非常時用のバックアップに

昨年の秋に北海道では胆振東部地震があり、全道的に影響が出た大規模停電が発生した。
私の自宅や仕事場も停電し復旧するまで1-2日の間は電気無しでの生活を強いられた。
そんな時のために下の様な非常用電源があればある程度はしのげる筈。

商品の説明を読むと普段はAC100Vのコンセントに接続して蓄電しておいて、停電時には自動的にこの装置から給電されるとのことなので、切り替えの手間は不要(切り替え時間は20mSec)。
また、自家発電装置(太陽光、風力等)で発電して余剰となった電力を蓄えておき、夜間や無風時の無発電時にはこの装置からの給電に切り替えて商用電力を消費しないで済むようにも出来るらしい。
容量が本格的な蓄電装置に比べて少ないので、非常用と言っても節電してもせいぜい数時間しか給電できないだろうが、それでも無いよりはずっとマシ。
さらに、太陽光発電等で売電していても設置から10年が経過すると売電価格の保証が無くなるので、電気を売るよりも自宅で消費する方が得になるから、このような装置に蓄電しておくのも一つの手段かも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す