More from: SSHD

SSHDもありかな?

私がノートPCのストレージとして使っているのはSSDが多い。
ただ、容量単価がHDDに比べると高いので容量は多くても240GBクラスまで。
これだと大量のデータを保管するのには向かないので、もっと大きい容量のが欲しいけど、そうすると高くなってしまう。
デスクトップだと複数のHDDを搭載できるが、私のノートは1本しか搭載出来ない機種ばかり。
そんな時に気付いたのが楽天からのメールに載っていた下記の商品。

これは1TBのHDDに8GBのSSDがくっついたもの(SSHD)で、内蔵のコントローラーがアクセスの多いブロックのデータをSSDに集めてくれるのでよく使うファイルはSSD部分に集まって読み書きが速くなる。
アクセスの多いファイルとなるとOSが起動時に読み込むファイル等なので、OSの起動時間が短くなることが期待出来る(SSDほどは期待できないけど)。
反面あまりアクセスは無いファイルはHDDに書き込まれるので、デジカメで撮った写真とかでそれほどアクセスは多くないが、数が多くて容量を必要とするファイルはHDDに保存されることになる。
上の製品は発売が7年前の2015年の二月頃で、その時の価格は1万円を超えたあたり。
今ではその半額以下で買えるので意外と選択肢に入れるのもありかもなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「SSHD」と言うからてっきり(笑)

SEAGATEから「SSHD」の新製品が発売になっている。
「SSHD」というからてっきりsshのdaemonかと思ったが、そんなものが”発売”になるわけがないので良く見ると「SSDとHDDのハイブリッドストレージ」のことだった(汗)。
データセンター等向けのストレージ製品としては以前から販売されているが、今回SEAGATEから発売になったのは3.5インチHDDに8GBのNANDフラッシュを内蔵した個人向けの製品で、価格も2TB品で1万3千円程度、1TB品で1万円程度と安価なもの。
性能的には平均読み込み速度が158MB/Sec、フラッシュメモリ部分の読み込み速度が190MB/Secというもので、HDDより高速化されている(そうでなければ意味が無い)。
アクセス頻度の高いデータを選択的にSSD部分に配置することで全体的なパフォーマンスを上げているということなので、大容量も欲しいし速度も速いほうがいいという人には手ごろな製品かも。
SEAGATE ハイブリッド内蔵HDD [SATA・1TB] バルク品 Laptop SSHD ST1000LM014
B00E6M7SIU
amazonだと少々値段が高めだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。