More from: 留萌線

JR北海道が5路線5区間の廃止を公表

経営難が続くJR北海道は赤字(じゃない路線は殆ど無いけど)の5路線5区間の廃止の方針を固めた。
廃止対象となるのは
・石勝線夕張支線(夕張-新夕張間16.1Km)
・札沼線(新十津川-北海道医療大学間47.6Km)
・日高線(様似-鵡川間116.0Km)
・根室線(新得-富良野間81.7Km)
・留萌線(留萌-深川間全線50.1Km)
の合計311.5Kmで、どこも1列車当たりの平均乗客数が10人前後と少なくバス転換のほうが効率的と思われる区間。
さらに日高線と根室線は台風等の被害で復旧工事が必要だが、そのための資金が無く現在も復旧工事は始まっていない。
この2区間にを投入するよりも廃止した方が経営再建につながると思われる。

個人的には全て乗ったことのある区間だけど、留萌線に乗ったのは子供の頃なので廃止前にもう一度乗っておこうかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

留萌線の留萌ー増毛間が今日で最後

JR北海道の留萌線の留萌ー増毛間が今日の運行を最後に95年の歴史に終止符を打ち廃止される。
今朝のNHKのニュースでも取り上げられ、増毛駅からの生中継も入った(しかも全中で)。
中継のタイミングも増毛駅に列車が入線するタイミングに合わせていて、ちょうど留萌からの列車が入線するところが映った。
その光景を見たスタジオのアナウンサーが言ったのが、
「お、来ましたね〜、キハ54」。
いやいや、車両の型式で呼ばなくても良いよ(笑)。
このアナウンサー、中継に行っているアナウンサーの替わりに行きたいって言ってたから案外鉄な人なのかも(笑)

←クリックしてくれると嬉しいです。

留萌線の留萌-増毛間が12/4で最後・・・

JR北海道は赤字の続く留萌線の留萌と増毛の間の運行を12/4をもって終了する。
最終日となる12/4には増毛駅でのイベントも予定されていて、地元の蔵元「国稀酒造」が酒粕を提供して作られる甘酒が無料配布されるとも。
書類上の路線廃止は来春になるが、運行自体は12/4の最終列車(増毛発19:48)が最後となる。
この最終列車は通常よりも車両を増やし、なんと二両編成での運行になると発表されている。
それでもJR北海道では乗客が乗り切れない事態も予想されるとしている。
それだけの客が毎日乗ってくれれば廃止になることも無いんだけどねぇ・・・
最終日となるこの日にも増毛まで行ってみたいけど、明日の夜から帯広に行くことになっているのでちょっと無理だなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

留萌線の「留萌」-「増毛」間に乗って来た

JR北海道が廃止を決定した留萌線の「留萌」-「増毛」間にようやく乗車できた。
行って来たのは6/5の日曜日で、留萌駅から増毛駅までの区間だけ乗って来た。

留萌駅。この駅から終点の増毛駅まで乗車した。

留萌駅。この駅から終点の増毛駅まで乗車した。


各駅の駅名表示を留萌から順に。
留萌

留萌


瀬越

瀬越


礼受

礼受


阿分

阿分


信砂

信砂


舎熊

舎熊


朱文別

朱文別


箸別

箸別


増毛

増毛


IMEが「礼受」「阿分」「信砂」「舎熊」「朱文別」「箸別」をちゃんと変換してくれてビックリ!
この辺りの駅名は道民でもなかなか読めないのに(笑)。

留萌線の端っこはこうなっていた。

留萌線の終端。

留萌線の終端。


最後は増毛駅。
増毛駅。無人駅だけど売店等が入っているので中には人がいる。

増毛駅。無人駅だけど売店等が入っているので中には人がいる。

この日、私が乗った列車には意外と多くの人が乗っていたけど、大半は乗り鉄さんらしい雰囲気で、もしかしたら地元の利用者は一人もいなかったのかも(汗)。
終点の増毛駅では列車の正面から撮影が可能なので、数人の人が正面から(もちろん柵の外側から)撮影していたな。

出来れば12月の最終運行までにもう一度行って、今度は全線に乗って来たいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

留萌と増毛に行ってきた!

今日は天気が好かったので、留萌と増毛に行ってきた。
目的は当然「留萌線の留萌-増毛間に乗ること」。
留萌線の「深川-留萌間」には小さい頃に乗っているので、今回で留萌線の全線に乗ることが出来たことになる。
いやぁ、ン十年ぶりに留萌線に乗ったなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

良い天気なので

今日は天気が好いので増毛に行って廃止が決まっている留萌線の増毛-留萌間にでも乗ってこようかと思っていたけど、先日から熱を出している子供がなかなか良くならないのでちょっと無理かも。
今朝、熱を測ったらまだ高いので車で連れ出すのは無理かなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。

留萌線に乗りに行きたい・・・

道内で最も営業係数の大きい区間である留萌線の「留萌-増毛間」が今年の12/4限りで運行が終了する予定なので、近い内にこの区間だけでも乗りに行きたい。
平日はさすがに難しいので、休みの日と言うことになるが、土曜と休日はこの区間を走るのは6往復となるので、そのどれかに合わせて札幌から出掛けることになりそう。
調べてみると札幌と深川の間は「スーパーカムイ」で移動すればそれほど面倒なことは無さそう。
札幌 1000発 スーパーカムイ11号
深川 1105着
   1108発 4925D
増毛 1247着
   1257発 4930D
深川 1428着
   1448発 スーパーカムイ26号
札幌 1555着
なーんだ、かなり楽な行程だなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

留萌と増毛の間の運転が再開されていたのね

JR北海道の路線・区間の中で最も営業係数が高い留萌線の増毛と留萌の間の運転が4/28に再開されていた。
この区間は冬季間に降った雪が気温上昇によって雪崩を起こす恐れがあるため、2/12から長期の運休に入っていた。
運転を再開したのは良いんだけど、JR北海道は同じ日に国土交通省の北海道運輸局に同区間の廃止届を提出した。
というわけで、運転が再開されているなら近い内に乗りに行かないとなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

留萌線の一部廃止が決定!

JR北海道の赤字路線の筆頭である留萌線の一部廃止が決定した。
廃止されるのは留萌線の中でも利用者数の少ない区間である留萌と増毛の間で、JR北海道が昨日(4/28)北海道運輸局に廃止届けを提出した。。
廃止日は2017年4月29日だが、今後沿線自治体の了承を受けた上で最終運航日を2016年12月4日とする届出を行う予定。

この区間は営業係数が4,554円(2014年度)と道内の全路線・区間中最高。
さらに冬季間は雪崩の恐れのある箇所が多く長期にわたって運休し、バスによる代行輸送を行うことも多い。
それゆえ廃止されるのは時間の問題と思っていたところに正式に決定したということなので、これは近いうちに乗りに行かなくてはならなくなったなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

留萌線も乗っておきたいなぁ

JR北海道の留萌線には子供の頃に乗ったことがある。
その時は深川から留萌経由で羽幌線に入り海水浴場のある臼谷までだったので、留萌と増毛の間は未だに乗ったことが無い。
この区間は先月のダイヤ改正で大幅に減便になるかと思っていたが、今でも平日は一日7本、休日は6本運転されている。
ただ春先になると雪崩の恐れで運休になることが多い区間だし、並行して走っている国道を通るバス便が多いので廃止になる可能性が高い。
そうなる前に一度乗っておかねば(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。