More from: EOS 60D

「EOS 60D」が売れたか

続いて中古ボディのネタ。
市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C機「EOS 60D」が結構前に入荷していた。
何故か売れずにしばらく残っていて、何か月か前には値下げもされたんだけど、それでも売れないでいた。
ところが最近になって売れたようだ。
私も同じショップで買った同機種を使っていてなかなか良い機種だと思うんだけど、なんで売れなかったかなぁ?(汗)。
個人的にはこの機種よりも前のモデルの「EOS 50D」のほうを探していたところ、たまたま安く出ていたこの機種を買ったんだけどね。
ミラー音とミラーショックの大きさはご愛嬌ということで(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS D60」に随分と高値が付くなぁ

ヤフオクでウォッチリストに入れていた「EOS D60」に随分と高値が付いている。
TAMRONのAF18-200mm F/3.5-5.6(A14)とのセットなので、1万円台の頃はレンズに値段が付いているのかな?とも思ったが、終了間際には3万円を超えてしまった。
いくらなんでも高すぎると思って改めて商品写真を見てみると、出品されていたのは「EOS 60D」(笑)。
6世代も後のモデルなら価格が上がっても無理はないよなぁ(笑)。
で、私の欲しいものリストからは消えたという・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

安い「EOS 60D」があったが・・・

ヤフオクでCanonの「EOS D60」を探していたら、たまたま安い「EOS 60D」を見つけた。
安い割には入札が少ないなー、と思って説明を読む・・・までも無く、商品写真には”Err 30”が表示された背面液晶が写っていた。
これはシャッターユニットの異常というもの。
解決策はシャッターユニットの交換で、結構な費用が掛かる筈・・・
人によっては自力で修理してしまう人もいるんだろうけど、私にはとても無理なので見送り決定だな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

また壊れた?

今夜、「EOS 60D」を持ち出して電源を入れたところ、メモリーカードに異常があるのでフォーマットしろとの警告が出て撮影できなくなった。
電源を入れ直したり、メモリカード(SDXC64GB)を入れ直したりしたが一向に直らない(汗)。
カード内のデータは全てPCに移しているので最悪壊れていても問題は無いのだけど、64GBのSDXCカードは勿体ない。
以前、中のデータの一部が壊れたのは上海問屋の安いカードだったけど、今回のはSandiskの80MB/Secのカードなのでちょっと諦められない。
念のためPCのカードリーダーに挿すときちんと認識して中のデータにもアクセスできる(あれ?)。
一応、データを再度PCにバックアップしてからカメラに戻して初期化を試したがやはり駄目。
ところが、OLYMPUSの「E-PL6」に入れるとこちらでは認識して初期化も出来るし、撮影も問題なく可能。
なので、このカードは「E-PL6」で使うことにして、「EOS 60D」には予備に買っておいた同じカードを入れて使うことにした。
やはりCanonのカメラはカードを選ぶんだなぁ・・・それともスロット部の端子の汚れとかかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

「60D」が続けて入荷?

市内の中古カメラショップにCanonのデジタル一眼レフ「EOS 60D」が複数入荷している。
写真を見るとどれも左手側の端子カバーの一部が切り取られているのが見える。
以前、同じような「EOS 50D」が沢山ヤフオク等で出回ったが、それらは”プリクラ”に使われていたカメラだということらしい(制御と撮影データの転送をUSB端子経由で行うため、そのままではカバーが邪魔なのだろう)。
ということは、今回入荷したのも同様に”プリクラ”で使われていたボディなのだろうか?
それにしてはショット数が4-5万回と少なめのような気がするけど、札幌だとこんなものなのかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【1年保証】【美品】 Canon EOS 60D EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS 付属
価格:79800円(税込、送料無料) (2017/11/2時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 60D」が売れている・・・

市内の中古カメラショップに入荷していたCANONの「EOS 60D」はいつの間にか売れていた。
入荷した時は「ちょっと高いかな?」と思っていたら、なかなか売れずにいて、私がチェックしていない時に値下げされたらしく、そうしたら速攻で売れてしまったらしい。
まぁ「EOS 60D」は訳あり品を購入済みなので買う気は無かったけど、ちょっと惜しかったかも(汗)。
同じ店にある「EOS 50D」も気になるなぁ・・・
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 50D ボディ EOS50D
B001ET6OEC

←クリックしてくれると嬉しいです。

またまた「EOS 60D」が入荷とか

市内の中古カメラショップにCANONの「EOS 60D」が入荷した。
先日も入荷していてファインダーに難有りということで私が安く買わせてもらったが、今回のは難は無いらしい。
それでいて箱を含めて付属品が揃っているうえにレンズも「EF-S 18-55mm f3.5-5.6 IS」が付いて価格は私が購入した時より1万円高いだけ。
私のにも付属品は全て揃っていたけどレンズは無し、レンズは同店で6,000円で中古品が販売されているということを考慮するとショット数がそこそこ多いのかな?とも考えられる。
ファインダーが綺麗なのは羨ましいけど、どうせ買うんだったら一緒に販売されている「EOS 7D」のほうかな?(買わないけど)
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D ボディ EOS60D
B00410CI78

←クリックしてくれると嬉しいです。

便利ズームでも良いかなぁ?

先だって中古で購入したデジタル一眼レフ「EOS 60D」に付ける標準レンズをまだ買っていない。
当初は明るいズームレンズであるSIGMAの「17-50mmF2.8EX DC OS HSM」辺りにしようかな?と思っていたけど、最近になって便利ズームでも良いかな?と思うようになってきた。
そこで候補に挙がって来たのは
・純正の「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」
・TAMRONの新製品「18-200mm F3.5-6.3 DiII VC(B018E)」
・SIGMAの「DC 18-250mm F3.5-6.3 MACRO OS HSM」
の三本。
純正の新製品「EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USM」も良さそうだけど、出たばかりで価格も高目なのが少々ネック。
純正の2本はDPPで現像する時に歪曲等を補正出来ると言うのが強みだ。
TAMRONとSIGMAはスペックの割に価格が安いと言うのが魅力、特にTAMRONのB018Eは昨年発売になったばかりの新しいレンズでVCまで搭載していて4万円を切っているのは魅力だ。
うーん、どうしようかなぁ?
Canon 標準ズームレンズ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM APS-C対応
B0089SWZ3U
TAMRON 高倍率ズームレンズ 18-200mm F3.5-6.3 DiII VC キヤノン用 APS-C専用 B018E
B013HXY1OC
SIGMA 高倍率ズームレンズ 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM キヤノン用 APS-C専用 883546
B008B48AAE
Canon 標準ズームレンズ EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USM APS-C対応
B01BWHE8W0
買ったら60Dだけじゃなくて「40D」とか、場合によっては「D30」でも使うつもり。
そう言えば「D30」はEF-Sマウントレンズは装着できないからTAMRONかSIGMAのどちらかかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 60D」で初撮り

昨日は風は強かったけど天気が良かったので近所の公園に子供と散歩に行って来た。
どうせなら先日我が家にやって来た新しいボディ「EOS 60D」の試し撮りもしてみようということで、持って行った。
スナップ用の適当なレンズがないので、ジャンクで買った「EF 28-105mm f4-5.6 USM」を「EOS 40D」から外して「EOS 60D」に付けて出掛けた。
子供を公園で遊ばせながら150カットほど撮影してみた。
当然ながら全く問題無く撮影出来たわけで、特に問題は無かった。
我が家の一眼レフでは初の”バリアングル液晶”モニターは便利だけど、ライブビューでのAFはやっぱり遅いなぁ(汗)。
この点は「EOS 70D」「EOS 80D」にはさすがに敵わない。
ま、あんまりライブビューは使わないだろうから良いんだけど・・・

下は公園に咲いていたタンポポをテレ端で撮ったもの。
AE任せでもf10まで絞られたので意外とシャープに写ったな。
tanpopo

←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 60D」のフォーカシングスクリーン

カメラでピントを合わせるのに、現在はオートフォーカス(AF)に頼ることが殆どだけど、たまにマニュアル(MF)で合わせたくなることもあるし、オールドレンズを使う場合はそもそもAFが使えない。
そんな時に不満なのがフォーカシングスクリーンが全面マットタイプだということ。
AFが無かった時代はスプリットタイプやマイクロマットタイプ、さらには両方を合わせたスプリットマイクロマットタイプが主流で、私の持っている「PENTAX ME」なんかもこのスプリットマイクロマットタイプを装着している。
スプリットタイプはピントが合っていないと画面中心のサークル内にある境界で像がずれて見える代物で、ピントが合うとそのずれが無くなると言うもの。
つまりそのずれが無くなればピントが合っていると言うわけで、ファインダーを覗きながらピントリングを回してそのずれを無くすのが一つの”儀式”だった。
このスプリット(スプリットマイクロマット)タイプに慣れていると現代のフォーカシングスクリーンでは物足りない。
なので私もNIKONの「D7000」と「D40」のフォーカシングスクリーンはサードパーティ製のスプリットマイクロマットタイプに交換してしまったらMFで合わせるのが非常に楽になった。
そこで先日購入したCANONの「EOS 60D」もこのタイプに交換しようか思案中。
幸い”公式には”スクリーンが固定式となっている「D7000」「D40」と異なり「EOS 60D」は公式にスクリーン交換が可能となっているので、スクリーンさえ手に入れば心おきなく(笑)交換が可能。
ちょっと探すと楽天でも売っていたので、その内交換してしまおうかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。