More from: 日本ハム

ファイターズ、大敗で連勝ストップ

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは地元のエスコンフィールドHOKKAIDOで東北楽天と対戦。
今季最多の16失点で大敗し連勝が2で止まった。
二桁失点は今季3度目。

ファイターズ先発の福島は二回に先頭打者を四球で出すと、味方の失策から連打を浴びて4失点(自責0)。
直後に味方も反撃するが、五回には連打と死球で無死満塁として無念の降板。
急遽(とはいえ準備はしていた筈)登板した生天目も相手打線の勢いを止められず3点を失う。
六回から登板の三番手上原、八回から登板の四番手齋藤友も抑えられず上原が満塁弾を含む7失点(自責7)、齋藤友も本塁打を含む2失点(自責2)と炎上。
結局失点/自責点の無かったのは2番手の生天目だけだが、被安打2本で満塁の走者を全て還されているのだから抑えたとは言い難い。

投手陣の崩壊で大敗したファイターズは勝率五割から借金生活に戻ってしまい単独3位には上がれなかった。
今日と明日はお返しに勝って貯金生活に戻って欲しいね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズが連勝でカード勝ち越し!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは地元のエスコンフィールドHOKKAIDOで福岡ソフトバンクと対戦。
1勝1敗の五分で迎えた第3戦、勝ったほうがカード勝ち越しとなるこの試合でファイターズが3-1で逆転勝ちし連勝でカード勝ち越しを決めた。
ファイターズがホークスに連勝するのは今季初めてで、カード勝ち越しは4/16-17の二連戦を1勝1分けで勝ち越して以来今季2度目。

ファイターズ先発の伊藤が6安打を打たれながらも失点は三回の1点のみの粘投。
最少失点にとどめたのはバックの好守もあってのことで、特に2-1と勝ち越した直後の七回表に俊足の周東を二塁に置いて右翼前に安打を打たれた場面。
周東の足もあって普通なら1点を奪われる場面だったが、四回に同点本塁打を打っている万波が本塁へ矢のような返球、しかも本塁ベースの僅かに三塁寄りという絶妙な場所への返球で、これを前日同じ周東の三盗を阻止した伏見が捕球し周東の足にタッチしギリギリで刺殺し失点を免れた。
伏見は直後の七回裏にダメ押しの適時打を放ちこの試合でも活躍。
3-1となった八回からは継投になり、二番手の池田と最終回に登板した杉浦がともに三人で片付けてファイターズが勝利!
先発の伊藤は七回1失点で自身の連敗を2で止め昨季と並ぶ今季7勝目、二番手の池田が今季3ホールド目、杉浦が今季3セーブ目を挙げた。

この三連戦は初戦こそ落としたものの、粘りのある試合をして三連勝でもおかしくなかった。
四月五月の頃の強いファイターズが戻ってきたかのようだな。
ファイターズはこの連勝で借金も返済し終わり五割に復帰、西武に勝った東北楽天と並び同率の3位に浮上した。
明日からは地元のエスコンフィールドHOKKAIDOでその楽天との三連戦、勝ち越せば単独3位に浮上することになる。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズが逆転でホークス戦連敗をストップ!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨日地元のエスコンフィールドHOKKAIDOで福岡ソフトバンクホークスと対戦。
3-2で逆転勝ちし対ホークス戦の連敗を7で止めた。
ホークス戦での勝利は4/16以来ほぼ三ヶ月ぶり。
いやぁ、ようやく勝ってくれたよ・・・

ファイターズは二回にレイエスの本塁打で先制するも、四回に無死満塁の危機から適時打で1点を奪われた。
それでも二塁走者の近藤を三本間の挟殺プレーで刺してアウトを一つ取ったのが後で効いてくることに。
さらに安打で1点を奪われ逆転されるも先発のバーヘイゲンは後を抑えて最少得点差で踏ん張った。
その後は八回表まで両チームとも無得点で試合は進み、迎えた八回裏に一死から代打の郡司が死球を受け、続くレイエスが四球で歩き一死一二塁と好機を作る。
続く石井が前日の同点本塁打に続きこの打席でも同点の適時二塁打を放ってファイターズが追いつく。
水谷の遊ゴロで三塁走者の松本剛が本塁突入するもここは憤死で二死となる。
ここで上川畑が投手の右を抜く中堅前への適時打を放ちファイターズが逆転に成功!
1点差で迎えた九回の表は田中正義が登板。
この田中が先頭の俊足周東(2023年のWBCの準決勝でサヨナラのホームを踏んだ足のエキスパート)に四球を与えると続く打者にも安打を打たれ無死一二塁の危機を招いてしまう。
田中がなんとか一死を取ると、二塁走者の周東が三盗を狙うが捕手の伏見が見事に刺して二死とした。
さらに打席に立っている相手四番打者が2ストライクから内角の球をバットにかすらせると伏見はミットに当て右後方に逸らしそうになるも右後ろに倒れ込みながら素手の右手で掴み三振に斬って取り試合終了。
最後までドラマのような展開やプレー満載の試合だった。
特に最終回の周東の三盗を阻止し、最後もファウルチップに喰らいついた伏見は良かったね!

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズは延長戦で競り負け連勝ストップ

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜地元のエスコンフィールドHOKKAIDOで福岡ソフトバンクと対戦。
ファイターズは先制されながらも万波の3年連続二けたとなる今季第10号本塁打で逆転。
惜しくも八回に追いつかれて延長戦に突入すると、延長十回に勝ち越し点を許すもその裏に石井が右翼二階席への今季第2号本塁打を放って追いつく粘りを見せる。
さらに直後の十一回には宮西が一死から連打を浴びて一三塁の危機を迎えるが、次打者を三振に打ち取り二死とすると代わった山本拓も期待に応えて相手打者から三振を取って凌いだ。
その裏に二死から安打で出たマルティネスに代わった代走の中島卓を一塁に置いて野村が左翼線に二塁打を放ち二三塁とサヨナラの好機を作る。
次の田宮の当たりは高いバウンドの二塁へのゴロ、田宮は必死に一塁へ駆け込みセーフに見えたが判定はアウトで惜しくもサヨナラならず。
直後の十二回に8番手で登板した上原が一死後から四球を与えると犠打で二進され、次打者を敬遠して塁を埋め右投げの齋藤友に後を託すことになった。
この齋藤友が内野安打を打たれて満塁とされ、元ファイターズ戦士の近藤に高目の甘い球を中堅にはじき返され2点の勝ち越しを許してしまった。
それでもその裏に先頭打者の淺間が右中間へ今季第1号の本塁打を放って1点差に迫り、2四球と犠打で二死一二塁とサヨナラの走者を出し、打席に入った郡司の当たりは二塁左への中堅に抜けようかというゴロだったが、相手遊撃手が好捕し一塁走者が二封され試合終了、西武戦からの連勝を伸ばすことは叶わなかった。
それでも再三の危機を乗り越えつつサヨナラの好機を作る粘りを見せて今日以降の試合に期待を持たせる内容で、今日の試合が楽しみになってきたな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズが連勝

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜所沢で埼玉西武と対戦。
前夜は延長戦にもつれ込んだが、昨夜は先制されながらも逆転して6-1で快勝、6/12-13の中日戦以来ほぼ一か月ぶりに2連勝を飾った。
ファイターズは七回に同点に追いつき、八回にり、敗れた東北楽天を抜いて4位に上がったが、1日空けた明日からは首位のソフトバンクとの三連戦。
このこところ対戦成績で6連敗中のソフトバンクが相手だけに借金生活を終わらせるのは難しいかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズは連敗を伸ばしBクラスに転落

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜敵地神戸でのオリックス戦に1-4で敗れ連敗を3に伸ばした。
先発のルーキー福島は四回まで1失点と粘ったが打線の援護がなく、五回には味方の守備に足を引っ張られ計4失点(自責1)で降板、プロ初黒星を喫した。
ファイターズはこの敗戦で楽天に抜かれて4位に転落、5位のオリックスにも0.5ゲーム差に詰め寄られ昨年までの定位置に近づきつつある。

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ細野が好投!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは地元のエスコンフィールドHOKKAIDOで千葉ロッテと対戦。
ファイターズ先発のルーキー細野が2試合目の先発で五回を6安打ながら3点本塁打による3失点と好投した。
二番手のマーフィーが炎上して逆転されたためプロ初勝利はお預けになったものの、今後を期待させてくれた。

今日は勝ってカード勝ち越しを決めて欲しいね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズが今月初白星で連敗ストップ!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは地元のエスコンフィールドHOKKAIDOで千葉ロッテと対戦。
今季相性の良い対戦相手との三連戦初戦の昨日は8-3で勝って交流戦後2勝目を挙げ連敗を5で止めた。
負ければ今季初の借金生活だったがなんとか踏みとどまった。
先発の2年目金村が六回3失点ながら打線の援護で今季先発8登板目の初勝利で2勝目(プロ4勝目)を挙げた。

「ファイターズ50周年シリーズ」と銘打ったこのシリーズ、今日も勝って貯金に余裕を作って欲しいね。

←クリックしてくれると嬉しいです。