More from: ライブ

「NANA MIZUK ILIVE ZIPANGU 2017」

奈々様こと水樹奈々の全国ツアー「NANA MIZUK ILIVE ZIPANGU 2017」が昨日(1/7)から始まった。
札幌でも2/18-19の二日間で行われる予定で、チケットの一般販売が昨日から始まっていた。
昨日はすっかり忘れていて、先ほどチェックしたら両日ともチケットは完売orz
滅多に無いチャンスだったのになぁ、、、残念!
来週の大分、再来週の大阪、来月の沖縄公演のはまだ販売中だけど、ちょっと気軽には行けないもんなぁ・・・
【Amazon.co.jp限定】NEOGENE CREATION<初回限定盤CD+Blu-ray>(オリジナル缶バッチ<ロゴ使用>付)
水樹奈々
B01MYO9C47

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

奈々様のライブが札幌であるんだけど

奈々様こと水樹奈々が年明けからライブツアー「NANA MIZUK ILIVE ZIPANGU 2017」を実施する。
愛知県から始まり1月中に大分・大阪・東京と回り、2月にはなんと札幌でも予定されている。
その後は新潟・沖縄と回り埼玉でフィナーレ。
札幌では2/18-19の2days公演が予定されていて、幸い私は両日とも休み。
こりゃぁ行くしかないかな?と思っているが、チケットの一般販売の詳細が未発表(販売開始は年明けの1/7)。
札幌での主催はRSRと同じWESS、チケットもぴあ辺りで販売なのかなぁ?
NEOGENE CREATION(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)
水樹奈々
B01LZNTOSN

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

奈々様が”あの!”神聖な場所でライブだとぉ!?

再来週の12/21にニューアルバム「NEOGENE CREATION」を発売される水樹奈々こと奈々様が、あろうことか出雲大社でライブを行うと発表された。
え?ちょっと待って?出雲大社というと毎年10月(神無月)に全国から八百万の神が集まるという由緒正しい神社。
現在でも皇室の方々でさえ本殿に出入りすることが許されないという神聖な場所でライブを行われるなんて・・・

チケットはプレミア抽選シリアルナンバーが「NEOGENE CREATION」に封入されるので、それで応募することが可能。
【Amazon.co.jp限定】NEOGENE CREATION<初回限定盤CD+Blu-ray>(オリジナル缶バッチ<ロゴ使用>付)
水樹奈々
B01MYO9C47

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

谷山浩子さんが来るのかー

twitterを見ていたら歌手の谷山浩子さんの呟きが目に入った。
それによると明日と明後日(10/1-2)は札幌でライブをやるみたい。
懐かしいなぁ、行ってみようかな?と思うが、果たしてチケットが手に入るのだろうか?
手に入るとしても体調が芳しく無いので会場までたどり着けるのだろうか?(汗)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

今日は佐野元春のライブがある・・・

今日は札幌で佐野元春のライブがある。
妻は昔からのファンで今回のライブも行くことになっていて以前から楽しみにしていた。
偶然にも近所の方も行くらしいので、後で一緒に会場まで送っていくつもり。
幸い天気も悪くは無さそうで雪の心配はあまり無いのは助かる。

私も昔の曲はある程度判るけど、最近のは知らない。
ガラスの十代・・・は宇多田ヒカル・・・ではなくて光GENJI! 本当は「ガラスのジェネレーション」とか、「アンジェリーナ(デビュー曲)」とか「SOMEDAY」辺りは学生時代に借りてきたLPレコードから録音してよく聴いていた。
ライブは去年(2015年)のRSRに来てくれた際には観に行ったくらい。
実は生で観たのはこの時が初めてで、とても良かった。
今回もちょっと誘われたけど、子供を放っては行けないので断った。
それにチケットも高いし(九千円)ね(汗)。
BLOOD MOON(初回生産限定盤)(初回限定ボックス盤)(CD+DVD)
佐野元春&THE COYOTE BAND
B00XHU2WZG

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「伝説の声優ユニットがまさかの復活!?」

6/20-21に行われた「KING SUPER LIVE 2015」で「伝説の声優ユニットがまさかの復活!?」と書かれたチラシが配布されたとか。
キングレコードの声優ユニットは幾つもあるらしいが、”伝説の”と呼ばれるほどのユニットとはどれのことだろうか?
詳細は7月に発表されるらしいのでそれまで楽しみに待つことにしようか。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

今日は「EOS 8000D」の発売日

今日4/17はCANONのデジタル一眼レフの新製品「EOS 8000D」の発売日。
「EOS 8000D」は約2420万画素のAPS-Cサイズの撮像素子を採用したハイレベル入門機(EOS Kissシリーズの上位機種)だ。
この「EOS 8000D」の発売にあたってCANONでは「EOS 8000D Presents 佐野元春“ROCK&PHOTO”SUPER JAM」というキャンペーンを今日から7/31までの期間で実施する。
これは「EOS 8000D」を購入して応募すると合計で4,000人に佐野元春のライブチケット(東京1,500人、大阪1,500人、名古屋1,000人)が当るというもの(もしくはスペシャルグッズが4,000人に当る)。
このライブは当選者のみが入場できる招待制で、撮影も可能とのこと。
うーん、妻が元春好きなので行かせてあげたいなぁ、そのためにはまず「EOS 8000D」を買わなくてはならないな(笑)
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 8000D ボディ 2420万画素 EOS8000D
B00T90GHJ0

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

怒髪天のフリーライブの舞台

昨日行って来た怒髪天のフリーライブ。
ステージの途中で増子の兄ぃが言っていたのが、ステージのセットについて。
どこかで見たようなセットだなぁと思っていたが、実はRSRのボヘミアンガーデンのセットを流用したものだとか。
このフリーライブはRSRと同じウェスの協力による開催のため、コスト削減もあってセットの流用となったとか。
サブステージもレッドスターフィールドのセットの一部を流用したものだとか。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

怒髪天のライブ その2

サブステージで行われているバンドの演奏を聴きながらメインの怒髪天の開演を待っていると、開演30分ほど前から雨が降り出してきた。
予報では降水確率は20%ほどとなっていたが、念のため雨合羽を持って行っていたのですぐに着用し、レジャーシートの上の荷物にも予備のレジャーシートをかけて雨に濡れないようにした。
幸いこの時の雨はそれほど激しくは降らず、ほどなく降り止み開演時にはあがっていた。
開演時刻(13時)ぎりぎりまでサブステージでの「The Homesicks」のステージが終わらず、どうなるのかと思ったが、予定通り13時丁度に怒髪天のメンバーがメインステージに登場してライブが始まった。
ステージの進行とともに先ほどまで雨を降らせていた雨雲が切れ青空が広がってきたが、開演後1時間ほどで再度雨が降り出し、一時はかなり激しい降りとなった。
その雨も20分くらいで一応やみ、ステージとは反対側に太陽が顔を出してきたのでステージの上には虹がかかったりもした。
その後徐々に雲も切れ青空が広がり、メンバーがステージからいったん下がった後、増子さん以外の3人が出てきてくれてそれぞれのソロを披露してくれた頃にはすっかり晴れていた。
ソロは上原子さん-坂詰さん-清水さんの順に披露してくれたが、その際清水さんは「腹が痛くなってきた。トイレに行きたいから繋いどいて。」と言い残し、本当にステージを降りてトイレに行ってしまった(笑)。
上原子さんと坂さんがなんとか繋いでいたところになんとか清水さんが戻ってきて無事にソロを披露してくれ、その後は坂さんのソロデビュー曲やら新アルバムリリースの発表やら新春ツアーの発表があった。
最後は増子の兄ぃも出てきてくれて例によって延々と続くサスパズレとなり、本当の最後はサブステージで演奏をしていたバンドメンバーもステージに上がり幕となった。

その後はまつりたろうの音頭による盆踊り大会を挟んで怒髪天メンバーによる閉会宣言でイベントが無事閉幕。

全てのプログラムが終了したので駐車場に戻って車に乗り自宅へ向かった。
帰りは会場前の道道と国道453号線の交差点を先頭とする数百メートルの渋滞があったが、それほどでもなく意外とスムースに札幌市内に戻ってくることが出来た。

ステージの最後のほうで増子の兄ぃは今回と同じようなフリーライブを再度開きたいと言っていたので、もしかすると来年とかにまたやってくれるかもしれない。
そうしたらまたその時には是非とも行ってみたいと思う。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

怒髪天のライブ その1

今日は「札幌 国営滝野すずらん丘陵公園 野外特設ステージ」に行って昨日(9/19)の記事に書いた怒髪天のフリーライブを含む「カムバック・サーモン2014 “男の遡上フェスティバル”」を観てきた。
周辺の道路の状況が判らず不安はあったが、子供のベビーカーもあるので自分の車で行ってきた。
心配していた渋滞も無く会場付近は非常にスムースに通行出来、最寄ゲート隣接の駐車場も空いていて楽に車を停めることが出来たので助かった。
着いた時にはすでにサブステージで行われる最初のステージ(爆弾ジョニー)が始まっていたので、それを聴きながらの入場となった。
開始20分ほどでメインの怒髪天のステージまで2時間半以上もあるのに会場内にはかなりの人が入っていて、飲食ブースはどこも行列が出来ていた。
これは昼食時には列がさらに延びて食糧を買うのが大変になると思い、ちょっと早いが食べるものを買うことにして比較的短い列に並んだが、それでも買うまでに30分以上かかってしまいちょっと閉口。
私が並んでいる間に妻がステージ前の芝生にレジャーシート敷きスペースを確保。
場所の関係でサブステージは見え無いが、メインのステージは良く見えるなかなか良い場所(だと最初は思った)。
そこでようやく買えた食糧(ジンギスカン丼、十勝豚丼)を食べ、サブステージでの演奏を聴きながら怒髪天の開演を待った。

続く

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。