More from: 氷像

←クリックしてくれると嬉しいです。

「すすきのアイスワールド2020」は明日2/4開幕

札幌は今年も雪まつりの時期になった。
すすきの会場では「すすきのアイスワールド2020」として氷像が並ぶが、その製作も最終段階に入っている。
融けても補修の効く雪像と異なり、気温が上昇すると融けて透明度も悪くなる氷で作られるので製作も直前になって行われる。
今日の昼間に通りかかったのでちょっとだけカメラに収めてきた中の一つが下の写真。

2020年も作られている「しなやかな美女」というタイトルの氷像

これは毎年製作されている「しなやかな美女」という氷像で、今年もここ数年と同じ場所に作られていた。
この像には指先等の細い部分があり、暖気で融けてしまったこともあるが、今年は今のところ寒い日が続くという予報なので大丈夫かな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

「すすきのアイスワールド2019」

今日からすすきのの駅前通りで「すすきのアイスワールド2019」が始まった。
今年は天候に恵まれず朝は気温が高くて雨、その後は気温は下がったが雪が降って氷の像には非常に厳しい環境となっている。
例年、初日の頃は氷が綺麗な(透明な)状態なんだけど、今年は初日から曇りかけていてそこに雪が着いてしまって綺麗には見えないねぇ(汗)。

このところ毎年出てくる「しなやかな美女」というタイトルの氷像(左)


会場を北東側から見たところ、昨日は暖かかったので路面に雪は残っていない。

←クリックしてくれると嬉しいです。

結構融けた・・・

気温が上がって雨も降った札幌。
すすきのアイスワールドの氷像もダメージを受けたものも出てきていて、一部が欠損している氷像もある。

2/10に撮影した”神秘のマーメイド”


上の作品は左手の手首から先が欠損している。

2/8に撮影した”神秘のマーメイド”


同じ作品を二日前の2/8に撮ったもの。
2/7時点の同じ作品。

氷が融けて継ぎ目に隙間が出来たものも・・・

水滴が落ちる氷像も・・・


また、氷の表面が不均一に融けるのと、内部に酢が入ったようになるので透明感も最初のころより大きく落ちてきている。

予報では明日は気温は今日より低くなるらしいが、それでも氷の状態が良くなることは無いので、今年は綺麗なのはもう見られないな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

すっかり無くなった

札幌の市内中心部、ススキノでは昨夜まで「すすきのアイスワールド」と称して氷像の展示が行われていた。
会期は雪まつりと同じだったが、大通公園と違って公道の一部の交通を規制して会場としていたので、会期終了と同時に解体が始まり、一夜明けた今日は影も形も無くなっていた。
大通公園の雪像は今日から解体が始まり、その様子を見に来る観光客もいるそうで、近年はそのためのツアーもあるそうな。
確かに大雪像の解体作業は見ていて迫力があるから、人気が出るのも判る気がするなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

こう暖かいと・・・

気温が上がって暖かくなると雪が融ける。
そうなると雪解け水が道路に流れてきて歩き難くなる。
それだけではなく、札幌では雪まつりが行われていて、同時にすすきのではアイスワールドという氷像のお祭りも行われている。
ものが氷だけに気温が上がるとこちらも融けてしまう。
雪像は補修が可能だけど、氷像は作り直すしかないし、崩れると危険なので場合によっては会期中でも取り壊されてしまうこともある。
今日のところはそこまでいってるのは無かったと思うけど、殆どの氷像は一部が酢が入ったように不透明になっていたし(特に南側の日当たりのよい側)、融けた水が滴となって落ちていた氷像もあった。
下の2枚の写真はその水滴。

氷像から滴り落ちる水滴


氷像から滴り落ちる水滴


明日も晴れて気温は今日よりは低い見込みだけど、日当たりの良い場所にある氷像(大多数が該当)はさらに融けるだろうなぁ、モノによっては週末まで保たないかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

やはり融けて来ていた

昨日は最高気温がプラスの4.5度まで上がった。
しかも夜になってもプラスの気温が続き、氷点近くまで気温が下がったのは深夜になってから。

すすきの会場で行われている「すすきのアイスワールド」の氷像もこの気温で融けてきていると思われたので昨夜ちょっと会場に寄ってみた。
会場に着いてみると案の定氷像の殆どがなんらかのダメージを受けていた。
まずほぼ全ての氷像で氷が不透明になり、中には一部が欠損しているものも。
下の2枚の写真は同じ氷像で上が初日の夜、下が昨夜(2/9)撮影したもの。

2/5夜に撮影した氷像

2/5夜に撮影した氷像


2/9夜に撮影した氷像

2/9夜に撮影した氷像


全体的に氷が不透明になっているのが判る。
右上の赤い四角の中は氷像の氷の継ぎ目の一部を拡大したもので、2/9のほうは継ぎ目が融けて隙間が出来ている。
さらに赤マルの部分は左手首だったんだけど融けて落ちてしまったらしく残っていなかったし、右手の指も融けて短くなっている。

上の写真の氷像だけがこうなっているわけではないが、それでも昨夜の時点では取り壊されてしまった物は見受けられなかったのでまだマシな方かも。

←クリックしてくれると嬉しいです。