世界最高速度の「芝刈機」

ホンダが速度世界最高記録を目指して開発(改造)した乗用タイプの芝刈機の動画が以前公開されていたが、今回ギネスブックに「世界最速の芝刈機」として認定された。
認定された速度はなんと187.60km/h(これまでの記録は141.35Km/h)。

市販されていた元モデルの「HF2620」の614ccVツインOHVエンジン(20馬力)はエンジンは5倍以上のパワーとなる109馬力を発生する「VTR1000Fファイアーストーム」用Vツイン995ccに換装されている。
出力だけならもっと高出力の「CBR1000RR」用のエンジンがあるが、このエンジンは直列4気筒で幅があり、元の車体に載せる関係上Vツインを選ばなくてはならなかったのだろう。
ホンダはこの凶暴なエンジンを搭載した「HF2620改」をスペインのテストコースに持ち込み速度記録を達成した。
その他ミッションはパドルシフト付6速トランスミッションに変更され、フレームもクロモリ鋼を採用して製作された軽量高剛性のものとなっていたり、車体下面の芝刈り用の歯のカバーは軽量化のためにグラスファイバー製で軽量化した結果、0-100Km/h加速タイムは僅か4秒でスーパーカー並み。
4輪とはいえあの小さい車輪と短いホイールベースで180Km/h超のスピードで走るのは恐そうだし、タイヤもスペシャル仕様なんだろうな。
さすがというかなんというか(笑)

この「HF2620改」を芝刈機と呼んで良いのかということが気になるが。さすがに最高速での芝刈りは不可能だが、24Km/h程度の速度での芝刈り作業が可能なので立派な芝刈機と言え、これは通常の2倍の速度となるそうな。
つまりこの「HF2620改」を使えば普段の半分の時間で芝刈りを終わらせることが出来ることになる。
とはいえ残念ながら市販の予定は無い模様。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す