ススキノに屋台村?

北海道新聞の報道によると、札幌のススキノに新しい屋台村「ススキノ横丁」がオープンする予定とのこと。
たしかにススキノにはラーメン横丁のようなところはあるが、多種のお店が集まった屋台村(帯広の北の屋台のようなところ)が無く、近隣地区では狸小路と創成川東側(二条市場の中)にある屋台村しか無かったと思う。

報道によると札幌の不動産管理会社が「すすきの市場」近くの空きビルを利用して企画し、本来であれば4月下旬にオープン予定だったが、東日本大震災の影響で設備資材が不足して工事が遅れ、6月にずれこんだとのことだ。
当初はビルの1階を利用した10店舗で始め、行く行くは2階部分にも広げる予定で、3階と4階部分には飲食店を入居させる予定との事。
実際にどのビルを利用するかは記事には書かれていなかったが、住所と造りからある程度は見当を付けることができたと思う。
オープンしたら一度は覗いてみようかな?

この屋台村を企画した不動産会社を調べてみると、元々他の管理会社(ハウスプラザ)で管理業務をしていた人が、平成20年に独立して興した会社らしく、主にススキノのテナントや中央区のマンションの仲介と管理をしているらしい。
上手くいけば寂れつつあるススキノの南方面へ人を引き付ける起爆剤になるかもしれないなぁ。
そうなれば周辺の飲食店にとってもプラスになるだろう。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す