More from: 青森

JR北海道の「お先にトクだ値スペシャル」

JR北海道では期間限定で「お先にトクだ値」というキャンペーンを実施中。
早期に予約することで北海道新幹線が50%オフ、北斗が40%オフ等の割引が受けられる。
利用条件はオンラインによる申し込み「えきねっと」を利用し、北海道新幹線の「お先にトクだ値スペシャル」は乗車日の1ヶ月前の午前10時00分から 乗車日20日前の午前1時50分まで、特急列車の「「お先にトクだ値」は乗車日の1ヶ月前の午前10時00分から乗車日13日前の午前1時50分までに申し込みをすることで、設定期間は共に12/15まで。
これを利用すると、新函館北斗から新青森まではやぶさの普通車自由席を利用で片道3,750円(半額)、札幌市内から新函館北斗(-函館)まで北斗の普通車指定席を利用で片道5,660円(40%オフ)で、通常時の7,500円/9,440円に比べて3,750円/3,780円安くなり、合計9,410円で新青森まで行くことが出来る。
札幌を9:28に出発し新青森には14:36に到着、帰りは新青森15:31発で20:35に札幌着となりこの区間を乗る”だけ”なら余裕で日帰り可能。
どうせなら津軽線の奥津軽いまべつから三厨までも乗って来たいな(汗)。
でもそうするには新青森から奥羽線で青森まで出て、それから三厨往復なので日帰りは厳しいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

揺れた

11時過ぎにごく弱い揺れを感じた。
周りで感じた人はいなかったんだけど、気象台の地震情報を見ると11:16頃に青森県東方沖を震源とするマグニチュード5.1の地震が発生していた。
この地震での最大震度は4で、札幌でも地盤が弱く揺れの大きい地域では震度2を観測している。
札幌管区気象台の震度計は震度1すら記録していないが、それでも揺れたことには間違いなさそうだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大間崎の「三色マグロ丼」

facebookを見ていたら5年前の想い出として当時書いたのが表示された。
写真もあって青森県大間崎で食べた「三色マグロ丼」が写っていた。
その時に撮った別の写真が下の写真。
時期的に冷凍ものしかないということだったけど、結構美味しかったなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

棟方志功記念館

先月、札幌の道立近代美術館で開催された「棟方志功展」を観に行った。
細かいことは判らないけど、いろいろな作品を見ることが出来て良かった。

青森市には棟方志功記念館があるので、機会があればこちらも観に行ってみたいと思う。
ちょうど来月の第二週辺りに休みを取って連休にするので、その時に行くことも検討してみようかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

来週は三連休かぁ

来週末は土曜日(3/18)が休みならば翌週の月曜日(3/20)が春分の日で休みなので三連休となる人が多いと思う。
私もその一人で三連休となる予定。
昨年も三連休となり妻が許してくれたので、初めて一人で北東北を回って来た。
その頃は”北東北フリー切符”という青森・秋田・岩手の三県のJR線が乗り放題という切符があった(今は無くなっている)ので、それを利用した。
初日は弘前まで行った後で大鰐温泉まで行って弘南鉄道の大鰐線で中央弘前まで戻り、その後で弘南鉄道の弘南線で弘前から黒石まで往復してきた。
二日目は「リゾートしらかみ2号」で弘前から五能線経由で追分まで行き、追分と男鹿の間を往復してから秋田、秋田からは「こまち」に乗って田沢湖線で盛岡まで。
盛岡からは「はやぶさ」で新青森、その後青森まで行って終了(青森駅で「はまなす」を見送った)。
最終日は青函トンネルを在来線列車が走る最終日だったので、青森から「つがる」で新青森まで行ってから「スーパー白鳥1号」で青函トンネルを抜けて、函館で「スーパー北斗」に乗り換えて札幌まで帰って来た。
五能線区間では天気もよくなりきれいな景色を堪能することが出来て良い思い出になった。
また機会があったら今度は家族みんなで行ってみたいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「函館・東北チャリティープロモーション2016」

昨日(7/3)はサッポロビール園他で行われた「サッポロビール 道産子感謝Day」に行って来た。
途中で用があったので大通公園を10丁目から3丁目まで歩いたのだけど、途中の8丁目でなにやらイベントが開かれている様子。
煙が上がっていたので焼き物等を食べることが出来そうな感じ。
近くまでいくと「函館・東北チャリティープロモーション2016」というイベントで、道南各地と東北各地の自治体等が出店している一覧があり、その中には地ビールや地酒の出店も見えた。
丁度天気が良くなって暑くなってきていたので、ビール園に行く前にちょっと喉を潤すつもりで立ち寄った。
出店リストを見て秋田の地ビールのお店と八戸のお酒の無料試飲の場所をチェックし、先ずは秋田の地ビールのお店に直行。
4種類のビールの中から私が選んだのは黒米と古代米を使ったという「古代米アンバー」というビールで、妻は一番人気だと勧められた「秋田美人のビール」を選んだ。
どちらも美味しかったんだけど、二人共好みとしては「古代米アンバー」のほうが良いと意見が一致。

ビールの後は八戸のブースで日本酒の無料試飲をさせていただいた。
置いてあったのは「陸奥八仙」「菊駒」「南部美人」をはじめとする十種類のお酒。
その殆どを試飲させて頂き、おつまみに南部せんべいまで頂いて、夏場限定の「桃川」の「杉玉 吟醸純米 生貯蔵酒」を一本購入。
冷やした状態で試飲させて貰ったらすっきりして美味しかったので、自宅で呑むのが楽しみだ。
桃川 吟醸純米酒 1800ml
B00IIGH1BY
これは限定では無い通常の純米吟醸。

杉玉吟醸純米生貯蔵酒 冷蔵商品 1.800ml
価格:2700円(税込、送料別)

←クリックしてくれると嬉しいです。

「とったどー」って(笑)

アニメ「ふらいんぐうぃっち」の第一話では、真琴がなおへのプレゼントということで、たまたま見つけた「マンドレイク(別名マンドラコラ)」を取るシーンがある。
その取った時の台詞が「とったどー、なんて」というもの。
いや、こんなところで浜口の真似しなくてもよいから(笑)。
だいたい「マンドレイク」がこんなところに自生しているわけ無いんだけど、だからこそ”珍しい”んだろうな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「ふらいんぐうぃっち」第一話

弘前を舞台にした”ご当地アニメ”が始まった。
原作に関しても全く知らなかったけど、先月(3月)北東北に行った際に宿泊した弘前の弘前駅等にはポスターや看板があったので気になっていた。
というか、それらで初めて知ったというのが本当(汗)。

第一話の冒頭で描かれていた弘前駅のホームや駅舎の再現度はなかなかのものだった。
もちろん細かいところの違いはあるし、駅舎の上部のカットでは”弘前駅”はしっかり映った(ただしJR東日本のロゴは無し)けど、”弘南鉄道”の部分は”弘”と”鉄”しか映されなかった。
その後描かれていたバスも”弘西バス”となっていたので、使用許可が下りなかったのかな?と思ったけど、冒頭の外観にはちゃんと描かれていた。
ちなみに和歌山バスには”弘西(ひろにし)”という停留所があるけど、これとは無関係だろう(笑)。
私は駅前しか知らないのでその他の風景の再現度は判らないけど、ロケハンをしっかりしていると感じたのでその他の風景も実際に存在するであろうことが想像できる。
ということで冒頭の弘前駅の外観と改札口を実際の写真と比較してみると下のようになる。

アニメの弘前駅の外観。”JR東日本”のロゴが描かれて無い。

アニメの弘前駅の外観。”JR東日本”のロゴが描かれて無い。


実際の弘前駅の外観。アニメの画像とは角度が違うけど、再現度が高いのは判る。

実際の弘前駅の外観。アニメの画像とは角度が違うけど、再現度が高いのは判る。


アニメで描かれた改札口。実際にはある時計が描かれていない。

アニメで描かれた改札口。実際にはある時計が描かれていない。


実際の改札口。

実際の改札口。


細かく見ると異なる点はあるけど、かなりの再現度だと思う。

第一話は物語の導入部分なので話は始まったばかりだけど、今後が期待できる作品だと思う。
ふらいんぐうぃっち(1) (講談社コミックス)
石塚 千尋
4063949923
ふらいんぐうぃっち Vol.1 [Blu-ray]
安野将人
B01D64Z3Z8

[Blu-ray] ふらいんぐうぃっち Vol.1
価格:5435円(税込、送料別)

←クリックしてくれると嬉しいです。

東北旅行番外編3

先日の東北旅行の途中で深浦町にある千畳敷海岸に立ち寄った。
「リゾートしらかみ2号」は15分ほどの停車ですぐに車中に入ったのだけど、千畳敷駅を出た直後に窓の外に見えたのが駐車場に停まっていた救急車とパトカー。
”なにかあったのかな?”と思って見ていると、岩場に救急隊員さん達が集まっているのが見えた。
さらにその足元には布と思われるものにくるまれた”何か”が・・・
いや、本当になにがあったのだろう???
119

←クリックしてくれると嬉しいです。

東北旅行番外編2

五能線の五所川原駅にはとても古い気動車が置かれていた。
思わず写真を撮ったのだけど、見ての通りかなり痛みが激しくなっている。
調べてみるとこの車両は1989年12月にJR東日本から津軽鉄道に譲渡された3両の内の一両(キハ22027:元キハ22 156)で、製造されたのは1962年とのことですでに廃車となっているらしい。

五所川原駅に留置されていたキハ22027

五所川原駅に留置されていたキハ22027

←クリックしてくれると嬉しいです。