More from: 新得

昨日は新得の「新そばまつり」だった

昨夜のニュースで見たが、昨日9/27は十勝の新得町で毎年恒例の「新そばまつり」が開かれた。
今年で14回目となるこの祭り、今年は生憎の天気だったように見えたが相変わらず沢山の人が訪れていたようだ。
私も5年前(2010年)の第九回に行ったことがあり、その時の感想は”「しんとく新そばまつり2010」に行ってきた・・・・・・けど、、、、”に書いている。
今年は日曜日しか休みが無かったので行けなかったけど、それほど残念でもないな(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

明日は「しんとく新そば祭り」だ

明日9月25日は新得町で「第10回しんとく新そば祭り」が開催される予定だ。
会場は新得町保健福祉センター「なごみ」前駐車場(新得町役場北向かい)。
会場自体は普段駐車場なのだが、当日は車を停めることが出来ないので、他の場所に駐車しなければならない。
たしか近くには大きな駐車場が無く、前回行ったときは少々離れた場所の駐車場に車を置いて歩いていった覚えがある。
この辺が臨時に広い駐車場を用意している幌加内に比べて劣っているところだと思う。
そば一杯あたりの量を減らして価格を抑えている(いろんなお店のそばを楽しむことが出来る)等良いところもあるのだが、車の置き場所に困るのはいただけない。
それとそば一杯を買うのに非常に長い列に並ばなくてはならないのも困ったものだ。
なので今年は残念ながら行かないことになりそうだ。

「第10回しんとく新そば祭り」公式ページ
会場の場所(新得町役場の北側)

大きな地図で見る

←クリックしてくれると嬉しいです。

「しんとく新そばまつり2010」に行ってきた・・・・・・けど、、、、

9/26に上川郡新得町で開催された題記のイベントに行ってきた。
会場に着いたのが12時半頃だったので、既に会場には沢山の人が来て混雑していた(会場周辺の道路には路上駐車の車が一杯いた。駐車禁止エリアでは無いので取り締まられることは無いけど、道が狭くなっていて危ない感じ)。
入り口で会場の見取り図を貰い会場に入り、事前に目を付けていたブースに向かったが沢山の人が並んでいて結局そば2杯を買うのに20分以上かかってしまった。

しんとく新そばまつり2010会場

多くの人で賑わう「しんとく新そばまつり2010」の会場


二人で別々のブースに並んだのだが、私が並んだブースは人気があるらしく、前述のように時間がかかってしまった。
そこで買ったのが下の写真のそば。
「そばのひろし」の百合天そば

「そばのひろし」の百合天そば(300円)。山わさびはサービス品で、自分で好きなだけ乗せられる。


この他にも「屈足手打ちそばの会」の特選かしわそばと「湯宿くったり温泉レイク・イン」の冷たいかけそばを食べることが出来た。
というか、この1店(「湯宿くったり温泉レイク・イン」)と2団体(「そばのひろし」と「屈足手打ちそばの会」)のそばを食べ終わった頃にはもう長時間並ぶ気力が無くなっていた(笑)。
並んでいる人が少ないなと思って行って見ると、すでに完売しているか完売が近いために並ぶことが出来ない状態。

このイベントではそば以外のブースも多数出ていて、十勝のイベントには必ず出店している「鳥せい」も店を出していた。
それでそば以外のものを食べようと各ブースを見て回ったが、商品が完売したためか案内書にあっても出店していないブースがいくつもあり残念な思いをした。
残っているブースの一つに「一蹴庵 しんとくサッカー協会」というのがあり、そこのメニューに「和牛チーズバーガー」(400円)というのがあったので、それを買おうとしたところ出来上がりまでに30分くらいかかるというので諦めた。
見たところ一生懸命にハンバーグを焼いているのだが、注文が多すぎてさばききれない様子で、この辺は今後の課題になるんじゃないかな?
それにしてもハンバーガー一つに30分ってのは勘弁して欲しい(笑)。

で、全体的な感想だけど、食べたそばの中では「そばのひろし」と「屈足手打ちそばの会」のはそこそこ美味しかった。
(でも一番美味しく感じたのは「鳥せい」の炭火焼(800円)だったりする)
このイベントでは一杯が少量(半人前程度かそれ以下)なので、価格も安く(かけそばで250円)一人で何杯も食べられるが、買うのに並ぶのが結構な負担なので、数人程度で行って全員で別々のブースに並んで人数分を買うのが賢い楽しみ方だと思う。
それでもいろんなところのそばをちゃんと食べたければ、やはり開場の時間に行かないとダメだなぁ、と。
この辺は幌加内と同じだが、幌加内に比べて会場が狭く、その割りに出店しているブースが多いので、1ブース当りの広さ(特に間口)が足りないのではないだろうか?
まだ9回目の開催なので、運営サイドもまだ手探り状態の部分があるのかな?
もっと大規模にするのだったら、もっと広い会場にするとか、大した演し物もないステージを無くすかとかの工夫が必要だろうなぁ。
そば以外の店舗の数を減らすとか(焼き物とか木工品のブース等は無くても良いと思う)も一つの手段かと。
今のままだと客の入りは増えないのではないだろうか?少なくとも来年も行く気はしないなぁ。

で、再来週(10/9-10)は鹿追のそば祭りに行く予定(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

今日は新得町で新そば祭り♪

タイトルの通り(ばき)。
新得のそば祭りには行ったことがないので楽しみだけど、過去に行ったことのある人のブログを見たりすると、結構混雑するらしい。
混雑するのは会場だけでなく、会場付近の道路も混みあうらしく、駐車場に入れるかどうか少々不安。
そば自体を買うにも結構人が並ぶらしく、人気店の屋台では30分待ちも発生するとか。
幌加内のそば祭りもかなりの人が訪れるが、30分も並ぶことはないので、ある意味「最強」かも(笑)。
天候は良好で雨の心配はなさそうだし、気温も昨日よりは高くなりそうなので、その点は安心かな?
なにせ、何年か前の鹿追では雨が降って寒くて閉口したことがあるので、天気が良いだけでも助かるな。

新得町観光協会

←クリックしてくれると嬉しいです。

新得の「しんとく新そば祭り」

今夜から帯広に行く予定だけど、ちょうど良く日曜日(9/26)には新得町で「第9回しんとく新そば祭り」が開催される。
実は今まで一度も行ったことが無いので、時間に余裕があれば行ってみたいと思っている。
公式サイトによるとプロ・アマ合わせて11の屋台が並ぶそうなので、いろんなおそばを食べることが出来そうで楽しみだ。
実際には11杯も食べられないので、いくつか良さげなものを選ぶことになりそうだけど、屋外のイベントということもあり、どの屋台もお勧めは温かいそばとなっている(例外有り)。
本当ならもりそばをメインに食べたいところだけど、気温次第では温かいそばを食べることになるかな?

この次の週(10/3)には池田のワイン祭りがあり、その次の週(10/9-10)は鹿追町で「第14回鹿追そばまつり」が予定されている。
池田には行けなさそうだけど(札幌-池田間の日帰りはきつい)、鹿追には行きたいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。