超撥水加工された金属

ネットのニュースで見かけたのが”もの凄く水を弾く金属表面”の動画。
僅かに傾けただけで上から落とした水の全てが流れ落ちている様子が映されてる。

これはコーティングによるものではなくて、レーザーによる微細加工で実現しているということだ。
実用化されれば用途はいろいろと考えられるが、今のところ1インチ四方のサイズを加工するのに1時間かかるそうで、この点が実用化のネックになっているようだ。
それでも技術の進歩で加工速度は向上することが期待できるので、近いうちに実用化されるかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す