「キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-」

2013年公開の3DCG映画「キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-」を見た。

前編CGで製作された画面は凄かった!
でも、これのどこが「キャプテンハーロック」なのだろう?
設定もストーリーも原作とはかなり異なっていて(というかストーリーは完全に別物)、全くの別作品になってしまっている。
この内容ならなにも「ハーロック」にする必要も無く、完全オリジナルで良かったのでは無いだろうか?
キャスティングはメインに人気俳優を起用し、脇にはベテランの声優さんを入れて固めていた。
個人的にはKEIの中の人が先日出産された沢城みゆきさんだったのがポイント高いな。
とはいえ、このキャラも原作の有紀螢とは全く異なる性格付けをされているのがなんとも残念。
ストーリーそのものは悪くは無いんだけど、どこか納得できないシーンやカットがあり、時折首をかしげることもあった。
これはエンディングテロップで脚本担当の名前を見て納得したけどね(笑)。

総じてこの映画は原作を知らないor思い入れが全く無い人なら楽しめるかもしれないと感じた。
日本での興行成績が振るわなかったのも良く判るというものだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す