More from: 戦力外

レイズの筒香が戦力外に

米メジャーリーグ(MLB)、タンパベイ・レイズの筒香選手が球団から戦力外と発表されたと昨日報道された。
これにより筒香選手の獲得を希望する球団があればトレードとなるが、そうでなければ自由契約もしくはマイナー契約でレイズ残留となる。
そりゃぁねぇ、NPBでは本塁打を量産していても渡米してメジャーでプレイしてみたらMLBの投手の速球に対応できておらず、今季もここまで本塁打を1本も打てていないうえに打率も.167じゃ使えないと判断されても仕方ないよね。
今後に関しては本人の意思と他球団の思惑で決まることになるが、日本に帰って来るという選択肢もあり、その場合は横浜DeNAが獲得に名乗りを挙げることになりそう。
一方、その他の球団で獲得を希望するところはあるのかなぁ?
左の長距離砲ということで欲しいところはあるかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

八木智哉投手が戦力外通告を受けていた・・・

中日の八木智哉投手は10/3に球団から戦力外通告を受けていた。
八木投手は2005年の希望枠で創価大から北海道日本ハムファイターズに入団。
デビューイヤーの2006年に初先発登板初勝利をあげ、同年4/15のソフトバンク戦では延長十回まで無安打無失点で投げ抜きながらも味方打線が無得点だったため勝ち負けの付かない状態で降板。
その後を受け継いだ武田久とマイケルも無安打無失点で投げ切ったため、非常に珍しい延長戦での無安打無得点試合を3投手での継投で達成ということになった(史上初の記録)。
この年は最終的に12勝(8敗)をあげ新人賞を獲得し、翌シーズン以降も期待されたが故障等もあり、二けた勝利をあげたのはこの年限りとなった。
その後、2013年からはオリックス、2015年からは中日でプレーしたがオリックスでは未勝利、中日では2015年に4勝をあげるも翌2016年は未勝利に終わり、今年2017年は1勝をあげるも公式戦日程がまだ残る10/3に戦力外通告を受けた。
本人は現役続行を希望し11/15に広島で行われる12球団合同トライアウトを受験する見込み。

デビューイヤーはダルビッシュと並んでファイターズ投手陣の柱として頑張ってくれたのは記憶に強く残っているが、翌年以降が駄目だったのでその落差は大きかったなぁ。
なんとかどこかの球団に入って復活してくれることを祈るよ。

←クリックしてくれると嬉しいです。