More from: カメラ

TAMRONがまた高倍率ズームを発表?

軒下デジカメ情報局にTAMROMの「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」の写真が掲載された。
海外のソースから提供されたということで、発表も間近らしい。
型番からもAPS-C用で手振れ補正付きということが判るが、反対にそれ以外のことは判らない。
VCの効きが何段分なのかが気になるところ。
フィルター径は72mmらしいということは、それほど大きくは無さそうだけど、テレ端までズームした時の長さはどれくらいになるのだろうか?重さはどれくらい?
TAMRONが現在販売している16-300mmや18-270mmやSIGMAの18-300mmと比べて画質あAFの速度等はどうなるのかも気になるところ。
まぁ便利ズームに画質を求めるのもなんだけど、あまりに酷いと使う気になれないからね。
そこそこの画質で撮れるんだったら屋外でのイベントや、子供の運動会等にはぴったりのレンズになるだろう。

それにしても400mmかぁ、かなり気になる製品だな(汗)。
ちょうどEFマウント用の便利ズームが欲しいと思っていたところにこんな製品を出して来るとは(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

レンズも気になるのが入っているなぁ

「EOS-M3」が入荷した中古ショップにEFマウント用の便利ズームも入荷している。
SIGMAの「Contemporary 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」とTAMRONの「18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD(B018TSE)」がその二本。
どちらもEFマウント用の便利ズームで人気のモデル。
私も時々便利ズームが欲しいと思うシーンがあるが、画質面で不安があってイマイチ手を出しかねている。
子供の運動会も近いし一本行っときたいなぁ(汗)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS-M3」が入ってる・・・

札幌市内の中古カメラショップにCanonのミラーレス機「EOS-M3」が入荷している。
少し前にもどこかのショップに入荷したと思ったら即座に売れていた人気モデル。
初期の「EOS-M」に比べるとAFシステムに「ハイブリッドCMOS AF III」を採用しAFが高速化されたのが魅力的なモデル。
ちょっと気になるけど、またマウント増やすわけにもいかないしなぁ(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS Kiss X7」の後継機ももうじき発表か?

Canonのエントリー一眼レフ機としてロングランモデルになっている「EOS Kiss X7」。
小型軽量ということと、発売から時間が経って価格も非常にこなれたものになっていて今でも人気商品。
上位モデルの「EOS Kiss X7i」は既に2世代後のモデル「EOS Kiss X9i」が出ているのに比べるとモデルチェンジされるのが遅れている。
エントリーモデルで発売されてから4年以上も現役というもの珍しい・・・

その「EOS Kiss X7」の後継機の噂は何度も出ているが、今度はフルサイズ機の「EOS 6D MarkII」と同時に発表されるのではないかと言われている。
スペックもリークされていて、センサーは24MP、エンジンはDigic7、背面モニターは3インチのバリアングル、AF測距点は45点でデュアルピクセルAF搭載となっていて、これで世界最小最軽量を実現となっている。
コマ速とかシャッタースピード等は不明だけど、エントリー機にその辺の性能を求めても仕方が無いような・・・
バリアングルモニターでデュアルピクセルAF搭載ということは、ライブビューでの撮影や動画撮影に向いていて、小さな子供を撮るには便利そう。
価格次第だけど、ここまでのスペックなら中級機は要らないかもね。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 6D Mark II」の価格は先代よりも下がる?

Canonのエントリーフルサイズ機「EOS 6D」の後継機種「EOS 6D MarkII」の価格に関しての噂が出始めた。
それによると北米地区での価格はボディのみで1,999ドルと先代よりも100ドル安いとのこと。
先代より安くなるという点だけを取ると好ましいことだけど、これはあくまでも北米での価格。
昨年発売になった上位機種の「EOS 5D Mark IV」は海外での価格から予想されたよりもかなり高い初値が付けられていたので、今回も安心は出来ないと思う。
しかも先代発売時と現在の為替相場がかなり違っていて今の方が円安になっていることも忘れてはならない。
ただ、その「EOS 5D Mark IV」も現在の実売価格が33万円からとなっているので、下位機種がそれをかなり下回らないと売れないと思う。
となると、高くても20万円台半ばが良いところでは無いかなぁ?
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV ボディー EOS5DMK4
B01KZ4XI36

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 6D MarkII」のスペックで

Canonのフルサイズエントリー機「EOS 6D」の後継機「EOS 6D MarkII(6D2)」がもうすぐ発表になる見込み。
ここに来てスペックもリークされてきて発表が近くなっていることを感じさせている。
そのスペックの中でネットで取り沙汰されているのが”4K動画は非搭載”という点。
もちろん、正式発表前なのでもしかしたら搭載されるかもしれないけど、今のところ非搭載という説が有力。
私自身は一眼レフで動画の撮影はしないので、特に4K動画機能が非搭載でも構わないのだけど、中には商品力の向上という面でも必須だと言い張っている人もいるし、AFシステムとしてデュアルピクセルAFを搭載するのに動画がFHDだけなのは勿体ないという意見もある。
たしかに安価に搭載できる機能であればあったほうが良いだろうけど、搭載することで価格が跳ね上がるなら価格競争力という点で不利になってしまう。
デュアルピクセルAFにしても動画のためだけに搭載されるわけでも無く、どちらかというとバリアングル液晶を活かしたライブヴュー撮影の為というほうが正解かも。
巷で4K4Kと言われているけど、実際に4K対応のディスプレイやビデオカメラが売れているかと言えばそれほどでも無い。
これは4K対応機器がまだまだ高価で普及価格帯にまで価格が落ちてきていないのと、放送では実験的にしか扱われていないためかと。
3年後の東京オリンピックまでにどれだけ普及するか判らないけど、今後も急激に普及することは無いんじゃないかなぁ?
だとすると、「6D2」には4K動画は搭載せず、次期モデル(6D3?もしくはフルサイズミラーレス?)にモデルチェンジする時に搭載すれば良いことかと。

なんにせよ、予想よりもかなり価格が高かった5D4の二の舞にならないことを祈るよ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKON100周年記念商品

ネットショップからNIKONの100周年記念商品の案内が来た。
カメラはNIKONのフラッグシップ機「D5」及び「D500」の100周年記念ロゴ入りスペシャルモデルや「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR」の3本セット等。
その他にも双眼鏡や一眼レフ用のストラップ等、100周年記念のロゴの入った商品ばかり。
全て完全受注生産で、今を逃すと買えなくなる貴重なモデルばかりなので、「ちょっと記念に」と思うけど、どれもこれも高くて買えない(涙)。
案内を寄越した大手量販店での価格は次の通り。
「D5」:1,000,000円(税込み、以下同じ)
「D500」:350,000円
レンズ3本セット:1,000,000円
と手が出せないorz
長い目で見れば後年プレミアが付くようなものばかりなんだけど、”投資”には元手が必要なんだよねぇ・・・
Nikon ミニチュアカメラ ニコンF 100周年記念モデル(受注販売)
B072N5DQ34

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

8x30E II 100周年記念モデル
価格:70470円(税込、送料無料) (2017/6/17時点)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 6D MarkII」と「EOS kiss X7」後継機はもうすぐ発表?

海外のサイトにCanonの新型一眼レフ「EOS 6D MarkII」と「EOS kiss X7」後継機は今月末に発表になるとの記事が掲載されている。
少し前には発表は7月後半とのことだったが、どうも早まったということらしい。
別のサイトにはバッテリーグリップの型番等のリーク情報が載っていたりするので、正式発表も間近と推測される。
スペックの予想も段々と精度が上がってきているらしい。
6D2に関して判っているのは、今のところセンサーは新開発の専用26MP、モニターはバリアングルの3型、AFはデュアルピクセルCMOS搭載でAFポイントは45点、厚みと高さが現行機よりも少々大きくなる、とされている。
価格に対する言及が見当たらないが、それは今後出てくるのだろう。
発売に関しては8月ということで、夏休みには間に合うかどうか微妙なところかも?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

レンズを修理に出した

AFが不調になったレンズ「17-50mm F2.8 DC OS HSM」を修理に出した。
こちらにはメーカーの窓口が無いので出した先は購入した大手量販店のサービス窓口。
そこからメーカーに回されるのでなんらかの結果が出るには2-3週間かかると言われた。
安く直ってくれるとありがたいなぁ、、、
あー、でも、直ってきたら代わりにと買った旧モデル(18-50mm F2.8 DC)が余ってしまうな(汗)。
サブ機の40Dに付けておくか・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS D8000」かぁ

市内の中古カメラショップにCanonの「EOS D8000」が入荷した。
標準ズーム(18-55mm IS STM)とのセット品で価格もそれほど高くは無い。

でもなぁ、どうもこの機種(と後継の「D9000」)には魅力を感じないんだよねぇ(汗)。
キットレンズの「EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM」は良いなと思うけど、ボディには何故か惹かれるものが無い。
多分、位置付けが”入門機の一つ上”、というのが引っ掛かっているのかも。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。