More from: コンデジ

コンデジを買い替えた

昨年末にコンデジが壊れたので買い替えをすることになり、昨日の帰りに量販店に行って買って来た。
買ったのはここでも書いたようにCanonの高倍率ズーム機「PowerShot SX720 HS」。

このスタイルの高倍率ズームレンズ搭載コンデジはこのシリーズの後継機「PowerShot SX740 HS」と下位の「PowerShot SX620 HS」、SONYの「DSC-WX350」「DSC-WX500」「DSC-WX800」「DSC-HX99」、Nikonの「COOLPIX A1000」、Panasonicの「DC-TZ95」とある。
これらの機種のファインダーを比較してみると、
EVF搭載:「DSC-HX99」「COOLPIX A1000」「DC-TZ95」
チルト液晶搭載:「SX740HS」「DSC-WX500」「DSC-WX800」「DSC-HX99」「COOLPIX A1000」「DC-TZ95」
EVFまでは不要としてもチルト液晶は欲しくなるが、それなりに価格が上がってしまうのと厚みが増えてしまうのがネック。
SONYの下位機種(DSC-WX350」「DSC-WX500」)を触ってみた感じではコンパクトな点は良いんだけど、これまで使っていたCanon機と操作がかなり異なり戸惑いそうだしCanonの最新機種「SX740HS」は高いのと厚みが増えたので、結局はCanonの「SX720HS」を選んでしまった。
#Nikonの「A1000」が4万円を切っていれば買っていたかもしれないけど、これも大きくて重たいんだよなぁ、、、
今回は単に買うだけならネット通販でも良かったんだけど、これまでコンデジは全て店頭で買っていたし、実際に触ってみたかったというものある。
さらに駄目元で価格交渉(値切りとも言う)をしたところ、少しだけど引いて貰えたのは良かった(お店までの交通費以上は引いて貰えた)し、これはネット通販では出来ないことだ(汗)。

今回の機種でコンデジは5台目となるが、これから何年かは活躍して欲しいところだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

SDカードが不調・・・

一昨日のこと、コンデジで撮影しようとしたら”カードがロックされています”とメッセージが出て撮影が出来なかった。
SDカードを入れる際にロックレバーが動いたのかもしれないと思い取り出してみたがアンロックの位置にあるので、再度入れ直したが症状は変わらず。
その時は撮影を諦めたが、少々時間を置いてから試したところ問題無く撮影が出来た。
ところが、撮影したデータをPCに読み込んだ際に最後の1枚で引っ掛かった。
なんとファイルシステムに異常があるということでカードの内容が全く読めなくなってしまった。
カメラに戻しても「カードが異常です」と出てしまい、フォーマットする以外の手立てが無くなってしまったorz。
カメラでフォーマットしたところ読み書きできるようになり、失ったデータも最後の1枚だけだったので損害は殆ど無いんだけど、何年も使っているカードなのでそろそろ買い替えた方が良いのかな?

コンデジ用だしそれほど高性能のは要らないから2枚でこの価格程度ので十分。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「SX730HS」が入っていたのか・・・

市内の中古カメラショップにCanonのコンデジ「SX730HS」が入荷していた。
今日になって気付いたが、数日前に入荷していたようで既に売れてしまっている。
私が使っている「SX700HS」の3代後のモデルで、レンズが25-750mmから24-960mm(ともに35mm換算)になり、背面液晶がチルト式になっている。
今の「SX700HS」を買ったのが5年以上前で最近AFの調子が良くない時があり、買い替えを本気で考えないとならないところなのでちょうど良かったんだけどなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

リコーのGRIIIがコンデジのトップ

ヨドバシカメラの六月下旬のコンパクトデジカメ売り上げランキングが出た。
その記事によるとリコーの「GRIII」がトップで、2ヶ月半連続のトップとなった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[3年保険付] RICOH GRIII コンパクトデジカメ[02P05Nov16]
価格:110636円(税込、送料無料) (2019/7/10時点)

ランクを列記すると

1位 リコー GR III(118,080)
2位 ソニー RX100VI(148,470)
3位 ソニー RX100III(66,420)
4位 キヤノン PowerShot G7 X Mark II(65,400)
5位 ライカ 19050ライカQ2(702,000)
6位 ソニー RX100V(110,970)
7位 キヤノン PowerShot SX720HS(26,270)
8位 ソニー RX0M2(89,650)
9位 ニコン COOLPIX W300(31,900)
10位 キヤノン PowerShot SX70HS(52,600)
※()内は7/10時点での販売価格(税込み)

となっており、全体的に高価格帯の製品が多く、5万円以下はCanonの「PowerShot SX720HS」とNikonの「COOLPIX W300」の2台のみ。
驚きは70万円超のライカの「19050ライカQ2」が5位に入っていることで、これ1台の価格で他の9台全部を合わせた価格(709,760円)とほぼ同じ。
さすがに2万円台の「PowerShot SX720HS」より台数が出ているとは考え難いがどうなんだろう?
もし台数ベースでのランキングだとすると、安価で低スペックのコンデジはスマートフォンに置き換わってしまっていて売れないということなのだろう。
低価格帯でランクインした2機種は”高倍率ズーム”と”水中用”というスマートフォンには無い機能が評価されてのことだろう。
それにしてもコンデジも一部のカメラユーザーのための物になってしまった感があるなぁ、、、(汗)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ライカ 19050 コンパクトデジタルカメラ ライカQ2[19050]
価格:702000円(税込、送料無料) (2019/7/11時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

「DSC-T1」で4GBのメディアが使えた

子供におもちゃとしてSONYの古いデジタルカメラ「DSC-T1」を与えている。
最近はなにかあると自分も撮る!と言ってこのカメラを持ち出してくるようになった。
先日、子供が”バッテリーが無い”と言ってきたのだが、よく見ると減っているのはバッテリーの充電マークでは無くメディアの残容量のマーク。
512MBのメモリースティックデュオを入れていたのだけど、結構撮影したらしく撮影可能枚数が6枚まで減っていた。
本来ならデータを吸い出してメディアに空きを作るんだけど、ちょっと面倒だったので手元にあった4GBのメディアを入れたら無事に認識して1400枚以上撮影可能となった。
あらためて調べてみると、この機種は4GBのメディア迄対応しているということだったので、別におかしなことでは無かったようだ。
これでしばらくは大丈夫かな?

もう一台ある「DSC-T20」のほうは8GBのメディアにも対応しているようで、今のところはmicroSDHC-メモリスティックデュオアダプターにmicroSDHCカードを入れて運用している。
こちらはどれだけの容量のメディアが使えるのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKONがコンデジ2機種を正式に発表

NIKONは以前から噂になっていたコンデジ2機種を海外で発表した。
一つは「Coolpix A900」後継の「A1000」でかなり前から認証機関に登録されたりしていたが、ようやく発表になった。
もう一つは「B600」で、光学60倍ズームレンズを搭載している。
デザイン的に軍幹部中央がペンタ部のように見えるのでEVFを搭載しているかと思ったらこれが非搭載・・・
反対に「A1000」にはEVFが搭載されているのでホールディング性は良さそうに思える。

「A1000」のほうは今使っているCanonの「Powershot SX700HS」からの買い替え候補になりそうだな。
もしくは「A1000」登場で安くなりそうな「A900」も狙い目か?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン COOLPIX A900(ブラック)
価格:28000円(税込、送料無料) (2019/1/17時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

そろそろ買い替えだなぁ、、、

4年前のRSR直前に買ったCanonのコンデジ「Power Shot SX700HS」のショット数が今年のRSRから帰ってきたら2万枚を超えていた。
しばらく前からセンサーにゴミが付着していたり、時々ズームレバーの効きが悪くなったり、買った直後くらいからモードダイヤルの接触が悪くなったりでそろそろ買い替えかな?と思うようになって結構経った。
今でも買い替えていない理由は新しい機種を選ぶのに迷っているから(汗)。
高倍率ズームレンズは必須で、その条件だけで機種はかなり絞られてしまって候補はCanonの後継機種である「SX720HS」「SX730HS」、Nikonの「A900」くらいしか残らない(最新機種である「SX740HS」と「A1000」は高いので候補からは外れる)。
この3機種の中でどれが良いかで今でも迷っているというわけだ。
「SX720HS」は安いんだけど背面液晶が固定式、フリップ液晶となった「SX730HS」は1万近く高いのと重たくなったのがネック、「A900」も重たいのが気にかかる。
店頭で実際に触ってみても甲乙つけがたいんだよなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

2万ショット間近

4年前のRSR直前に購入したCANONのコンデジ「PowerShot SX700HS」がもう少しで2万ショットになろうとしている。
年平均で5000ショットということになるわけだ。
デジカメは他にも一眼レフやミラーレスもあるけど、常に持ち歩いているのはこのコンデジだから枚数も多くなるんだよなぁ。
そろそろ買い替えたいけど、なかなか踏ん切りがつかない(汗)。
やっぱり後継機種が良いかな?

NIKONの「A900」も捨てがたい魅力を感じるんだよねぇ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

CANONが「PowerShot SX 740 HS」を正式に発表

先週末に詳細スペックがリークされたCANONのコンパクトデジカメ「PowerShot SX 740 HS」が正式に発表された。
スペックはリークされた通りで光学系等は先代モデル「PowerShot SX 730 HS」と変化無く、基本的には映像エンジンがDIGIC8になり4K動画に対応している。
24mm-960mm(35mm換算)の40倍ズームとチルト液晶は魅力、そこにDIGIC8も加わってさらに魅力的なモデルになったな。
発売は8/30の予定、ということはRSRには間に合わないか(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

CANONの高倍率ズームのコンデジがモデルチェンジする?

コンパクトデジカメ(コンデジ)はCASIOが撤退する等して市場が縮小していているが、これはスマートフォンのカメラ機能が向上し、安いコンデジではスマフォと差別化出来なくなっているため。
反対にスマフォのカメラでは、真似のできない高倍率ズーム(20倍以上)とか、大きなセンサーサイズ(1型以上)による表現の豊かさを誇るプレミアムコンデジ市場はまだまだ需要があるようだ。
そんな中でCANONが高倍率ズーム機「SX730HS」の後継機を近々発表するらしいとのこと。
既に認証機関へ登録された中にはそれらしい機種があったようで、発表は時間の問題とも言える状況だった。
新機種はおそらく「SX740HS」となるだろうが、今回はどの辺りをリニューアルして来るのかちょっと楽しみだな。

新機種が出たら上の「SX730HS」は旧機種となって値下がりしないかなぁ(笑)

←クリックしてくれると嬉しいです。