More from: 広角

ワイコンは流れるからなぁ・・・

先日ワイドコンバージョンレンズ(ワイコン)が届いたので試しに使ってみたところ、事前の予想にたがわず周辺はしっかりと流れて写ってくれるのが確認出来た。
これはこれで面白いんだけど、やっぱりちゃんとした広角レンズが欲しいな。
今のところSIGMAの10-20mmとTOKINAの12-24mm/12-28mm、もしくは11-16mm辺りで迷っている。
ネットでの評判を見るとTOKINAのは逆光への耐性が低くてゴーストやフレアが多いらしい。
そのためか新品では発売の旧いSIGMAのほうが若干安いショップもあるが、中古の価格はSIGMAのほうが高くなっているように見える。
以前当ブログで書いたところSIGMAの10-20mm(F4-5.6の旧いモデル)は結構使えるとのコメントを頂いているのもあって、今のところ自分の中ではSIGMAが優勢。
でも市内のショップでTOKINAの12-24mmが意外と安く売られているんだよなぁ(汗)。

SIGMA 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM ニコン用 APS-C専用 202552
B002D2VSD6

Tokina 超広角ズームレンズ AT-X 124 PRO DX II 12-24mm F4 (IS) ASPHERICAL ニコン用 APS-C対応
B001LD51GS

Tokina 超広角ズームレンズ AT-X 12-28 F4 PRO DX 12-28mm F4 (IF) ASPHERICAL ニコン用 APS-C対応
B00BTXAZ4I

Tokina 超広角ズームレンズ AT-X 116 PRO DX II 11-16mm F2.8 (IF) ASPHERICAL ニコン用 APS-C対応
B007ORX8ME

←クリックしてくれると嬉しいです。

広角単焦点が欲しいなぁ

昨夜の様に星空の撮影をしていると、広い画角のレンズが有効なんだけど、手持ちで一番画角が広いレンズはCANONとNikonの18-55mmという”標準ズーム”しか無い。
これらのズームレンズのワイド端で撮ることが多いのだけど、両方ともバリフォーカルレンズなので焦点距離によってピント位置が変動してしまい精密なピント合わせがし難い。
もちろん昼間にスナップとかを撮る分にはAFを効かせるので問題無いのだけど、さすがにAFでは星にピントは合わないのでマニュアルでピントを合わせることになる。
被写体までの距離が文字通り天文学的な距離なので”無限遠”に合わせることになるが、単純にピントリングを無限遠側一杯に回しても実は結構ズレてしまう(これはKENKOのミラーレンズでも同じ)。
これが手持ちの単焦点(AI Nikkor 50mm 1:2等)では単純に無限遠側に回すとそこでピントが合うので楽だ。
ならば単焦点を使えば良いと思うのだが、手持ちの単焦点レンズで一番焦点距離が短い(画角が広い)のはこの50mmなので、写せる範囲が狭いのが難点。
※なにせ35mm換算で75mm相当になるのだからして・・・

以前から広角側に強いレンズが欲しいのだけど、こうなったらズームではなく単焦点にしたほうが良いのかも?と思えてきた。
現行製品だとNikonでは
・AI AF Nikkor 14mm f/2.8D ED
・AI AF Nikkor 20mm f/2.8D
・AI AF Nikkor 24mm f/2.8D
等があり、CANONだと
・EF14mm F2.8L II USM
・EF20mm F2.8 USM
・EF24mm F2.8 IS USM
辺りかなぁ?
Nikonは他にもMFレンズの
・AI Nikkor 20mm f/2.8S
・AI Nikkor 24mm f/2.8S
もあるけど、普段もスナップに使うとするとAFが欲しいところかな?
と言っても両社とも14mmの超広角レンズは二十万円以上もするのでとても買えない(汗)。
価格的には24mm F2.8辺りが手頃ということになるなぁ、、、
画角的には20mmのほうが広いけど、24mmでも今持っている50mmの倍程度の画角が得られるしなぁ、、、
うーむ、迷うところだ(汗)。

あれ?でもこの手の最近の製品は無限遠に合わせ易いのかな?
もしかすると旧製品の中古を探した方が確実かも???

←クリックしてくれると嬉しいです。

12-28mmかぁ、、、

楽天のケンコートキナーオンラインショップで訳ありレンズが特売されている。
たまたま見つけたのは「AT-X 12-28 PRO DX」で12-28mm F4というスペック。
開放f値が4と明るくは無いのがちょっと気になるくらいで、ボケ味が出せるかどうかだな。
手ブレ補正は付かないけどこの焦点距離なら不要かな。
発売から2年ちょっとのレンズが訳ありとはいえ定価のほぼ半額と言うのは安いのでは?

商品写真が別モデル(AT-X 116 PRO DX Ⅱ)というのが笑える(笑)。
うん?そっちのほうが明るくて良いかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

「ワイコン」

夜空の撮影をする時に思うのが
「あー、もうちょっと画角が広いといいな~」
ってこと。
手持ちで一番広角のレンズはCANONもNIKONも18-55mmの標準ズームで、しかも両方ともAPS-C(DXフォーマット)専用。
国際宇宙ステーション(ISS)の軌跡の撮影ではこれらのレンズでのワイド端(18mm)の画角(水平で64°30’)でも足りないことが多い。
なのでさらに画角の広いレンズが欲しいと言うことになるけど、どうせならワイド端が10mm程度の広角が良いかな、と。
となるとCANONでは「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」(水平画角97°10’)、NIKONだと「AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED」(水平画角109°)という製品がある。
その他にもSIGMAとかTOKINAとかも10mm-11mm程度からの広角ズームレンズがあり、選択に困ってしまう(NIKON純正は高くて手が出ないけど)。

そこで手軽に広角にしてみようと「ワイドコンバータ(ワイコン)」を試してみようかと製品を探してみると、フィルター径58mmのレンズの前に取り付けるタイプが何社からか発売されている。
安いものだと2千円もしないものがあり少々魅力的だが、レビュー等を読むと一眼レフのレンズに装着した場合はあまり使い物にならないらしい。
例えばCANONの「EF-S 18-55mm F4.5-5.6」に取り付けると、18-22mm辺りの焦点距離ではケラレが出てしまうらしく、一番使いたい広角側では使い難いらしい。
これでは意味が無いので、ちょっと見合わせかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

広角ズームに触ってみた

昨日ヨドバシカメラに寄って気になっている広角ズームレンズ2本に触って来た。
触ったのはSIGMAの「10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」とTAMRONの「SP AF10-24mm F/3.5-4.5 DiII LD Aspherical [IF](B001)」。
SIGMAのはEOS X7で、TAMRONのはNIKONのD5200で試してみた。
画角的にはTAMRONのB001のほうに分があるけど、AFのスムースさはHSMを搭載しているSIGMAのほうに分があるように思えた。
というか、触ったデモ機はAFモータの動作音が異常に大きく動作も引っ掛かる感じがあったので、もしかすると故障していて比較するのには向かなかったかも。
それでも超音波モーター内蔵のほうがAFは速いだろうし良いんだろうけど、ヨドバシには残念ながらNIKON用は後継モデルで少し明るくて高い「10-20mm F3.5 EX DC HSM」のほうしか在庫が無かった。
TAMRONもB001のPZD搭載モデルとか出さないのかなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

「AF10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」は売れてしまっていた・・・

昨日の記事に書いた中古のSIGMAの「AF10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」は今朝方ショップのサイトを見ると売れてしまっていた・・・
折角ねこ8さんが「悪く無いレンズ」だと教えて下さったのに・・・
新品で買っても高いレンズじゃ無いけど、安く買えるチャンスを逃したのは勿体ない。
新品ならヨドバシのポイントで買えるなぁ、と思っていたらニコン(F)マウント用はヨドバシでは販売終了となっていて、後継の「10-20mm F3.5 EX DC HSM」を勧められてしまった。
こっちもF3.5通しで明るくて良さげなんだけど、実際のところはどうなのかな?

あと、やっぱりTAMRONの「SP AF10-24mm F/3.5-4.5 DiII(B001)」も気になるなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

CANONではこれがお勧め?

昨日書いた記事に対し千歳さんから
「キャノンならEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMが飛び抜けてオススメです。」
とのコメントを頂いた。
開放F値が4.5-5.6と暗いのが気になるけど、晴天の屋外では問題無いし、星空を撮る時には少し絞る(大体5.6-8程度)ので、こちらも問題は無さそう。
問題は屋内で子供を撮影するにはちょっと暗すぎるかなぁ?ということ。
それでも価格も安くネットでの評判も悪く無いのでちょっと検討してみようかな?

Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM APS-C対応 EF-S10-18ISSTM
B00KAQX66Y

←クリックしてくれると嬉しいです。

広角ズームならこれもありか・・・

先週末ヨドバシカメラにレンズ用のフロントキャップとフィルターを買いに行ったついでにレンズコーナーに立ち寄ってTAMRONとSIGMAのレンズを見ていたら、店員さんに「レンズをお探しですか?」と声を掛けられた。
そこでEOS用の広角ズームとPENTAX用の望遠ズームを物色している旨を言うと、広角ズームについていろいろ教えて下さると同時にいくつかレンズを薦めて下さった。
その中には今まで視界に入っていなかったTOKINAのレンズも含まれていた。

TOKINA トキナー AT-X116 PRO DX2 キヤノン デジタル キヤノン EOS マウント 用(11-16mm/F2.8)【輸出専用棚ズレ品】
B00JUJPDIG
このレンズはAPS-C専用となるが、11-16mm(35mm換算で18-26mm相当)と広い画角を持ちながら開放F値が2.8という明るさ。
フィルター径は77mmと流石に大きくなるけど、なかなか良さそう・・・
手ブレ補正機構は搭載されていないけど、ここまで広角ならあまり必要ないかもしれない・・・室内で光量が足りない場合はISO感度を上げてシャッタースピードを稼げばなんとかなるかも(単純に考えて1/30秒以上だったら大丈夫か)。
これでヨドバシでの価格が5万円台半ば、amazonとか楽天だと5万円強というのは結構魅力的かも・・・(あ、フードが別売りだ・・・)

今まではSIGMAの「17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」を第一候補と考えていたけど、それよりも広い画角のこのレンズも十分魅力的。
とにかく室内で使える明るい広角ズームが欲しいので、ちょっと迷ってしまう。

焦点距離が被らないので「両方買う」というのは現状では無理なので、そっち方向には勧めないで下さいな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

広角ズームと言えば・・・

PENTAX用の便利ズームをオークションで物色しているついでに、明るめの広角ズームも探していたところ、PENTAXの「K-30」のボディとSIGMAの超広角ズーム「8-16mm F4.5-5.6 DC HSM」のセットが出品されていた。
「K-30」は「アストロトレーサー」による天体の自動追尾撮影が可能だし、同時に広角ズームも手に入るので良いなーと思ったが、なにせ新し目のボディに比較的高価なレンズの組み合わせ。
あれよあれよと言う間に入札価格が上がって行き、結局は予算を大幅に超える金額で落札されてしまった。
まぁ元々ボディを探していたわけでないし、PENTAX用には便利ズームを探していたわけだから落札出来なくても全く問題は無い。
だとしても8-16mmの画角はちょっと魅力的・・・
使うシーンがあるかどうかは別としてだけどね(汗)。
あるとすれば星景の撮影とか花火の撮影とかかなぁ?
去年のRSRの花火は駐車場からコンデジで撮って、その時は35mm換算で72mmくらいの焦点距離だったから、ここまでの広角は必要ないかも?

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM キヤノン用 APS-C専用 203542
B003G20AAE

←クリックしてくれると嬉しいです。