More from: 雲丹

新家寿司の雲丹

6/18に行った古平町の新家寿司で頂いてきた雲丹。

古平新家寿司の雲丹(赤:エゾバフンウニ)

古平新家寿司の雲丹(赤:エゾバフンウニ)


普段は軍艦で頂いてくることが多いが、この時は写真のような小鉢で頂いてきた。
このお店で出している雲丹には二種類あり、写真の雲丹は「エゾバフンウニ」で、お店では「赤」と呼んでいる。
もう一種類は「エゾムラサキニウニ」で「白」と呼んでいる。
どちらも美味しいけど、味が濃厚なのは「赤」。
他では雲丹を食べられない私だが、ここのは美味しく頂ける。
シーズン中にもう一度は行きたいな。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

雲丹が美味しかった・・・・・・・

6月になって積丹方面の海栗漁が解禁になったので、今日は久々に古平町の新家寿司に行って来た。
目的はもちろん美味しい雲丹を食べること。
自宅を出たのが昼過ぎでしかも昼食前だったので、途中で軽く昼食を食べてから向かった(空腹の状態で行くと際限なく寿司を握って貰うことになりそうなので)。
着いたのは午後3時少し前で、普段ならその時刻は自分たち以外のお客さんがいることはあまり無いのだが、今日は雲丹目当てのお客さんが他にも数組来ていた。
なぜ雲丹目当てということが判ったかというと、皆一様に雲丹ちらし用の桶がテーブルに載っていたから(笑)。
私たちの後からも何組かお客さんが来たけど、皆雲丹ちらしを注文していた。

かくいう私たちは雲丹(赤:エゾバフンウニ)をちらしではなく小鉢で頂き、それをつまみながら握りを数貫ずつ頂いてきた。
#雲丹ちらしを頼んでしまうと、それだけで満腹になってしまい、その他のネタを食べることが出来なくなってしまう。
私が今日頂いてきた握りは
・さくらます(背、腹)
・たこ
・本マグロ(中トロの赤身寄りの部位)
・たけのこ(ウスメバル)
の4種5貫。
どれも美味だったが、中でもたけのこは白身魚なのにこの時期でも脂が乗っていて、口の中に旨みが広がり少々驚いた。
さくらますは背と腹の部分で味が違い、背の方が味が濃いが脂の乗りは腹のほうがある。
どちらを選ぶかは好み次第かな?
久々(3ヶ月振り?)の新家寿司で美味い寿司と雲丹を味わった一日だった。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

雲丹食べてきた♪

車のブレーキトラブルはあったものの、走れない訳ではないので、当初の目的である雲丹を食べに古平の新家寿司まで行ってきた。
着いたのが午後3時過ぎと昼食時を過ぎていたので、先客は4組程しかおらず、すぐにカウンターに座ることが出来た。
小樽のニッサンディーラーで予想外に時間がかかったのが結果的に良かったみたい。
それでも遅めの昼食となったため結構お腹が空いていたので早速雲丹を軍艦で頼んだ。
頼んだのは白雲丹(ムラサキウニ)と赤雲丹(エゾバフンウニ)の両方で、どちらも美味しかった~。
後は柳の舞とタケノコとを頂き、その後で塩ラーメンを食べ、最後にサクラマスを頂いてきた。
一緒に行った妻はラーメンは食べずに、赤雲丹の小鉢を頼んでいたので、塩ラーメンとの物々交換で少々貰って食べた。
もともと雲丹が苦手な私でもここの雲丹なら美味しく頂くことが出来るので、毎年この時期になると食べに行っている。
積丹や古平では雲丹の漁期が6~7月の二ヶ月間なので、この時期には雲丹を目当てに来る観光客が多く、昼食時に行くとかなり待たされることになるので、普段は時間をずらしていくようにしている。
#一度昼食時に行ったことがあるが、数十分の待ち時間があった。
今日もテーブル席のお客さんはうに丼を頼んでいたらしく、赤雲丹をたっぷり乗せたうに丼が運ばれていった。
機会があれば今年はもう一回雲丹を食べに行きたいなぁ・・・・・・

新家寿司で食べた雲丹の軍艦。手前が赤雲丹で奥が白雲丹。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

雲丹ぃ~♪

6月と7月は積丹で海胆漁が解禁になる期間。
なので、今日はこれから古平まで食べに行く予定。
元々雲丹は苦手だったけど、明礬加工されてない美味しい雲丹なら食べられる(笑)。
楽しみ楽しみ♪

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

雪秩父に行って来た!

思いたったが吉日(by三姉妹)
というわけで、行ってきた雪秩父。
いやぁ、硫黄の匂いが取れないよー。
天気も良くてドライブにも良かったなぁ!
途中でふきだし公園にも寄ったし、帰りには新家寿司で雲丹をはじめとして旨い寿司を食べてきたし、良い一日だった。
写真等はまた後日。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。