キーボードも無事に認識して使えるようになった(最初に認識するまで少し時間がかかってその間入力できなかったので焦った)。
”7インチ用”とはなっているが、8インチタブレットのKJT-80W(212×125×9mm)でもサイズ的には問題無いようだ。
もちろん全ての8インチタブレットが大丈夫と言うわけではないと思うので、サイズの確認は必要だろう。
安物だけに耐久性が心配だけど、取り敢えずは使えそうだな。
(USB 端子) 7インチ専用タブレットキーボード付ケース&サイズ調整機能付  7インチ アンドロイドタブレット対応ケース
B008RW0E86
似たような商品はいろいろ出ているけど、キーボードに接続するケーブルの端子がmicroUSBだったりminiUSBだったりするので、購入時に忘れずに確認する必要がある。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。