実写のヤマト?!

実写版宇宙戦艦ヤマトのキャスト(一部)が発表された。
驚いたのは佐渡先生が女性(高島礼子)にされてしまったこと!
なんで?どうして?真面目に作る気あるの?って言いたくなるキャスティング。
沖田艦長に山崎努ってのはまだ良いと思うけど、古代進にキムタクってどうなのよ?
キムタク人気に乗っかろうとしてるのが見え見え。
#キムタクだということで無条件に賛成しているblogもあるけどねぇ、、、、
そもそも実写化そのものに無理があると思うけどねぇ。
なんか相原通信長も女性だっていうし、「もうヤマトじゃ無い!」って言う人多いんだろうな。
キャスティングの段階でこれほど変えるんだったら、全く別の話になるような感じがする。
キャラクターの魅力もヤマトの魅力の内だと思うけど、それを捨ててしまうのか?
こうなると何もヤマトじゃなくてもいいんじゃないかな?
製作陣は基本設定の一部だけを生かして(借りて?)別の作品にするつもりなのではないだろうか?
そうなるとオリジナルのヤマトに対するオマージュ的な作品に終わるだけのような気がする。
もしかすると「ヤマト」の名前を使いたかっただけなのか?

公開まではいろんなところで話題になるかと思うけど、公開されたらその瞬間に終わるんじゃないだろうか?
こうなれば年末公開のCG多用のアニメ版にちょっとだけ期待しようかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す