ファイターズ、連勝ならずorz

北海道日本ハムファイターズは札幌ドームでオリックス三連戦の最終戦。
前日は快勝したが、この試合は守りのミスも重なって6点を奪われ、最後まで追い付けず3-6で敗戦。
残念ながらこの三連戦を負け越しで終わらせることになってしまった。

ファイターズの先発は今季初登板の吉田で、三回に連打等で2点を失ったが、不運だったのはその次の四回。
先頭打者に安打を打たれ、続く打者の犠打を捕手が好判断で二塁で刺そうとしたが遊撃手の捕球ミスで走者が二人とも残り、続く打者の犠打も失敗させたが、さらに次の打者に適時打を許してしまった。
二人目の打者の際の失策が無ければこの時点では得点は許してはおらず、二死一二塁(または一三塁)で済んでいた筈。
この次の打者は右翼への飛球で凡退しているので、失策が無ければ無失点の可能性が高かった。
実際には適時打で二死一三塁となってから投手自身の暴投と捕手の悪送球でさらに1点を献上してしまい、次打者に四球を与えたところで降板となった。
替わった浦野も立ち上がりに連続で適時打を打たれこの回合計4点を奪われてしまった。
結局、吉田は三回と2/3を投げて6失点ながらも自責点は3ということで、味方の失策(内一つは自分の)に足を引っ張られた格好となった。
四回の失策絡みの失点が無ければファイターズが勝っていたかもしれないのが残念だな。

コメントを残す