More from: 日本ハム

ファイターズの斎藤佑樹が更改

プロ野球の北海道日本ハムは同球団所属の斎藤佑樹投手が契約更改を行ったと発表した。
早稲田実業高校の3年生の夏の甲子園では駒大苫小牧(当時)の田中将大投手(東北楽天->ニューヨークヤンキース)と決勝戦で投げ合い、前代未聞の決勝戦での引き分け再試合を投げぬき優勝し、駒大苫小牧の史上2校目となる3連覇を阻止したことで一躍有名になり「ハンカチ王子」のニックネームで人気も出た。
その後は早稲田大学に進学して六大学野球でも活躍し、卒業を前にしたドラフトで4球団に1位指名を受け、抽選で交渉権を得たファイターズに入団。
入団当初は期待もされ、初登板初先発でプロ初勝利をあげ、2年目には開幕投手として1失点で初完投勝利をあげる等の活躍もあったが、その後はあまり活躍することも無く、2013年と2015年及び2018年以降は勝ち星が無いうえ、今年は一軍での登板が無かった。
10年間での成績は88試合に登板し15勝26敗で、15勝の内11勝はプロ入り1年目(6勝)と2年目(5勝)に記録していて、その後の8年(1軍実質7年)では僅か4勝しかあげていない反面12敗している。
そのためか数年前から引退だの放出だの言われ続けて来たが、栗山監督は見捨てずにいて来年もチームに残すことになった。
私としてはそろそろ見切りをつけて第2の人生を歩ませた方が良いような気がするんだけどねぇ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズの有原がポスティングシステムでメジャーに挑戦!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは11/26に有原航平投手のポスティングシステムを利用した米国・メジャーリーグ)移籍を承認したと発表している。
既に申請済みで有原とメジャー球団の交渉期間は日本時間同日22時から12/27の7時までとなっている。

2014年のドラフトで1位指名を受け、2015年に入団してその年に8勝(6敗)をあげて新人賞を獲得。
昨年(2019年)には15勝で初の最多勝も獲得しているファイターズのエース。
今季は序盤でなかなか勝てずに苦しんでいたが、それでも最終的には8勝(9敗)をあげている。
今季までの6シーズンで二けた勝利3回と主力として活躍してくれた投手にいなくなられるのは痛いけど、今回のメジャー移籍が実現したらアメリカでも活躍して貰いたいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

栗山監督が続投

今週の火曜日(11/17)に北海道日本ハムファイターズが栗山監督と契約を1年延長することで合意したと発表した。
来季は同監督にとって10年目となり、自身の球団記録をさらに更新することになる。
監督に就任した2012年にはリーグ優勝し、2016年には2度目のリーグ優勝をするとともに広島カープを下して日本一にもなっている。
その後は5位-5位-3位-5位と4年でAクラス入りが1回のみと低迷しており、並みの監督だと退任していても不思議ではない成績となっている。
本来ならば今季限りで退任もあるところだろうけど、東京五輪が来年に延期されたため次期監督の有力候補とも考えられる日本代表の監督AIさん(仮名)を招聘するには無理があるための続投とも受け取れる。
来季、ファイターズが日本一になればさらに続投もあるかもしれないけれど、そうでなければ来季限りで退任だろうなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ、今季最終戦を勝利で飾る!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜千葉で千葉ロッテと対戦。
今季の最終戦となったロッテ戦を逆転で勝って今季の公式戦全日程を終了した。

初回に四番中田の今季108打点目となる適時打で先制したものの、その裏に4点を奪われ逆転された。
それでも二回に清水の今季第2号の2点本塁打で1点差とすると、四回にはその清水が適時打を放って追いつき、六回に西川の適時二塁打で1点を勝ち越した。
九回には大田の今季だ14号の2点本塁打で突き放した。
投手陣も先発の上原が初回に6安打1四球で4点を失ったがその後は二回三回と1安打ずつを打たれながらも無失点で切り抜け、2番手の加藤以降は安打を許しながらも相手打線を無得点に抑え込んだ。

ファイターズはこれで今季53勝62敗5分けでリーグ5位で全日程を終了。
序盤戦での出遅れと八月以降に勝ち切れなかった試合が多かったことでBクラスから這い上がることが出来なかった。
対戦チーム別ではなんと言っても首位のソフトバンクに6勝17敗と大きく負け越したのが痛かったが、戦力を考えるとこの結果も仕方ないかと・・・
それでも今年は渡邉や野村等、来期以降が楽しみな選手が出て来た。
主力選手(特に打線)の若返りが必要になってきている中で若手が台頭して来たので監督が使いどころを間違わなければ来期は期待できるかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ四連敗orz

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜大阪でオリックスとの今季最終戦に臨んだ。
先週の変則六連戦では5勝1敗と大きく勝ち越したが、この試合は3-4で惜しくも敗れ、先の西武戦からの連敗が4に伸びてしまった。

この試合で五番に起用された野村が自身3度目の一試合3安打で2打点で、一時は同点となる適時打も放ったが、同点にした直後に自身の失策から勝ち越し点を与えてしまったのは反省材料。
今年のシーズンオフは守備力を鍛えて試合でのミスを出来るだけ減らして欲しいな。

打点王争いをしている中田はこの日は打点無しで107打点のまま、楽天の浅村との差は3点で、お互いに残り試合数は1なので、まだまだ判らないな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ三連敗orz

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜埼玉で埼玉西武との今季最終戦に臨んだ。
今季前半は圧倒的に勝ち越していた相手に二連敗中だったが、昨夜も3-10で大敗し三連敗を喫した。

先発のプロ2年目吉田輝星が二回までに8点を失う乱調で試合を壊し、打線も相手を上回る12安打を放ちながら得点は僅かに3のみと効率が悪く”負けるべきして負けた試合”となった。
吉田輝星には来季に向けて反省をして貰いたい。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズは連敗orz

昨日はサッカーJ1でコンサが首位の川崎相手に思わぬ金星をあげてくれたが、プロ野球の北海道日本ハムファイターズは埼玉西武に4-5で惜敗し連敗となった。

ファイターズは先制したが逆転され、再逆転するも再々逆転されてしまい、その後は得点を入れられずに負けてしまった。
先制の2点適時打を放ったプロ入り2年目の野村が3打席目の一死満塁と4打席目の二死一二塁の好機で凡退したのが惜しかった。

今日はその野村と同期入団の吉田輝星が先発予定。
今季初勝利を挙げられるような投球を期待したいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズの連勝がストップ

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは所沢で埼玉西武と対戦。
前日まで大阪と札幌ドームでオリックスとの6連戦だったので移動日無しでの連戦となったこの試合、打線に疲れが出たのか七回一死まで無安打と抑えられ0-4で完敗した。
ファイターズの連勝は2でストップ。
チーム初安打が出た七回には一死一二塁で中田が三振、二死満塁となった場面では今季活躍する機会の多かった渡邉も凡退と、これでは投手陣を援護するどころではない。
今日は気持ちを入れ替えて試合に臨んで欲しいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズが連勝!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは札幌ドームでオリックスと対戦。
今季札幌ドーム最終戦となるこの試合で序盤から得点を重ねて7-1で快勝し昨日から連勝、さらに今季の対戦成績を12勝1分10敗にして勝ち越しを決めた。

先発の有原が五回まで3安打3四死球と走者を出しながらも失点はソロ本塁打による1点のみと試合を作り、六回以降は四人の救援陣が1イニングずつを無失点で抑えた。
打っては初回に相手守備の乱れから無死満塁となった場面で中田の併殺打の間に1点を先制。
二回と三回にも3点ずつを加えて序盤で試合を決めた。
特にこの試合で八番で先発起用されたプロ入り2年目の野村が2打席連続で2点適時打を放ち自己最多となる1試合4打点を記録する大活躍。
来季に向けての好材料となったと思う。

先発の有原は先にも書いた様に五回1失点でチームトップに並ぶ今季8勝目(9敗)をあげた。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズは快勝!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは札幌ドームでオリックスと対戦。
前夜は惜しくも負けて連勝がストップしたが、この試合は序盤から得点を重ね、先発の河野が六回を被安打3の1失点(自責1)と相手打線を抑えて6-1で快勝した。
投手陣は七回以降登板した中継ぎ陣が一人の走者も許さない好投、先だって今季限りでの引退を発表した浦野が三番手で登板し、打者一人を三振に打ち取って有終の美を飾った。
打線では打点リーグトップの中田がこの試合は4打席全て凡退で打点を稼げなかったが、2位の楽天浅村に6点差を付けている。
3位の柳田(福岡ソフトバンク)以下には20点以上の差があるので、事実上二人のマッチレースとなっている。
本塁打は1本先行されているものの射程圏内なので、2冠の可能性はまだまだ高いね!

←クリックしてくれると嬉しいです。