More from: OLYMPUS

iOSはOPPとかBIPに対応してくれないのかな?

私の使っているミラーレスカメラ「E-PL6」のアクセサリーシューには「PENPAL PP-1」というコミュニケーションユニットを付けている。
これはスマフォ等とBluetoothで接続し、撮影した写真を転送してくれるもので、撮った写真をSNSにアップするのに重宝している。
しかも画像サイズを1280×960ピクセルに縮小してくれるので、スマフォ側で加工し直す必要も無い。
ところがこのユニットはiOSデバイス(iPhoneやiPad)には接続出来ず、不思議に思っていたがメーカーサイトを見ると転送に使うプロファイルがiOS側に用意されていないためとなっていた。
必要なプロファイルはBIP(Basic Imaging Profile)かOPP(Object Push Profile)なんだけど、iOSにはどちらも用意されていないので転送できないそうな。
「PP-1」が発売になってからかなり経ち、iOSのバージョンも大分上がったけど未だに用意されないということは、appleは今後も対応するつもりが無いってことかな?
iPadで使えると便利なんだけどなぁ・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

オリンパスのパンケーキ

OLYMPUSのミラーレス機「E-PL6」にはPANASONICの標準ズームレンズ14-42mm(沈胴タイプ)を付けている。
これはこれで持ち歩きに便利なんだけど、電動ズームの動作が遅く、MFも結構合わせ難いのが難点。
実際に使っているとズームはコンデジ(Canonの「SX-700HS」)のほうが使いやすいから、「E-PL6」はズームじゃなくても良いんじゃないだろうか?と思う時がある。
ほぼスナップにしか使わないカメラなので、単焦点レンズでコンパクトなパンケーキレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」が良いかな?と思う。
調べてみたら既に生産が終了しているんだねぇ、、、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【1年保証】【美品】 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 ブラック
価格:19800円(税込、送料無料) (2018/2/15時点)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「VF-4」が入荷してる・・・

市内の中古カメラショップにOlympusの電子ヴューファインダー「VF-4」が入荷している。
背面液晶だと見づらい時があるから(晴天の屋外等)たまに使いたくなるんだよねぇ(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

OLYMPUSが「E-PL9」を2月中に発表か?

OLYMPUSが3/1からのCP+を前に新製品を発表するとの噂がある。
新しく出るとすると「E-PL9」というのが大方の予想。
このシリーズ(”PEN Lite”)は上に「E-P」シリーズ(”PEN”)があるので、機能的にそちらを超えることも出来無さそうで、価格も抑えたエントリー寄りの中級機となりそう(実質的には「E-PM」シリーズ(”PEN mini”)の新製品が無いのでエントリー機か)。
スペックに期待している人も多いみたいだけど、5軸手振れ補正と像面位相差センサーが搭載されるかは怪しいところだと思う。
実際にはどんなモデルが出てくるのかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「VF-3」が入っている・・・

市内の中古カメラショップにOLYMPUSのミラーレス用電子ヴューファインダー「VF-3」が入荷したようだ。
「E-PL6」を使っている時は背面液晶を見ながら撮影しているけど、時々顔の前でホールドしたくなることもあるので、前から欲しいとは思っていた。
新品でも高くは無いけど、中古だともっと安いから買うなら中古で十分だよなぁ、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

質流れ市

札幌のラフィラで恒例の質屋さんのセールが行われている。
やっているのを見かけるとつい覗いてしまうのだけど、目当てはカメラ関係だけ(汗)。
毎回カメラ関連の商品が出ていて、今回はオリンパスのミラーレス一眼「PEN lite E-PL5 ダブルズームキット」がショーケースに陳列されていた。
ところが付いている値札を見るとなんと39,800円もする・・・
amazonや楽天では新品(今頃!)が同程度か少し高い程度の価格で売られているので、これはちょっとどうかなぁ?
OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL5 ダブルズームキット シルバー E-PL5 DZKIT SLV
B009C72VW2

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

OLYMPUSもレンズ型カメラを出していたのね、知らなかった(汗)

2013年10月にSONYが”レンズ型カメラ”「DSC-QX100」「DSC-QX10」を発売した時は、ファインダーも無いカメラなんて・・・と思ったもので、その後この手のカメラに関してはすっかり頭から消えていた。
その後同じSONYからAPS-Cサイズの撮像素子を搭載し、レンズ交換が可能な「ILCE-QX1」が2014年10月に発売になった。
さらにその翌年の2015年にはOLYMPUSからもレンズ交換が可能な「OLYMPUS AIR」が発売になっていたんだけど、それに関しては全く知らなかった(汗)。
Eマウントレンズが必要な「ILCE-QX1」よりはマイクロフォーサーズシステムの「OLYMPUS AIR」のほうは手持ちのレンズが使えるしちょっと面白そうかなぁ?
SONY ミラーレス一眼 レンズスタイルカメラ QX1 ボディ ブラック ILCE-QX1
B00O1ZE74A
Olympus Air A01 White (Body Only) [並行輸入品]
B019SZ6ILW

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

オリンパス「PEN-F」を発表!

オリンパスは今日1/27の15時にかねてから噂になっていたミラーレスカメラの新製品「PEN-F」を発表した。
細かいスペックはオリンパスのサイト(下記)を見て貰うとして、画素数(2,030万画素)等は事前の予想通りになっている。
主な仕様
手振れ補正はE-P5やOM-D E-M10 Mark II等と同様の5軸方式を採用し、その効果は5段分とクラス最高だ。
発売されるのはボディ単体と12mm F2.0レンズ(単体価格95,000円(税込102,600円))とのキット。
事前の予想にあった「14-42mm F3.5-5.6 EZ」と「17mm F2.8」との組み合わせが無いのは少々意外だ。
この12mm F2.0のレンズは少々長さがあるので、組み合わせると見た目のバランスがどうかな?と思うんだけど、写真で見ると意外と合っているように見えるから良いのかも?

発売日は2/26で価格はオープン、店頭価格はボディのみで15万円前後、12mm F2.0レンズキットで21万円前後と予想されている。
これでPENシリーズはコンパクトなPEN-mini、中級機のPEN lite、上級機のPENに加え最上級のPEN-Fの4ラインアップとなった。

うーん、事前の予想通りPENのフラッグシップと呼んでも差し支えないスペックで出て来たなぁ。
さすがに今持っている「E-PL6」から買い替えるつもりは無いなぁ(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

今度はおよそ600枚か

普段持ち歩いているミラーレス一眼「OLYMPUS PEN-Lite E-PL6」のバッテリーが先週末に充電切れを起こした。
前回の充電から撮影した枚数は600枚強となり、これは最初に充電切れを起こした時よりも20%以上多い(前回はおよそ480枚)。
使っているのは純正品のバッテリーでは無く互換品で、容量は純正品の1.83倍になる2100mAh。
純正品の場合の撮影可能枚数は360枚なので、今回はその1.67倍の枚数を撮ったことになる。
容量ほどの差は今回も無かったけど、パワーズームレンズを装着していてこれだけ撮れれば十分かも。
DSTE® アクセサリーキット Olympus BLS-5 互換 カメラ バッテリー 2個+充電器キット対応機種 OM-D E-600 E-620 E-P3 E-PL6 E-PL5 stylus 1
B010PQYKQS

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。