More from: 北海道

ファイターズが連敗orz

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜から札幌ドームで千葉ロッテとの三連戦が始まった。
初戦の昨夜は終盤に追い上げたものの3-4で敗れ前カードの最終戦に続いての連敗となった。

今夜と明日は勝ってカード勝ち越しとして欲しい!

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

晴れた!

今朝の札幌は綺麗な青空が広がり秋晴れのとても気持ちの良い天気になっている。
ただ、気温は低くて朝の最低気温は今月に入って最も低かった昨日(11.8度)よりもさらに1度以上低い10.6度。

予報では今日は一日晴れで予想最高気温は平年を上回る24度。
日射しがあって気温が高いとなると今日は季節が戻った感じになりそうだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

晴れてきた・・・

札幌では早朝に少し雨が降った様子があり、さらに8時前後にも再度雨が降ってきた。
さらに10時過ぎにもちょっと激しい雨が降ったが、午後になって雲が切れて青空が広がって日射しも戻ってきた。
今日はこの後は雨の心配は無さそうだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ちょっと降った?

外を見るとアスファルトの路面に濡れた個所があった。
どうも昨夜は予報通りに雨が降ったようだ。
空には青空も見えているけど、西の方には黒い雲も見えているのでもしかするとこの後も降るのかもなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。

コンサは3連敗!

リーグ戦2連敗終のサッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌は昨日アウェーでヴィッセル神戸と対戦した。
今季は序盤こそ勝ち星があったが、その後は勝てない状態が続いているコンサはこの試合でも0-4(前半0-2)で敗れて3連敗となった。
まぁ、こんなもんだよなぁ、、、、、早々に見切りをつけた方が精神衛生上良いな、こりゃ(苦笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ、3カード連続のカード勝ち越しならずorz

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは大阪でオリックスと対戦。

先発の吉田輝星が2回途中までで5安打を打たれて4点を失い、二番手の加藤も打ち込まれて三回までに8点を失った。
打線は三回に4点を取って同点に追いついたが、直後に4点を勝ち超されるとその後は六回に大田の20試合連続安打となる今季第8号2点本塁打で2点差に迫った。
それでも四番手の堀と五番手の金子が失点を重ねて合計で12点を奪われてしまい打線の反撃が追い付かない。
九回にも代打の清宮に今季第5号の2点本塁打が出たが、この時点で8-12と大差を付けられていて反撃もここまで。

ファイターズは3カード連続の勝ち越しはならず、オリックスとの対戦成績も6勝7敗1分と負け越しとなってしまった。
先発投手が初回二回と連続して失点してしまうと相手ペースになってしまうので追いかけるのも大変。
高卒2年目の吉田輝星には厳しい登板だったのかねぇ?

←クリックしてくれると嬉しいです。

今朝も雲が多いな

今朝の札幌は昨日同様に雲の多い朝となっている。
日の出前の空が明るくなり始めた頃から雲が多い状態で、日が昇ってきて多少空に青い色が付いたような感じもあるが、雲が多いことに変わりはない。
予報では昼間はこのまま雲が多いようで、今日はあまり日射しは期待できないかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズが逆転勝ち!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨日大阪でオリックスと対戦した。
負ければ前日に続いての連敗でカード負け越しとなるこの試合、ファイターズは常に先行され追いかける展開となったが、土壇場で追いつき延長戦を制して2試合ぶりの白星をあげた。

ファイターズ先発の有原は初回に本塁打を浴びて先行を許してしまう。
打線が四回に同点に追い付いてくれたが、五回に勝ち越し点を与え、さらに六回にも本塁打で追加点を許して1-3となったこの回限りで降板。
替わった玉井は七回を3人で締めたが、八回に登板した秋吉が本塁打を浴びて1-4とされ、残すは最終回の攻撃のみとなってしまった。
九回の攻撃は一死から大田が四球を選んで出塁すると、代打の王が安打で好機を広げ続く5年目の平沼が粘って四球を選び満塁となった。
ここで栗山監督は代打に清宮を送り出したが、この起用が大当たり!
なんと同点の適時二塁打を放ってくれてファイターズが追いついた!
さらに一死二塁と一打出れば勝ち越しだったが、そううまくは行かずこの回は3点のみで同点どまり。
その裏のマウンドにはこのところクローザーとしての起用が多い宮西が登り、一死満塁と一打サヨナラの危機を招くがベテラン左腕が踏ん張り2者連続三振で危機を乗り切った。
試合は延長戦に突入し、ファイターズは三四番が凡退し、あと一人が倒れると勝ちが無くなる状況に追い込まれたが、五番の渡邉が安打で出塁すると続く好調の大田が右翼へ三塁打を放って勝ち越し点を奪った。
さらに前の回からマスクを被った鶴岡も安打を放って6/21の埼玉西武戦以来の打点をあげリードを2点に広げ、結果的にこの1点がものを言った!
その裏のマウンドには今季プロ入り8年目で初黒星を喫した公文が登り、一死から本塁打を浴びて1点差とされ、さらに2安打と盗塁で二死二三塁と一打逆転サヨナラの危機を招いてしまう。
それでも最後の打者を内野ゴロに打ち取りファイターズが逃げ切った。

敗戦目前で同点に追い付き、さらには勝ち越したものの、最後は薄氷を踏んで進むような試合だったねぇ(汗)。

今日も勝って3カード連続の勝ち越しと行って欲しいね!

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。