More from: 打ち上げ

H-IIAロケット45号機の打ち上げが成功

三菱重工業が今日12/23の0:32にH-IIAロケット45号機を鹿児島県種子島の種子島宇宙センターから打ち上げた。
およそ26分後に搭載した衛星(イギリスのインマルサットの「Inmarsat-6」初号機)を切り離し打ち上げは成功した。
同ロケットによる打ち上げは7号機(2005年2月26日打ち上げ)以降39機連続での成功となった。

昨夜遅くに中継動画を見たが、予定時刻を過ぎていても発射台に載ったままだったので延期されていると思って寝てしまったら、その少し後に上がったらしいorz。
もう少し起きていれば見ることが出来たのに(汗)。
なので打ち上げ成功は朝になってからの報道で知ったよ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

イプシロンロケット5号機の打ち上げに成功!

JAXAは「革新的衛星技術実証2号機」を搭載した固体燃料ロケット”イプシロン5号機”を鹿児島県内之浦から発射し、全ての衛星分離を予定通り完了し打ち上げ成功と発表した。
「革新的衛星技術実証2号機」は国内の民間企業等が開発した超小型衛星等9基からなり、打ち上げからおよそ1時間をかけてそれぞれを分離し予定軌道へ投入した。

←クリックしてくれると嬉しいです。

打ち上げ成功

先ほど種子島宇宙センターから打ち上げられたH-IIAロケットは11:48頃に予定通り準天頂衛星初号機後継機を分離した。
これによりH-IIAロケット自体の仕事は終わり、7号機の打ち上げ以来連続38回の打ち上げ成功となった。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「いぶき2号」の打ち上げに成功

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき2号」を搭載した「H-IIA」40号機は本日13:08に種子島の宇宙センターから打ち上げられ、およそ15分後に切り離されその後正常に軌道に投入されたことが確認され打ち上げは成功した。
またこの「H-IIA」40号機にはアラブ首長国連邦(UAE)初の国産観測衛星も搭載され、こちらは「いぶき2号」よりも後に切り離され正常に予定軌道に投入された。
これで「H-IIA」としては7号機から連続34回の打ち上げ成功となった。
連続成功記録はヨーロッパの「アリアン5」が15号機から96号機まで連続82回成功しており、97号機の失敗(衛星を予定通りの軌道に投入出来なかったもので、衛星そのものは予定外ながら軌道に投入され、その後単独で予定軌道に遷移)以降も4回連続で成功している。
この記録にはまだまだ及ばないが、今後も失敗無しで打ち上げを続けていって欲しいね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

デブリデブリって、、、

本日、無事に打ち上げられた”H2A”31号機の打ち上げ中継中に(搭載されている衛星を含め)”ゴミだゴミだ”と煩くコメントを入れている人がいた。
他の人は殆ど打ち上げに対して好意的なコメントを付けていたので余計に目立っていたし、他の人からは”お前がゴミだ”みたいなことを言われていた。
「そっかー、こういうのを”ヒューマンデブリ”と言うんだなぁ」、と妙に納得してしまったよ(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

”H2A”31号機、打ち上げ成功!

JAXAが”H2A”31号機の打ち上げに成功した。
種子島宇宙センターから打ち上げが予定されていた静止気象衛星「ひまわり9号」を搭載したロケット”H2A”31号機は当初の予定よりも遅れたが、本日1520時に打ち上げられた。
打ち上げ後40分弱で予定通り衛星の分離に成功し、”H2A”31号機としての役割を成功裏に終わらせた。
”H2A”としては7号機以来連続25回目の打ち上げ成功となった。

←クリックしてくれると嬉しいです。

NASAがロケットの打ち上げに失敗

日本時間の今朝7時22分、アメリカバージニア州ワロップス島の飛行施設にてISSへの物資補給を目的として打ち上げられたロケット「アンタレス」が爆発炎上した。
ニュース映像で見る限りリフトオフ数秒後にエンジンの異常燃焼と思われる現象が起こり、その直後にエンジン付近で爆発が発生。
推力を失ったロケットはそのままほぼ垂直に機尾から落下し、地上に激突してさらに大規模な爆発を起こし炎上している。
無人ロケットだったこともあり現在のところ人的被害は確認されていないとのこと。
このロケットには日本の実験棟「きぼう」で実験に使用する機材(中には手作りの一品もあった)も搭載されていたが、それらを含め全て灰燼に帰したと思われる。
代替機の打ち上げに関しては不明。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「HTV4号機(こうのとり4号機)」打ち上げ成功

今朝種子島宇宙センターから打ち上げられる予定だった「HTV4号機(こうのとり4号機)」の打ち上げが行われ、打ち上げの約15分後に予定通り分離し軌道への投入に成功したと発表された。
これでISSに超高感度4Kカメラが届けられれば今年の12月にはアイソン彗星の高精細動画が撮影されることになる。
なおISSへの接近~結合は8/9深夜~8/10未明の予定で、JAXAの特設サイトでその様子が生中継される予定になっている(それぞれ60分程度の予定)。

←クリックしてくれると嬉しいです。