8mmビデオ

現在は動画を撮る機材としてデジタルビデオカメラ、もしくはデジタルカメラの動画撮影機能を使うのが一般的。
ウチでも子供が産まれるのにあわせてデジタルビデオカメラを買ったが、殆ど使われておらず専らコンパクトデジカメの動画撮影機能を使っている。
昔はビデオ(含むカメラ)と言うとテープを使うのが当たり前で、テープ時代がかなり長く続いた。
ウチにもVHSやベータのビデオデッキがいまだにあるし、親が旅行用に買った8mmビデオカメラもある。
今でこそ録画に使うことは無くなったが、結婚したての頃に行った沖縄旅行や、廃止になったふるさと銀河鉄道(旧池北線)に乗った時に撮影したテープが残っている。
そろそろカメラを処分しようかと言うことになり、残っているテープをDVDにダビングしようとDVDレコーダーにつないだところ、音声は出力されるが映像信号が出力されずダビングできなかった。
カメラのファインダーには映像が映っているのが見えるので、テープ自体には問題なさそうだけど、これではダビングが出来ない・・・ ダビングサービスに出すか、中古で安く8mmビデオの機材を買うかしないと駄目だなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す