More from: その他

B5用紙に・・・・

職場で購入したプリンタが今日届いた。
大量に印刷する部署用のプリンタなので、オプションのペディスタルも購入し、給紙カセットが全部で4段になるようにした。
今までのプリンタは2段+手差しで必要な用紙すべてを収納していたが、今度からはカセットだけですべての用紙が収納できる・・・・・筈であった。
届いたプリンタを開梱し、給紙カセットの用紙サイズを調整していて気づいたが、なんとB5サイズ用の設定が無い!
A3サイズに対応しているプリンタなので、B5サイズの用紙にも印刷可能と思っていたので慌ててマニュアルを見てみるとB5縦には対応していることが判明。
ところが、B5縦の用紙に印刷するにはオプションのカセットが必要なことも判明。
このプリンタを使う部署ではB5の用紙を一番多く使うので、このままでは何のためにプリンタを買い換えたのか判らない。
仕方が無いのでB5縦用のカセットの見積もりを取ったが、果たして決済は降りるのであろうか?
事前によく調べておけば判りそうなものだが、A3対応のプリンタなのでそれよりも小さいB5に印刷できないとは思わなかったのが原因。
実際、他の機種ではカセットにB5用の設定ができるので、同じメーカーのハイエンドのプリンタでそれができないとは露ほども思っていなかった。
先入観念に捉われて物事を見て進めてはいけないという見本になってしまった・・・反省!
ちなみに購入したのはCanonのLBP-1910というプリンタ。

それにしても「嵐の中で輝いて」は名曲だなぁ・・・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

NK?

「NK」と聞くとつい「日本鋼管(現JFEスチール)」と思ってしまう。けど、それとは関係無い話。
どこかの有名人が結婚したとかで記者会見かなにかで「NK」で知り合ったとか発言したらしい。
「NK」って何?と思った取材陣からの質問に、「呑み会」と答えたそうな。
「KY」にしろどうして判り難く省略するんだろう?馬鹿じゃないの?と思ってしまう。
大体「NK(エヌケー)」も「呑み会(ノミカイ)」も発音を文字にすると同じ4文字だから省略してるとは言えない。
本来言葉とは聞く相手に意思を伝えるためのものであって、意思が通じなければ意味が無い。
にも拘わらず自分勝手に言葉を捏造し使う人が増えているのは、自己中心的な人が増えているからだと思える。
でも有名人が使う言葉を考えもせずに格好いいと思って真似して使う阿呆共が多いんだろうなぁ・・・・
もっと自分の頭でものを考える習慣を付けろよお前ら! と言いたい。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

IE8が

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/05/01/022/index.html


で取り上げられているが、IE8が発表されて間もないのにブラウザシェアの少なくない部分を取ったという話。
現在はMicrosoft Updateを有効にしておき、さらに自動的にアップデートを実行するようにしておくと勝手にIE8がインストールされてしまうので、知らないうちにIE8になってしまった人もいるだろう。
インストール時に確認のメッセージは出るだろうが、大半のユーザーは内容をよく確認せずに「はい」のボタンを押してしまっているだろう。
これではユーザーに選択権があるとは言い難いのでは無いだろうか?
確かにPCのOSにある程度詳しければアップデート時に必要なものを選べるが、大半のユーザーはそうではないだろう。
セキュリティ関係のパッチはあてなくてはならないだろうが、その他のソフト(ブラウザもソフトの一つだろう)のアップデートは個々の自由にさせて欲しい。
それでもIE全体のシェアは低下傾向だとのことだが、FireFoxやGoogleChrome等が台頭してきた影響だろう。
IE7で初めてタブを導入したが、先行しているFireFoxと比較するとやはり使い勝手に不満があり、IE8になっても改善されていないことがある。
このような点があるのでシェアの低下が見られるのではないだろうか。
新しいWondows7ではIE8のアンインストールが出来るとの噂だが、実際にそれを実行するのはユーザー全体のうちどれくらいになるだろうか?
日本では無いが、ヨーロッパや韓国向けにはIE抜きのWindowsが供給されている。これらのユーザーはブラウザに何を選択しているか少々興味深い。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

草刈

真っ青・・・・・・ではなく、庭の芝生の手入れをしてきた。
昨日とうって変わって晴天になってくれたので、予定通りに作業が出来た。
いつもより時期が遅れたせいでタンポポが種を付けていたのが気がかりだが、刈らないわけにはいかない。
午前中の2時間くらいで一通り終わったが、その2時間後くらいに見ると、刈った筈のところにまだ残ってる草があり、再度刈りたかったが時間が無いので諦めて帰ってきてしまった。
一ヶ月後くらいに行ったらまた伸びているんだろうなぁ。
今回は雨が降った直後で、しかも好天に恵まれたので、放っておいたら雑草が伸び放題になるところだったから、タイミングは良かったのかも。
それにしてもタンポポの種を飛ばさないようにして集めるのがちょっと面倒だったなぁ。

帰りの高速では対向車線に何台かパトカーがいた。
通る直前まで事故で通行止めの区間があったようだし、実際に生々しいスリップ痕が路面に残っていた。
そういえば昨日行く途中で覆面パトカーが違反車を止めていたのを2回目撃した。
一ヶ月前も同様に違反車を取り締まっているのを見かけているが、このところ高速の通行量が増えているので、取り締まりも厳しくなっているのかな?
実際、今日も高速は混んでたしなぁ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

週末なのに、、、、

天気が芳しくない・・・・・・
これから旭川に行って庭の手入れをしなくてはならないのに、予報は雨。
今現在も雨が降っている模様。
札幌は曇りで雨は降っていないが、今日の予報は雨。
明日は曇りの予報で降水確率も下がる見込みだが、出来れば今日の内に作業を済ませてしまいたい。
でも無理かなぁ?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

雨、、、、なのに自転車なんだよなぁ

昨日は晴れて最高気温が28.4度まで上がって暑かったが、今日は朝から曇りで予報では夕方以降雨が降るとのことだったが、午前中から降りだした。
帰宅時までは降らないと思って今年初めて自転車通勤をしたが、完全に裏目に出たようだ(鬱)。
本当は昨日から自転車を使うつもりで一昨日表に出してタイヤに空気を補充してもらっていたが、昨日の朝にいざ乗ろうとしたところ、リアタイヤの空気が殆ど抜けていて乗れない状態だった。
とりあえず車で出勤し、帰宅後にタイヤをチェックして再度空気を入れたが、バルブの辺りから空気の抜ける音がする。
これはバルブの虫ゴムが駄目になったと思い、家の中を探してもらうとかなり以前に買っておいた予備のバルブが出てきたのでそれと交換。
外したバルブを見ると案の定ゴムが駄目になっていた。
交換後に空気を入れたところ空気漏れの音はせず、今朝になっても抜けていなかったので、無事に自転車が使えるようになった。
のは良いんだけど、まさかこんなに早くに雨が降り出すとは思わなかった・・・・・
置いて帰ることになるのかなぁ?

バルブを探している時に、「こんな時って、「こんなところにこんな物が」、って良くあるよね。」と話していたら、本当にいろんなものが出てきた(笑)。
三又の電源タップだとかショートタイプの電源延長ケーブルとか、耐水ペーパー(#80~#1000迄の各種)とかが出てきた。
なにか物を探していて、違う物や関係無い物が見つかるって良くあるよね(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

暑い!

Yahooニュース
にも記事が載っているが、今日の札幌は真夏並みに暑い!
13時現在の気温が27.8度と7月下旬並み。
朝の予報では今年初の夏日になると言ってはいたが、まさかここまで暑くなるとは思わなかった。
暑いのは今日だけで明日からは平年を若干上回る程度に落ち着く模様。
で、明日の夜から雨になり、週末はぐずつくとの予報。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

連勝!!!

プロ野球は昨日からセ・パ交流戦に入っている。
地元の北海道日本ハムファイターズは札幌ドームにセリーグ首位の読売を迎えての2連戦。
昨日の初戦は打線が爆発して16対6の大勝。今年のファイターズの戦い方を象徴するような派手な勝ち方だった。
3点を先制されるも相手守備の乱れから得たチャンスを生かしてあっさり逆転し、その後も打ち続けさらには相手のエラーにつけ込み着々と加点し快勝。
今日は1点先制された後すぐに逆転したが、再逆転されてしまった。
それでも5回の攻撃で先頭の田中賢介が左前安打(というか左翼手ラミレスのまずい守備)で出塁すると、すかさず森本ひちょりの犠打で2進。
3番稲葉の当たりは平凡な左飛だったが左翼手の捕球動作が緩慢なのにつけ込んで2塁走者の田中がタッチアップから3塁へ進塁。
次打者4番小谷野の時に投手のワイルドピッチで生還し同点に追いつくというファイターズらしいところを見せてくれた。
実は5回の読売の攻撃時に1死2・3塁というピンチがあったが、打者三振時に飛び出していた3塁走者(売り出し中の坂本)を鶴岡がけん制で刺して事なきを得ている。
6回にも打者三振時に1塁走者(先制本塁打を打ったイ・スンヨプ)が盗塁を試みるもまたもや捕手鶴岡が好送球で刺殺し勝ち越しを許さなかった。
6回裏には高橋信二・代打ヒメネスの2者連続本塁打であっさり勝ち越し。
6回から登板の林(今年読売から移籍)が7回につかまり1点を返されるも、建山がラミレスを三振に切って取りリードを守り、8回も抑えて最終回の武田(久)につなぐ。
その武田(久)は2死をとるが、坂本、小笠原に連打を浴び2死2・3塁のピンチを招くと、相手打者は4番のラミレスというピンチに。
それでも外角低目へのストレートとスライダーで空振りを取り追い込むと2-2からの5球目(だったと思う)も外角低めへのストレートで見逃しの三振を奪いゲームセット。
安定しない先発のスィーニーを6回途中から救援した林に今シーズン初勝利が付き、抑えの武田(久)は10個目のセーブをあげた。
結果的に5回に安打1本でもぎ取った1点が効いた形になった。
このような相手の小さなミスにつけ込んでいければ結果は着いて来るのではないだろうか?
10月に美酒を味わうことができるのはファイターズだと思いたい。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

2.0Aから2.7へ

Net Vista M42のCPUをPentium4 2.0AGHzからCeleronの2.7GHzに交換してみた。
このPCはチップセットがIntelの845GLなので、FSBが400MHzのCPUしか載せられない。
もともとはCeleronの2.0GHzが載っていたがPentium4に載せ換えていたのを、手持ちのFSB400のCPUの中で最も高クロックのCeleronの2.7GHzを選んでどうなるかを試してみた。

換装作業はSlimケースなので少々面倒。まずは上部ケースを止めているビス(1本)を外して上部ケースを外す。
その後光学ドライブとHDDの双方をビス(計5本、ケース前方4本、ケース内1本)を外しドライブを前方にずらすようにして外し、中央部の補強材の固定ビス(2本)を外して補強材を取り除く。
ここまでしてようやくCPUを交換することが出来るようになるので、ヒートシンクを固定している金具のビスを緩めてヒートシンクを外し、CPUを入れ替える。

換装する前後で同じベンチマークを取ってみた。クロックが35%も上がるのでどうなるかが楽しみ。
やってみて前回試したPC(Compaq Evo D320ST)と違う結果となったのが描画系とメモリアクセス。
前回はFSBが400から533になり、L2キャッシュが128Kから512Kと4倍になっているので、全体的にパフォーマンスが上がるかと思ったがそうではなかった。
これはFSBが変わってもメモリクロックやグラフィックコアのクロックには変化が無い為で、CPUに依存している部分しか性能は上がらなかったと思われた。
今回はFSBを変えずに(というか変えられない)クロックを上げたが、L2キャッシュは512Kから128Kへと1/4に減っているので、演算系も単純に速くなるとは思えないし、メモリ周りや描画系はあまり変化が無いと思われる。
まずSuperPi104万桁は速くはならず、逆に遅くなってしまった。
反対にHDDベンチは全体的にスコアが上がった。
演算系はほぼクロックの比率通りに速くなり、描画系も一部を除き速くなったが、クロックの比率通りにはならなかった。しかも前回速くなった円の描画は殆どスコアが変わらず、他は速くなっている(DirectDrawを除く)。
メモリアクセスもクロックの比率通りに速くなった。
これらの結果をどう捉えれば良いのだろうか?
SuperPiが遅くなったのはL2キャッシュの容量が減ったことによりメインメモリへのアクセスが増えたためと推測できる。
HDDベンチのほうはというと、演算系が速くなるのは判るが、前回殆ど変化の無かった描画系が速くなったのが不思議。
チップセットが845GEと845GLという違いがあるものの、この両者は内蔵グラフィックスコアのクロックが違う(845GEは266MHz,845GLは200MHz)のと外部AGP対応の有無くらいで基本的な機能に違いは無い様なのにも拘わらず、何故描画系のスコアが良くなったのだろうか?
845GLのほうはCPUに依存する部分が多いのだろうか?謎である。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

自動車税減免

昨年11月にTOYOTAのプリウスを買った友人が、「自動車税が安くなった」と大喜びで納付書を見せてくれた。
そこには確かに¥17,000少々の金額が書かれている。
今はハイブリッド車を購入した場合、登録翌年の自動車税の概ね50%が免除されることになっているから、排気量1000cc超1500cc未満となるプリウスは年額¥34,500の約半分の上記の金額になることになる。
(今日発売になる3代目プリウスはエンジンが大きくなり1800ccになるので、自動車税も上がるんだろうなあ)
昨年までは1800ccの車に乗っていて年額¥39,500だったので、年間で¥22,000超の差額となり、これはけっこう大きい金額だと思う。
残念なのは減免措置を受けられるのは、登録の翌年だけだということだな。
本人にそう言うとかなりがっかりしていた。一緒にいた人の中には3代目を購入した人もいたが、その人も残念がっていた。
翌年度以降も継続して減免されるように税法の改正がされないかなぁ?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。