More from: プロ野球

大谷が「エドガー・マルティネス賞」を受賞

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼの大谷翔平選手は年間で最も優れた指名打者に送られる「エドガー・マルティネス賞」に選ばれた。
大谷が同賞に選ばれるのはMVPを獲得した昨年に続き2年連続で、連続受賞は5年連続(2003-2007)で選ばれたDavid Ortiz(レッドソックス)以来のこと。
シルバースラッガー賞に選ばれたアストロズのYordan Álvarezが本命とみられており、シーズン通じての大谷の成績はÁlvarezを下回っていたものの、”指名打者”としての成績に絞れば7部門(安打:159、得点:90、塁打:302、三塁打:6、本塁打:34、打点:95、四球:72)でトップだったことが選出の理由となったらしい。
今季は大きな賞に縁の無かった大谷選手だけど、一つでも選ばれて良かったと思う、おめでとうございます。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ア・リーグMVPはジャッジが受賞

米メジャーリーグの今季のMVPが発表され、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手が所属するアメリカン・リーグはヤンキースのAaron Judge外野手が選ばれた。
ナショナル・リーグはカージナルスのPaul Goldschmidt内野手で、両選手ともMVP初受賞となった。
Judgeは1位28票2位2票等で410ポイント、大谷は1位2票2位28票等で280ポイントだった。
大谷は昨季満票でMVPに選ばれており、今季も選ばれれば2012-13シーズンのMiguel Cabrera(タイガース)以来となる快挙だったが残念ながらそれは叶わなかった。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷がシルバースラッガー賞を逃す

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は今年のシルバースラッガー賞に選出されなかった。
大谷は2部門(指名打者、ユーティリティ)で最終候補に残っており、昨季は指名打者部門で受賞し、日本人選手初の2年連続受賞が期待されたが残念ながらどちらも受賞することはかなわなかった。
この賞は純粋に打撃部門だけで選考されるので投手成績は考慮されない。
今季は投手成績は伸びたが打撃成績は打率こそ上昇したものの本塁打や打点は軒並み昨季の数字を下回ったのが影響したのだろうか。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷、ハンク・アーロン賞も受賞ならず

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は今季のハンク・アーロン賞の最終候補8人に残っていたが、残念ながら受賞はならなかった。
大リーグ機構が今日発表した受賞者はヤンキースのアーロン・ジャッジ選手。
大谷は2年連続で候補に入っていたが、今年も受賞を逃した。
打者としての成績だけを見ると今季はジャッジを上回る選手はいないからねぇ・・・
だとしても、投手と打者の二足の草鞋を履いていながら野手(投手じゃない選手)たちと同列で賞を争うってのは凄いことだね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷がMVP最終候補3人に残った

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手がア・リーグMVPの最終候補3人に入ったと発表された。
大谷は満票でMVPを獲得した昨季に続き、今季は34本塁打15勝と活躍。
本塁打数こそ昨年の46本から減ったものの、勝ち星は9勝から15勝へと67%も増やし、さらには近代MLB史上初となる打席数と投球回数の両方が規定に到達する前人未踏の記録も達成した。
盗塁や三塁打、OPSは低下したものの全体的には昨年以上の活躍と評されているが、今季は何と言ってもア・リーグ新記録となる62本の本塁打を放ったヤンキースのジャッジがいる。
選手間投票での最優秀選手にも選ばれたジャッジが最有力候補と目されているので、大谷の日本人選手初の2年連続MVPは難しいと思われるが、やはり期待してしまうなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

MLBではアストロズが勝ったけど、日本では?

米メジャーリーグのワールドシリーズはヒューストンアストロズが制したが、日本のプロ野球はどうなったのだろう?
調べてみると今年の日本シリーズも昨年と同じ東京ヤクルトとオリックスの対戦だったらしい。
結果は昨年とは反対にオリックスが勝って日本一になったとのこと。
へぇ~、そうだったんだー。

←クリックしてくれると嬉しいです。

アストロズが5年ぶりのワールドシリーズ制覇!

米メジャーリーグのワールドシリーズは日本時間の昨日第6戦が行われ、悲願の初制覇を目指すベイカー監督率いるアストロズが4-1で勝って4勝2敗とし5年ぶり2度目のワールドシリーズ制覇を成し遂げた。
ベイカー監督は現役選手時代の1981年にワールドシリーズ制覇の経験はあったが、25年間に及ぶ監督生活では初めての栄冠。
監督として歴代9位の2093勝を挙げてはいるが、2000勝以上の監督(12人)の中では唯一ワールドシリーズ制覇の経験が無かった。
今季ようやくワールドシリーズを制覇することが出来て感無量では無いのかな?
とにかくおめでとうございます!

←クリックしてくれると嬉しいです。

アストロズが連勝で王手!

米メジャーリーグのワールドシリーズはフィラデルフィアのシチズンズ・バンク・パークで第5戦が行われ、ビジターのアストロズが3-2で勝って対戦成績を3勝2敗としチャンピオンに王手をかけた。

アストロズの先発は39歳のJustin Verlander。
今季18勝4敗でサイ・ヤング賞の筆頭候補のVerlanderは五回を4安打1失点におさめてワールドシリーズ9度目の先発で初勝利。
これまで8度の先発で0勝6敗ERA6.07と苦しんできたが、この試合は初回に1点を失ったのみ。

前日にワールドシリーズ史上初となる継投での無安打無得点試合を達成されたフィリーズはVerlanderを打ち崩せず、終盤に1点差まで迫ったものの追いつけず王手をかけられてしまった。
第6戦はヒューストンに舞台を移して行われる予定で、明日は試合が無い。
その試合でアストロズが勝ってチームとしては5年ぶり、ベイカー監督にとってはワールドシリーズ制覇となるかどうか?

←クリックしてくれると嬉しいです。

アストロズがタイに持ち込んだ

米メジャーリーグのワールドシリーズがフィラデルフィアフィリーズとヒューストンアストロズで争われている。
第三戦ではフィリーズが地元で7-0と圧勝し対戦成績を2勝1敗として一歩リードした。
続く第4戦では反対にアストロズが5-0で完封勝ちを収め2勝2敗のタイに持ち込んだ。
個人的にはア・リーグのアストロズに勝って欲しいところだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

王柏融が退団、杉谷が引退かぁ・・・

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは同球団所属の王柏融選手の退団を発表した。
今年はあまり出番が無く成績もよくなかったから仕方がないとはいえ、台湾で4割打って三冠王も取った選手だけに勿体ない気もするな。

また、そのキャラクターで人気のあった杉谷拳士選手の引退も発表された。
杉谷選手は左右両打席での本塁打を放って自らを”スギノール”と命名したり、ユーモア精神でも観客やファンを楽しませてくれた。
今後の進路に関しての発表は無いが、引退後もファイターズや北海道に絡んだことをしてくれると嬉しいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。