ファイターズ、サヨナラで連敗ストップ!

札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンクの第16回戦は3-2でファイターズが勝ち連敗を2で止めた。

この試合両チームの先発投手(ファイターズ:高梨、ソフトバンク:千賀)が好投し、五回まで両チームとも無得点。
特に千賀は五回まで塁に出したのは三回に安打を放った岡の一人だけとほぼ完璧な投球。
対する高梨は四回以外は四球や安打の走者を背負うが、後続を打ち取りこちらも無失点。
試合が動いたのは六回で、先制したのはソフトバンク。
2安打と死球で一死満塁とし、五番の松田が適時打を放ち先ず1点、ファイターズ高梨はここで無念の降板となり石井が後を引き継いだ。
その石井は続く打者を二塁ゴロに打ち取ったが、その間に三塁走者が生還しさらに1点を追加される。

ファイターズは七回に一死から四番中田がこの試合ファイターズ2本目の安打を放つと、五番に入った最近4試合安打の無い陽が死球を受け出塁し一死一二塁とする。
レアードの一塁ゴロの間に走者が進塁し二死二三塁となったところで、最初の打席で安打を放っている岡が2点適時打を放ちファイターズが同点に追いついた。
八回のファイターズのマウンドには宮西が上り、一死から連続四球を与えるがなんとか無失点で切り抜け、九回は抑えの切り札マーティンに後を託した。
そのマーティンも安打一本を打たれるが後続を断ち無失点で最終回のファイターズの攻撃を待つことに。

最終回のファイターズ打線は先頭の田中賢介が打ち取られ一死になったが、替わった相手投手の五十嵐から中田が四球を選び出塁。
打撃不振の陽は三振に倒れるもレアードも四球を選び二死一二塁。
ここで登場するのがこの試合ファイターズで唯一複数安打を放っている岡。
その岡は期待に応えて遊撃への内野安打を放ち二死満塁とした。
このサヨナラの好機に栗山監督が打席に送ったのは代打の切り札的存在の矢野。
その矢野があろうことか死球を受け押し出しで中田が本塁を踏み試合終了。

TV中継が八回表の二死一三塁というピンチの場面で終了してしまいモヤモヤしていたが、最後にはファイターズが勝ってくれて良かった。
これでソフトバンクとのゲーム差は再び”4”に縮まった。
今日の試合の先発は加藤と予告され、大谷は2週連続で先発回避となったが、その分は打ってチームに貢献して貰い、ソフトバンク相手に連勝して欲しい!
あれ?でも先週は六回の1イニングだけ登板したなぁ、今日もリリーフでの登場になるのかな?

コメントを残す