More from: RADEON HD 6800シリーズ

早速RADEON HD6750のOC品が出た

つい先日発売になったAMDのRADEON HD6850搭載のグラフィックボードにOCモデルが早くも出た。
発売されたのはASUSの「EAH6850 DirectCU/2DIS/1GD5」で、コアクロックが標準の775MHzから790MHzに上げられている。
メモリはGDDR5の1GBを搭載で、ボードは2スロット占有タイプ。
出力ポートはDVI-I、DVI-D、HDMI、DisplayPortがそれぞれ一つずつとなっている(写真で見る限りDVD-Iが二つに見えるが、片方にはDVD-Dの刻印が近くにあるし仕様表にもそう書かれている)。
冷却システムはヒートパイプがコアに直接接触するタイプ(DirectCU)で、リファレンスよりも冷却効率が良いということを売りにしている。
実売価格は23,000円前後なので通常のモデルよりも少々割高となっている。

メーカーサイト:EAH6850 DirectCU/2DIS/1GD5

←クリックしてくれると嬉しいです。

RADEONの6800シリーズは

先日発売されたAMDのRADEON HD 6870/6850は今までの5870/5850をそのまま置き換えるものではなく、コストを重視した製品とのこと。
製品レビュー等を読む限りSP数が減少している関係もあって性能的に5870/5850やGeForceの470/460を上回るものでは無いようだ。
やはりコストパフォーマンスを向上させた製品であって、闇雲に性能を追い求めたものでは無いらしい。
省電力という観点から見ても何故か5800シリーズに対する優位性が見られないらしいので、やはり価格勝負の製品かと思われる。
たしかに同価格帯の5800シリーズ製品よりは性能が向上している感じなので、6870は5850を置き換える製品で、6850は5830を置き換える製品か?
ということは性能を求める人は従来の5870辺りが適しているということか?
いや5990とか5970という選択肢もあるだろうけど、今後出てくる6990/6970辺りを待つというのも手かもしれない。
どちらにしても6000シリーズは5000シリーズのマイナーチェンジ版であり、今すぐ乗り換える必要も無い感じ。
ただ、UVD(Universal Video Decoder)が2から3へ変更され、対応するコーデックが増えていてBlu-ray 3D等も再生支援対象となっているので、そちら方面にメリットを感じる人は買い換えるのもありかも。

←クリックしてくれると嬉しいです。

RADEON HD6800シリーズ発売

AMDのGPU RADEON HDの新シリーズとなるRADEON HD6000シリーズの製品が発売され、当初はHD6870とその下位にあたるHD6850を採用した製品がラインアップされた格好だ。
特徴は5800シリーズの当初価格より1万円以上安価なことによるコストパフォーマンスの高さ。

上位のHD6870を採用した製品で2万円台半ば、HD6850を採用した製品の中には2万円を切るものもあり、HD5870/5850を採用した製品よりも安価。
シリーズのラインアップにはさらに上位のHD6990/6970もあるので、さらなるパフォーマンスを求める人はそれを待つのかな?

個人的にはさらに下位のミドルクラスであるHD6670/6650あたりを待ちたいと思う。

なお、これらの製品からATIのロゴが無くなり、AMDのロゴ(新デザイン)に切り替わっている。

←クリックしてくれると嬉しいです。