また”似非科学”か?

Facebookの”ともだち”が今度は”ひじきを食べるな”と言い出した。
投稿を読むと
「素粒水は農薬や化学物質、添加物を分解除去により無害化にする事が出来るお水ですが、ヒ素などの元素は分解できません。
地球や人間とって必要なヒ素ではありますが、摂取量が多いと猛毒となり、発癌物質と変化します。」
と書いてある。
素粒水の効果に関してはどうでも良いが、問題は最後の部分。
確かにイギリスの英国食品規格庁やカナダのカナダ食品検査庁はひじきは無機ヒ素を多く含むので”あえて食べないように”という勧告を出していることは事実。
ところが日本の調査では乾燥ひじきは他の海藻類に比べて無機ヒ素が多いが、水で戻す際に30分で2/3以上が水に溶けだすとも報告しており、体重50Kgの人が一回当たり乾燥ひじき5gを週に3回以上食べなければ暫定的耐用週間摂取量を超えることは無いとしている。
ひじきには無機ヒ素だけでなく、カルシウム、カリウム、リン、鉄等の必要な元素を多く含んでいるので量さえ気を付ければ問題は無い。
また発がん性に関しては認められてはいるものの、無毒性量が最低で4.1μg/Kg/日(肺癌の場合、膀胱癌は5.0μg/Kg/日)という研究報告がある。
つまり体重50Kgの人は205μg/日までなら害は無いということだ。
乾燥ひじきの無機ヒ素含有量63.1μg/gから計算すると、体重50Kgの人が一日に摂取してよい量は3.25gで、一週間にすると22.75gとなり、一回に5gとすると週に4回までなら問題ないことになる(水で30分戻せば含有量は1/3以下になるので実際には12回以上となる計算)。
ということで普通に食べる分にはまず問題はないということになるわけなんだけど、この人はそれを”猛毒”と言っているんだよなぁ。
こうやって読んだ人の不安感を煽って商品を売ろうというのは常套手段だけど、ある意味”詐欺”のようなものだな。
こんな風に勧められても根拠を自分で調べるなりして、決して相手の言うがままに信じ込まないようにするのが自己防衛につながるということだ。

この人、共通の友人宅で一緒にバーベキューをやったりして何度も会ってて良い人なんだけど、この点がちょっとなぁ、、、本人は素粒水の会社の人の言うことを信じ込んでいるだけなのかもしれないけど・・・

4 comments to this article

  1. 千歳

    on 2019 年 3 月 18 日 at 12:58 PM -

    水商売(wって、なんでこんなに怪しげなのが多いんでしょうね。
    ちょっと考えれば分かることばかりなのになぁ!

  2. tan

    on 2019 年 3 月 18 日 at 3:27 PM -

    >千歳さん
     (日本では)タダみたいな値段の水を法外な値段で売るわけですから、なにかしらの理由付けが必要なのでしょうが、少し調べれば判ることにどうしてこんなに騙される人が多いのか・・・
     逆に言うと、信じさせることが出来れば嘘でも商売になるということですね。

  3. ちゃがま

    on 2019 年 3 月 20 日 at 10:47 AM -

    前半読むだけで、もう後半を読む価値はないと判断しました。
    よく行くカラオケ屋(漫画喫茶系)のドリンクバーにも、水素水サーバがあります。
    こないだ話のネタに飲んでみました。
    「おおっ!水素の味がする!」とか冗談で言ってみましたが。

  4. tan

    on 2019 年 3 月 20 日 at 11:52 AM -

    >ちゃがまさん
     ネタにしかならないですよね(笑)

コメントを残す