CFリーダー(/ライター)

私が使っているデジタル一眼レフカメラの中には記録メディアがコンパクトフラッシュ(CF)のものもある(「EOS D30」~「EOS 50D」)。
なのでPCに取り込む際にはCFリーダーを使っているんだけど、これが時々CFの挿入が出来なくなる代物(汗)。
原因は中のピン(の一部)が曲がってしまうためで、無理やり挿入しようとするとピンを折ってしまって駄目にしてしまうので、少しでも挿入し難いと感じたらピン曲がりを確認して必要ならピンセットで修正しながら使っている。
以前使っていたのはこんなこと無かったのにな、と思い比べてみると今使っているのはCF挿入部分の左右に遊びがありすぎて挿入時にずれやすいためと分かった。
CFの外形は規格でサイズが決まっているのだから遊びなんて1mmも要らないと思うんだけど、2-3mmはある感じ。
これだけ左右にずれてそのまま挿入したらピンがまともに穴に入らないのは当然だよなぁ、、、
USB3.0対応で速度が速いのは良いが、これでは買い替えたほうが良いかもなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

2 comments to this article

  1. 千歳

    on 2019 年 12 月 16 日 at 10:26 AM -

    私も全く同じ目に合ったことあります。
    早い内に買い替えた方が良いですよ。そのうち、へんにCFカードの方に影響でたりしますし。

  2. tan

    on 2019 年 12 月 16 日 at 10:52 AM -

    >千歳さん
     そうですか、やはり買い替えが良さそうですね。

コメントを残す