More from: 車両

久々の札幌市電252号車

たまたますすきの近辺を歩いていたら対向してきた電車が札幌市電252号車だった。
この車両はしばらく車体更新で工場に入っていたために運行されていなかった。
私もしばらく見た記憶が無く、撮影データを漁ってみると前回撮影したのが2011年8月の市電フェスティバルで、実に4年以上前のことだった。
2011年当時の写真と見比べるとパンタグラフ周りが変わっているのと、屋根の上の排気筒(?)の位置が変更になっているのが目に付いた。
あとは行き先表示がLED化されているくらいで細かい違いは判らなかった。
とにかくこれで3300型の5両以外はすべてLED化されているのがようやく確認出来たな。

2011年の市電フェスティバルで撮影した252号車。

2011年の市電フェスティバルで撮影した252号車。


今年撮影した252号車。

今年撮影した252号車。

←クリックしてくれると嬉しいです。

札幌市電252号車

今年の春から市電の各車両の行き先表示がLED化されているが、241号車と252号車に関してはなかなか見掛ける事が無く確認できなかった。
この内241号車に関しては7/3付けの記事「市電241号車もLED化されていたのをようやく見た」に書いたように確認できたが、252号車に関しては未だに確認できていない。
今日の市電フェスティバルに行ったのもこの252号車を探すのが目的だったのだけど、電車事業所内のどこにも252号車の姿は見当たらなかった。
それもその筈、電車事業所の方にお話を伺ったところ、252号車は車体改修のために外部の工場に預けているとのこと。
納車されるのは10月末の予定で、ループ化工事の完了には間に合うということだった。
なるほど、これなら見かけないのも当然だな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「北斗星」解体から一転して譲渡へ?

昨日上野駅に到着した寝台列車「北斗星」は1988年から続いた運行を完全に終了した。
JR東日本によると車両は解体の予定だったが、譲渡を希望する声があるので予定を変更するかもしれないとのこと。
そうなると日本のどこかで「北斗星」の車両を観ることが出来るようになるかも。

←クリックしてくれると嬉しいです。