”熊肉が臭い”って、、、

WEB小説を読んでいたら、食事で熊の肉を食するシーンがあり、”癖と臭みが強い肉”とか”獣臭く固い”なんて書かれている。
まぁ、別世界での話となっているのでこの世界の熊とは違うのかもしれないけど、作者がこの世界の熊肉をモデルにしてこのように書いたのであれば、作者はまともな熊肉を食べたことが無いのではないだろうか?
どんな肉でも(たとえ魚であろうと)血抜き処理をきちんとしないと臭みが出てしまうことは広く知られている通り。
食用として飼育されている牛や豚は屠殺後にきちんと処理をされているから臭みは出ないが、野生の動物の場合は狩ったところですぐに処理をするか、少なくとも時間を空けずに処理をしないと肉に血が回ってしまって臭くなってしまう。
また、即死させられずに逃げまわられるとその間にも血が回ってしまう。
特に熊の場合は夜間に狩られることもあり、ハンターがすぐには処理をせずに明るくなるまで死骸をそのままにしてしまうことが多いと複数の猟師さんに聞いた。
そうすると全身に血が回ってしまって肉に臭みが付いてしまって美味しくなくなってしまう。
私も初めて熊肉を食べたときはそのような臭みの強い肉だったので熊肉は臭くて不味いものと思っていたが、きちんと処理された熊肉を串焼きで食べた時には臭みは全く感じられず美味しく頂けた。
なので、件のWEB小説の作者にもちゃんと処理された熊肉を食べて頂きたいものである。

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す