More from: Jolly Jellyfish

今年(2019年)のRSR その18

祭太郎に挨拶をした後は自宅から会場に送った荷物を受け取りにサンステ右側のヤマト運輸のブースへ。
開場間もない時間帯のせいか並んでいる人も少なく、僅かな待ち時間だけで荷物を受け取りテントサイトの受付に行っている妻を待つ・・・つもりが早くも連絡が入っていてすぐに合流。
そのままテントサイトに移動と行きたかったんだけど、その前にレストランエリアに立ち寄ることにした。
考えてみれば朝食もまともに摂っていない(私だけは軽く食べたが)ので、設営の前に食べようというわけ。
また、毎年食べに行っているお店が今年は開場の端(サンステに向かって右端)でヤマト運輸のブースのそばにあって、ステージが始まってからだとお邪魔し難いというのも先に寄った理由。
最初に立ち寄ったのは「十勝元気村農園」さんのブース。

お店の方と再会を祝い挨拶を済ませてから買ったのは毎年食べている「十勝牛カレー」。

「十勝元気村農園」さんの「十勝牛カレー」

「十勝元気村農園」さんの「十勝牛カレー」。今年も「プチポテ」をサービスしていただいた。

妻は函館の「Jolly Jellyfish」さんの「ステーキピラフ(ステピ)」。


こちらもここ何年かは我々にとっては”定番”メニューとなっている。
今年は初日が中止なったので会場で食事をする機会も少ないので、まずは定番を選んだというわけだ。

「Jolly Jellyfish」さんで買った「Sapporoクラシック」。

「Jolly Jellyfish」さんで買った「Sapporoクラシック」。


二人ともビールを飲みながら食事を済ませてからテントサイトに移動。

昨年同様荷物を受け取ってからテントサイトまでの移動が厳しい。
なんと言っても自宅から持って来た椅子等と送った荷物のほぼ全てがカートに乗っているので、比較的平らとは言え不整地である会場内を曳いて歩くのは結構厳しい(汗)。
途中で少しの休憩を挟みながらテントサイトを目指し、なんとか辿り着いた。
テントサイトでは風が強かったがなんとかタープを設営し、荷物を中に入れて少々休憩。
タープを張るのはRSRの時だけなんだけど、何度もやっているのでいい加減慣れたな(汗)。

続きは別記事で。

←クリックしてくれると嬉しいです。

今年(2018年)のRSR(その29)

ちょっと間が空いたけど、今年のRSRで食べたものの感想の続き。

函館「Jolly Jellyfish」さんの「ステーキピラフ」


二日目最初のステージである「BiSH」を観た後は妻が買っておいてくれた函館「Jolly Jellyfish」さんの「ステーキピラフ」(ステピ)をテントで食べた。
かなり冷めていて折角のステーキが固くなりつつあったのが残念だったけど、やっぱり美味しかった!
それに昨年の二日目の夜に食べたのと違って盛り付けがちゃんとしている(笑)。
ただ、今年は私たちのテントサイトから遠かったので、買いに行きにくかったのが残念だったな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

今年(2016年)のRSR その4

今年はテントサイト等、会場内からのブログアップが全然出来なかった。
一個前の記事に書いたように既に帰宅しているけど、ここから今年のRSRについての感想等を書いてみることにする。

mixiのコミュの企画に参加した後は、サンステよりに移動して祭太郎のブースに顔を出し恒例の口上を聞いた。
その際、子供は年の近い子供がいたので一緒に遊んで貰って楽しんでいた。

一遊びしたところで昼食ということにして、妻が食べるといっていた函館は”Jolly Jellyfish”の「ステーキピラフ」で腹ごしらえ。

”Jolly Jellyfish”の「ステーキピラフ」

”Jolly Jellyfish”の「ステーキピラフ」

いやぁ、これ、美味しかったなぁ!。
ステーキも美味しかったけど、ピラフがこれまた旨い!
この「ステーキピラフ」、肉好きのウチの子供にも受けて、私の分の肉は半分近くが子供のお腹の中に納まってしまった(汗)。
子供はさらに付け合せにのっていたコーンもお気に入りのようで、こちらは大半が子供の口に(笑)。
量も適度(大食いの人には全く持って物足りないだろうけど)でこれで700円は”フェス飯”としては安いと思う。
今度、函館に行ったらお店にも行ってみたいね。

続いて、私が好きな”大八栗原蒲鉾店”の「お祭り棒天」を食べて大満足。
食べ終わると、この日最初のステージとなる「PUFFY」のステージを観るためにレインボウシャングリラに移動したが、それに関しては別記事で。

←クリックしてくれると嬉しいです。