More from: プロ野球

ファイターズの斎藤佑樹が更改

プロ野球の北海道日本ハムは同球団所属の斎藤佑樹投手が契約更改を行ったと発表した。
早稲田実業高校の3年生の夏の甲子園では駒大苫小牧(当時)の田中将大投手(東北楽天->ニューヨークヤンキース)と決勝戦で投げ合い、前代未聞の決勝戦での引き分け再試合を投げぬき優勝し、駒大苫小牧の史上2校目となる3連覇を阻止したことで一躍有名になり「ハンカチ王子」のニックネームで人気も出た。
その後は早稲田大学に進学して六大学野球でも活躍し、卒業を前にしたドラフトで4球団に1位指名を受け、抽選で交渉権を得たファイターズに入団。
入団当初は期待もされ、初登板初先発でプロ初勝利をあげ、2年目には開幕投手として1失点で初完投勝利をあげる等の活躍もあったが、その後はあまり活躍することも無く、2013年と2015年及び2018年以降は勝ち星が無いうえ、今年は一軍での登板が無かった。
10年間での成績は88試合に登板し15勝26敗で、15勝の内11勝はプロ入り1年目(6勝)と2年目(5勝)に記録していて、その後の8年(1軍実質7年)では僅か4勝しかあげていない反面12敗している。
そのためか数年前から引退だの放出だの言われ続けて来たが、栗山監督は見捨てずにいて来年もチームに残すことになった。
私としてはそろそろ見切りをつけて第2の人生を歩ませた方が良いような気がするんだけどねぇ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズの有原がポスティングシステムでメジャーに挑戦!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは11/26に有原航平投手のポスティングシステムを利用した米国・メジャーリーグ)移籍を承認したと発表している。
既に申請済みで有原とメジャー球団の交渉期間は日本時間同日22時から12/27の7時までとなっている。

2014年のドラフトで1位指名を受け、2015年に入団してその年に8勝(6敗)をあげて新人賞を獲得。
昨年(2019年)には15勝で初の最多勝も獲得しているファイターズのエース。
今季は序盤でなかなか勝てずに苦しんでいたが、それでも最終的には8勝(9敗)をあげている。
今季までの6シーズンで二けた勝利3回と主力として活躍してくれた投手にいなくなられるのは痛いけど、今回のメジャー移籍が実現したらアメリカでも活躍して貰いたいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ソフトバンクが日本一!

プロ野球の日本シリーズは昨夜第4戦が福岡で行われ、読売が今シリーズ初めて先制するも直後にソフトバンクが逆転。
結局4-1でソフトバンクが勝って4連勝で日本一となった。
ソフトバンクは2年続けて初戦からの4連勝となり、これはプロ野球史上初。
さらに一昨年からの日本シリーズでの連勝を12としてこちらの記録も更新し、本拠地での日本シリーズ16連勝、ポストシーズン16連勝もプロ野球記録を更新した。
負けた読売の得点はソフトバンクの26点に対して史上最少タイの僅か4点(1-2-0-1点)。
シリーズ通算チーム打率も過去最低の.132で安打数は初めて20本を下回る16本。
これじゃ勝つことなんか出来ないよなぁ(笑)。
さて、オフシーズン恒例の戦力強化はどうなることか?
今年も金に飽かせて他所のチームからFA宣言をした有力選手をかき集めるのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

ソフトバンクが連勝

プロ野球の日本シリーズ第二戦はソフトバンクが13-2で大勝し連勝とした。
最終回にも一死満塁から周東が打った打球は投手正面へのゴロ。
併殺かと思ったが、投手の本塁への送球がそれて三塁走者に加えて二塁走者も判断良く本塁へ生還し2点を追加。
好機をことごとくものにしたソフトバンクが読売を圧倒した試合だったな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

とどめか?

大阪ドームで行われているプロ野球の日本シリーズは七回表にデスパイネに満塁本塁打が出て11-2とソフトバンクのリードが9点と広がった。
読売の攻撃が残り3回あるとはいえ、このグランドスラムはとどめになった感があるな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ソフトバンクが先勝

プロ野球の日本シリーズは福岡ソフトバンクと読売の対戦で今日から始まった。
初戦はソフトバンクのエース千賀が読売打線を七回まで無得点に抑え、打っては栗原が4打点の活躍。
読売は最終回に抑えの森を攻めて2四死球と安打で迎えた一死満塁から犠飛で1点を返すのが精一杯。
結局5-1でソフトバンクが初戦を制した。
これでソフトバンクは日本シリーズでの連勝を9に、ポストシーズンの連勝を13に伸ばした。

←クリックしてくれると嬉しいです。

栗山監督が続投

今週の火曜日(11/17)に北海道日本ハムファイターズが栗山監督と契約を1年延長することで合意したと発表した。
来季は同監督にとって10年目となり、自身の球団記録をさらに更新することになる。
監督に就任した2012年にはリーグ優勝し、2016年には2度目のリーグ優勝をするとともに広島カープを下して日本一にもなっている。
その後は5位-5位-3位-5位と4年でAクラス入りが1回のみと低迷しており、並みの監督だと退任していても不思議ではない成績となっている。
本来ならば今季限りで退任もあるところだろうけど、東京五輪が来年に延期されたため次期監督の有力候補とも考えられる日本代表の監督AIさん(仮名)を招聘するには無理があるための続投とも受け取れる。
来季、ファイターズが日本一になればさらに続投もあるかもしれないけれど、そうでなければ来季限りで退任だろうなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ、今季最終戦を勝利で飾る!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜千葉で千葉ロッテと対戦。
今季の最終戦となったロッテ戦を逆転で勝って今季の公式戦全日程を終了した。

初回に四番中田の今季108打点目となる適時打で先制したものの、その裏に4点を奪われ逆転された。
それでも二回に清水の今季第2号の2点本塁打で1点差とすると、四回にはその清水が適時打を放って追いつき、六回に西川の適時二塁打で1点を勝ち越した。
九回には大田の今季だ14号の2点本塁打で突き放した。
投手陣も先発の上原が初回に6安打1四球で4点を失ったがその後は二回三回と1安打ずつを打たれながらも無失点で切り抜け、2番手の加藤以降は安打を許しながらも相手打線を無得点に抑え込んだ。

ファイターズはこれで今季53勝62敗5分けでリーグ5位で全日程を終了。
序盤戦での出遅れと八月以降に勝ち切れなかった試合が多かったことでBクラスから這い上がることが出来なかった。
対戦チーム別ではなんと言っても首位のソフトバンクに6勝17敗と大きく負け越したのが痛かったが、戦力を考えるとこの結果も仕方ないかと・・・
それでも今年は渡邉や野村等、来期以降が楽しみな選手が出て来た。
主力選手(特に打線)の若返りが必要になってきている中で若手が台頭して来たので監督が使いどころを間違わなければ来期は期待できるかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ四連敗orz

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜大阪でオリックスとの今季最終戦に臨んだ。
先週の変則六連戦では5勝1敗と大きく勝ち越したが、この試合は3-4で惜しくも敗れ、先の西武戦からの連敗が4に伸びてしまった。

この試合で五番に起用された野村が自身3度目の一試合3安打で2打点で、一時は同点となる適時打も放ったが、同点にした直後に自身の失策から勝ち越し点を与えてしまったのは反省材料。
今年のシーズンオフは守備力を鍛えて試合でのミスを出来るだけ減らして欲しいな。

打点王争いをしている中田はこの日は打点無しで107打点のまま、楽天の浅村との差は3点で、お互いに残り試合数は1なので、まだまだ判らないな。

←クリックしてくれると嬉しいです。