More from: V8エンジン

ND型ロードスターにV8エンジンを移植とか、全くアメリカ人は(笑)

北米でも販売されている小型オープンカー、「マツダMX-5(日本名:ロードスター)」は小型軽量の車体で人気。
日本で販売されている1.5Lエンジン搭載モデルはグレードによって車体重量が1トンを切っている(990Kg)。
北米では2Lエンジンを搭載している関係で1トン以上はあるが、それでも超軽量級であることは確か。
この軽量ボディになんとGM(シボレー)の「LS3」型6.2リットルV8エンジンを詰め込んだチューナーがいる。
元々このエンジンは「コルベット」用のもので、チューナーの手によって525hp(およそ532ps)まで出力を高められ、ミッションは「カマロ」用の6速MTを搭載しているという。
1トン少々(ノーマルでは1,050Kg少々)のボディに500hpオーバーのエンジンを載せてしまうとは凄いことをするもんだ。
エンジン及びミッションの重量増と大パワーに対応するための補強等で車重は増加しているだろうけど、それでもパワーウェイトレシオは3Kg/hp前後ではないだろうか?
FRレイアウトでしかもかなりフロントヘビーになっただろうから、このパワーだと全開には出来ないだろうなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。