アメリカがウクライナに「A-10」を供与???

一部の報道ではアメリカがウクライナに同国の対地攻撃機「A-10」を供与(するのではないか)という記事があったそうな。
憶測記事なのだろうが、実戦で能力が証明されている機種なので「さもありなん」と言った感じではある。
しかも「A-10」というとその設計には旧ドイツ空軍でJu-87(後にG型に機種変更)を駆っていたハンス=ウルリッヒ・ルーデル(Hans-Ulrich Rudel、最終階級は大佐)がかかわったことで有名。
本当に供与される可能性は低いと思うけど、第二次世界大戦中は旧ソ連から賞金を懸けられ、スターリンからは名指しで「ソ連人民最大の敵」と呼ばれるほど大被害を与えた急降下爆撃の神様が生んだ機体が時代を超えてロシア軍を攻撃するなんて凄いねぇ(笑)。
と言うか、それくらいしないとロシア軍を追い返すのは難しいのか。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す