More from: 新線

「蒲蒲線」計画かぁ

東急電鉄が渋谷-羽田空港間のアクセスのための新線「蒲蒲線」の構想を明らかにした。
読んで字のとおり「蒲田」駅と「京急蒲田」駅をつなぎ、渋谷方面から羽田空港方面へ向かう場合へのアクセスが向上するということだ。
現在蒲田駅から京急鎌田に行き京急線に乗るには一度駅を出て800m程度歩かなくてはならないので、荷物が大きいとちょっと大変。
なので渋谷や東急多摩川線もしくは目黒線沿線方面から羽田空港へは一度渋谷に出てから山手線等で品川もしくは浜松町まで行き、京急もしくは東京モノレールに乗り換えるくらいしか手は無く(渋谷からならバスもあるけど)、こちらも荷物が多いと乗り換えが大変だ。
今回発表された構想では蒲田駅から一つ渋谷寄りの矢口渡駅の先から京急の大鳥居駅間に地下新線を作り、大鳥居駅で京急線に乗り換えることとなっている(蒲田駅での連絡では無いので池上線方面とは接続が出来ない)。
これは東急線が狭軌である一方京急線は標準軌なので軌間距離が異なり、そのままでは乗り入れが出来ないためだが、大鳥居駅では向かい合ったホーム同士での乗換えとなる計画なので乗り換えは比較的楽になると思われる。
たしかにこの線が出来れば羽田から乗り換え一回で多摩川線沿線に行くことが出来るようになる。
以前自由が丘に行った際には羽田空港から京急線で品川に行き、そこから京浜東北線で大井町に行き大井町線に乗り換えて行ったが、これが大鳥居駅と多摩川駅での乗り換えの2回で行ける様になる。
乗り換え回数は変わらないが向かい同士のホーム(大鳥居駅)もしくはエレベーターで連絡されたホーム同士(多摩川駅)での乗換えとなるので、少しは楽になるかも。
もしかしたら現在多摩川-蒲田間で折り返し運転をしている多摩川線が、地下ホームから地下の連絡線を通じて東横線に直接乗り入れて渋谷方面への直通運転を始めるかも。
そうなると多摩川駅での無駄な乗換えが無くなり、一回の乗り換えで渋谷へ行けることになる。
さらに東横線へ直通運転と言うことは、現在でも相互乗り入れをしている営団地下鉄東京メトロの副都心線への直通運転に加え西武池袋線及び東武東上線への直通運転も可能ということになる。
ということは埼玉県から乗り換え一回で羽田空港に行くことも可能になる?

問題は1,000億円超とも言われる事業費。
JR東日本も羽田空港への乗り入れを計画していて、そちらと競合することになるので、そこまでの資金をを掛けて元が取れるんだろうか?少々疑問だなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。