More from: 14勝目

大谷が雨の中で14勝目!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平投手は敵地ターゲット・フィールドでのツインズ戦に3番投手兼DHで先発出場。
六回途中で降板したものの、後続投手が相手の反撃を断ってくれて今季14勝目を挙げた。
大谷は3-1の六回に1点を返され1点差となり、なおも無死満塁としたところで球数が100球に達しここで降板。
1点もやれない場面で二番手投手のアーロン・ループが三振と併殺打という見事な火消しを見せ大谷の勝利投手の権利を守ってくれた。
その後も二人の投手が無失点で最後まで投げ切り、大谷自身も七回に適時打を放って1点を加えてエンゼルスが逃げ切った。

大谷はこの試合で被安打3ながらも6個の四球と1個の死球を与え苦戦しながらも三振も7個奪い2失点にとどめ勝利投手となった。
今季の奪三振は203個に達し、メジャーリーグ史上初めて同一シーズンに30本塁打及び200奪三振を記録した選手となった。
投球回数も153回になり、シーズン規定投球回数に残り9回とした。
登板予定は2試合あるので、中止等でスケジュールが狂わなければ規定投球回数に達する可能性が高い。
こちらも達成すれば史上初の規定打席数(既に到達済み)と規定投球回数を同一シーズンで達成する初めての選手となる。

←クリックしてくれると嬉しいです。