More from: ワールドカップ

高梨は総合優勝ならず!

スキージャンプ女子ワールドカップの個人最終第13戦Chaikovsky(HS=140m:Russia)が行われ、総合優勝争いでトップに立っていた日本の高梨沙羅は7位で総合優勝はならなかった。
1本目で126mを飛んで7位に沈み、強風のために2本目がキャンセルとなって順位がそのまま確定となった。
優勝争いをしていたNika KRIZNARが131.5mを飛んで3位にはいったため、高梨は逆転され9点差で総合2位となり男女通じて最多の5回目の総合優勝はならなかった。
残念だけど、女子ワールドカップが創設されて10季目の今季も2位に入ったことで総合3位以内が8回目(優勝4回、2位2回、3位2回)となり、男子のJanne Petteri Ahonen(優勝2回、2位2回、3位4回)と並んで最多タイとなった。
また来季の活躍を期待したい!

#4位のDaniela IRASCHKO-STOLZがあと50cm飛んでいれば3位4位が入れ替わって高梨が総合優勝だったんだけどなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

高梨は最多表彰台記録を更新!

スキージャンプ女子ワールドカップ個人第12戦が3/26にChaikovsky(HS=102m:Russia)で行われた。
日本の高梨沙羅は1本目に94.5mを飛び2位に付けると2本目も94.5mで順位を守り2位に入った。
これで高梨の表彰台登壇回数が109回となり男女通じての最多記録を更新した。
また総合優勝争いでもこの日3位に入ったNika KRIZNARを逆転して15ポイント差で首位にたった。
残る試合は3/28に行われる第13戦Chaikovsky(HS=140m:Russia)のみ。
この試合で優勝するか、少なくともNika KRIZNARよりも上位に入れば男女通じて最多となる5度目の総合優勝となる。
ただ、現在66ポイント差で3位のMarita KRAMERが好調なので、逆転されないためには7位以内に入る必要がある。
最終戦がラージヒルでの戦いになるので昨年3/9のLillehammer(HS=140m:Norway)以来ラージでの優勝がないのが気にかかる所。
それでも期待して応援したいと思う。

←クリックしてくれると嬉しいです。

小林陵侑が今季3勝目!

スキージャンプ男子ワールドカップ個人第23戦フライングヒルが3/25にPlanica(HS=240:Slovenia)で行われ、一昨年のW杯総合優勝の小林陵侑が優勝した。
小林は1本目に235.5mを飛んでトップに立つと、2本目は最終ジャンパーでこの日唯一となるヒルサイズ越えの244.5mを飛んで逃げ切った。
これで今季3勝目、通算では19勝目となり自身の持つ日本人最多優勝記録を更新した。
このPlanicaでのフライングヒルでは一昨年に自己ベストの252mを飛んで優勝したこともあり、相性の良い台なのだろう。
翌26日にも行われたフライングヒルでも優勝こそ逃したが、2位に入りこの2試合で180ポイントを上積みして総合でも5位に浮上した。

←クリックしてくれると嬉しいです。

高梨は”一日天下”

スキージャンプの女子ワールドカップ個人第11戦が前日に続いてNizhny Tagil(HS=97m:Russia)で行われ、日本の高梨沙羅が3位に入り通算表彰台回数が108回となり男女通じての最多タイとなった。
優勝は前日と同じくMarita KRAMER(Austria)で、2位は高梨と総合優勝争いをしているNika KRIZNAR(Slovenia)で、高梨を逆転して総合首位に返り咲いた。
高梨は”三日天下”どころか一日で首位を明け渡すことになったが、点差は僅かに5点なので残り2戦で十分に逆転可能。
個人戦で残るは今週末に行われる第12戦(HS=102m)と第13戦(HS=140m)。
連勝すれば文句なしで総合優勝となるし、そうでなくても2戦ともに3位以上で順位が上回れば優勝となる。
来週早々には良いニュースを聞きたいものだなー。

←クリックしてくれると嬉しいです。

高梨が2位で総合トップに浮上!

スキージャンプのワールドカップ個人第10戦がNizhny Tagil(HS=97m:Russia)で行われ、日本の高梨沙羅が1回目の4位から2回目で順位を上げ2位で表彰台に登った。
この登壇で通算の表彰台回数が107回となり、男女通じて最多の108回にあと1回と迫った。
また、W杯総合ランキングでもこの日3位に入った総合トップのNika KRIZNAR(Slovenia)を逆転し15ポイント差でトップに立った。
今季の残りは日本時間の今夜行われる第11戦を含めて3試合。
さらにRussiaラウンド2大会での4試合8本のジャンプの合計ポイントで争うRussia Blue Bird Tournamentが行われている。
高梨と2位の点差は僅かなので最終戦までどちらが優勝するかは予想は難しいが、高梨が優勝すると4季ぶり5度目となり、5度目の総合優勝は男女通じて最多となる。

←クリックしてくれると嬉しいです。

小林陵侑が通算勝利で葛西を抜いた

FISスキージャンプワールドカップ男子の個人第22戦(ルシュノフHS=97m:ルーマニア)で女子の第9戦と同日に行われ、小林陵侑が優勝した。
小林は1本目で7位につけ、2本目に最長不倒となるヒルサイズ越えの98.5mを飛んだ。
競技終了時点では2位だったが、最後に飛んだ1位の選手がスーツ規定違反で2本目の成績を取り消され29位に落ちたことで繰上りでの優勝となった。
小林は今季2勝目で通算では葛西紀明の17勝を抜いて日本人単独トップ18勝目となった。
葛西が24シーズンかけて築いた記録を僅か3シーズンで塗り替えたことになる。
今季の残り試合はまだまだあるので、この好調さを維持すれば今期中の通算20勝も射程距離に入ってきたのでは?

ちなみに小林がワールドカップのノーマルヒルで優勝するのはこれが初めてで、これまではラージヒル(15勝)及びフライングヒル(2勝)でしか優勝したことが無かった。
飛行時間が短いため空中で受ける風で距離が左右され難く、踏切と空中姿勢の重要さが増すノーマルヒルでの優勝は技術的にも進歩し安定してきていると評価する専門家もいる。

←クリックしてくれると嬉しいです。

高梨が逃げ切って今季3勝目!

FISスキージャンプワールドカップ女子の第9戦(ルシュノフHS=97m:ルーマニア)が行われ、高梨沙羅が逃げ切って優勝した。
高梨は1本目に92mを飛んでトップに立つと、2本目にはヒルサイズ超えで最長不倒となる99mを飛んで2位との差をさらに広げて逃げ切った。
これで高梨は今季3勝目で通算60勝目、表彰台登壇回数も106回となり最多記録に並ぶまであと2回と迫っている。
高梨がシーズン3勝以上を挙げるのは4度目の総合優勝を飾った2016-17シーズンの9勝以来4シーズンぶりのこと。

今季は当初から好調で、開幕戦で3位に入ると、年が明けて第4戦で準優勝、第5戦は失格となったが続く第6-7戦で連勝し、今週の第8戦で準優勝と表彰台に登り続け、今回の第9戦でも優勝と調子はさらに上向きとなっているように見受けられる。
総合優勝争いでも首位に5ポイント差の606点までポイントを積み重ねているので、個人最多の5度目の総合優勝も夢では無くなってきている。
次週は世界選手権が行われるためW杯はお休みとなり、次戦は3/20のNizhny Tagil(ニジニ・タギル)となる。
残り4戦でどこまでポイントを伸ばせるか期待しちゃうな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

小林陵侑が今季初勝利!

スキージャンプ男子ワールドカップの個人第20戦がポーランドのZakopane(ザコパネ、ヒルサイズ140m)で行われ、日本の小林陵侑が優勝した。
小林は1本目に136.5mを飛び首位と4.8ポイント差の4位につけた。
2本目には134.5mを飛び、この時点で暫定首位となり、残る上位3人のジャンプを待つことに。
直後に飛んだ1本目3位の選手が飛距離で小林に1m及ばずこの時点で2位になり、小林の表彰台が確定。
その後に飛んだ1本目2位と首位の選手も飛距離を伸ばせず小林の得点を上回ることが出来ずに小林が僅か0.3ポイントで逆転優勝。
小林のワールドカップ優勝は2019/12/29のOberstdorf(ドイツ、ヒルサイズ137m)以来、表彰台登壇は2020/1/16のTauplitz/Bad Mitterndorf(オーストリア、ヒルサイズ235m)で2位に入って以来となる(この時の首位との差は僅か0.7ポイント)。
この優勝は小林のワールドカップ通算17勝目となり、24歳上の葛西紀明選手と並ぶ日本人最多タイとなった。

なお、この大会は北京での開催が予定されていたがキャンセルとなったために会場がZakopaneに変更されている。

←クリックしてくれると嬉しいです。

高梨が連勝で通算59勝目!

スキージャンプ女子のワールドカップ個人第7戦(ヒンツェンバッハHS=90m:オーストリア)が七日行われ、日本の高梨沙羅が前日の第6戦に続いての連勝を飾った。
高梨は一本目89mで僅差の首位に立ち、二本目も92.5mの最長不倒を飛び合計234.1点で逃げ切り優勝した。
これでワールドカップ通算勝利数は59となって自己の持つ最多記録を1日で更新、表彰台登壇回数も男女通じて2番目となる104回として最多記録に並ぶまで残り4回とした。
この勝利でワールドカップランキングは3位のままだが、首位とのポイント差が34点まで縮まったので、まだまだ総合優勝を狙えるね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

高梨沙羅が今季初勝利!

スキージャンプ女子で日本の第一人者である高梨沙羅が昨日行われたワールドカップ個人第6戦(ヒンツェンバッハHS=90m:オーストリア)に出場。
前日の同会場での個人第5戦ではスーツ規定違反で失格となったが、この第6戦では見事優勝し通算58勝目を挙げた。
高梨の優勝は昨年3/9のリレハメル大会(HS-140m)以来11ヶ月ぶり。
これで女子ジャンプのワールドカップ創設からただ一人10季連続優勝を成し遂げた。
また表彰台登壇回数も103回となり、女子では断トツのトップで男女通じてもヤンネ・アホネン(五輪出場7回の名選手)の108回(優勝36回)に次ぐ回数となった。
ワールドカップ総合優勝4回の高梨だが、ここ3季ほどは優勝から遠ざかっていて、今季も首位とは84ポイント差(2/7時点)のランキング3位。
この後の試合次第では逆転も不可能では無いので男女通じて初となる5度目の総合優勝を目指して欲しい。

←クリックしてくれると嬉しいです。