普段はちょっと不便だけど、RSRの会場には近いなぁ

札幌市北区で売りに出ている中古住宅がちょっと魅力的。
所在地は市内中心部からかなり離れていて、少し奥に行くと隣の石狩市に入ってしまうという場所(新琴似の奥のほう)。
築年は古いけど最近になって大規模リフォームをしているので、浴室等は新品になっていたりするし、キッチンもIH調理器に変更されていたりする。

私がこの物件で注目したのは所在地。
市内中心部へのアクセスは決して良くなく、公共交通機関を利用する場合はバスで地下鉄麻生駅まで行き、後は地下鉄を利用することになる。
自家用車の場合は一度追分通りに出てから新川通りに出るのが良いのかな?
どちらにしても今住んでいる場所に比べると時間も費用も余分にかかることになる。
じゃぁ、何故この所在地に注目するかというと、RSRの会場となる小樽市銭函五丁目へのアクセスが今よりもずっと良くなるからだ。
現在は片道で40分少々かかっているが、この中古戸建ての住所からだと半分以下の時間で行けるようになる。
価格もそれほど高くないからちょっと考えてみるかなぁ?    って、一年の内の二日間のために引っ越すわけにもいかないよね(爆)

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す