札幌は震度0だったようだ

先ほど11:14頃に発生した地震の震源等が気象台から発表された。
それによると震源は浦河沖の太平洋で震源の深さは80Km、地震の規模を示すマグニチュードは4.8とのこと。
震源が比較的深かったこともあり、北海道から東北の太平洋川北部にかけての広い範囲で揺れが観測されている。
最大震度は日高の太平洋側で3を観測しているが、それほど大きな揺れは無かった模様。
札幌市内でも北2条にある気象台では震度0だったようで震度の発表は無かったが、その他の地域では震度1が観測されているところもある。
この程度なら被害は殆ど無かったのではないのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す