宝くじで1700億円超の当たりが出た!

アメリカの「メガミリオンズ(Mega Millions)」という宝くじで賞金が15億3700万ドル(約1730億円)という当たりくじが出た。
6つの数字を選ぶくじで当選者が出なければ賞金が積みあがるキャリーオーバーが繰り返され、先月の時点で9億ドルとなっていた。
それからさらに積みあがって今回の超高額の当選金となったらしい。
このくじの1等(ジャックポット)が出る確率は3億250万分の1、1枚当たりの販売額は2ドルということなので、6億500万ドル出せば全組み合わせが買えることになり、今回の賞金額はこれを上回る。

当選者は受け取り方法を30年分割にするか、一括で受け取るかを選択出来るが一括を選んだ場合は当選金が半額強に減額となる。
30年分割だと単純計算で1年あたり平均5千万ドル(約56億円)オーバーということになる。
これだけ貰えるんだったら毎年かなりの額を投資に回せるなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す