今時”相性”なんて・・・

職場のPCを入れ替えることになり、順次入れ替え作業を進めている。
中にはマルチディスプレイ環境で使うためにグラフィックボードを入れてあるPCもあり、その場合はボードを新しいPCに移植している。
ところが、そのボードを入れると画面に何も出力されない事象が複数のPCで発生。
HDDにはアクセスしているのでなにかはしているみたいなんだけど、しばらく待ってもWindows10のログイン画面が表示されない。
ディスプレイには信号は出力されている(ディスプレイ側は入力有と認識している)ようなんだけど、なにも表示されないので使いようが無い(汗)。
HDDへのアクセスが落ち着いたころにENTERキーを押すと再度HDDのアクセスLEDが点滅するのでハングアップしているわけでも無いようだ。
うーん、一体何が起きているのか?
別のボードを入れると問題無く起動してマルチディスプレイ環境が使えるが、詳しい原因は不明。
今のところ判明している使えるボードとの違いはチップの種類が異なることくらい。
どうもnVidiaのGT210を搭載したボードとPC本体の相性が悪いようで、さらに古い8400GS搭載のボードでは問題が起きない(RADEON系は不明)。
今時、PCとボードの相性問題があるとも思い難いが、実際にトラブルが起きているのでなんとかしなくてはならない。
とはいえ、いまどき8400GS搭載のボードなんてそうそう売っているとも思えず、また新しいチップを搭載したボードを買っても動かない可能性があると思うとちょっと手を出せない。
PC本体にはVGA出力とディスプレイポート出力があり、ディスプレイ側にはVGA入力しか無いので、ディスプレイポートの出力をVGA出力に変換することが出来れば問題は解決する筈。
そこで変換アダプタを購入してみることにして探して見ると安いのがあり、レビューでも安定して使えているとあったので思わずオーダー。
さて、実際のところはどうかな?

One comment to this article

コメントを残す